« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月26日 (金)

初雪です〜っ

最近やたら雨の日が続くな〜と思っていたら、
ついに今日、
ストラスブールでは

snowsnow初雪snowsnow

が降りました happy02

(暗かったので、写真は撮れませんでしたが。。)


そして、確か明日は
クレベール広場のクリスマスツリーの点灯式だったはずxmas

行きたいけど、明日はレッスンが2つ。。。
きっと見に行けないだろうなぁ。。catface

Img_2458


Img_2455_2

日に日に沢山のイルミネーションが飾られているし、
いよいよ冬本番到来ですね。

帰国まで後少し、頑張りま〜す。


そして、
このブログを一念発起で立ち上げてから
今日でもう1ヶ月!!shine

わーいhappy01
とりあえず3日坊主で終わらずに続いています。


皆さんが、
コメントくださったり、
メールくださったりするお陰だな〜っ
とつくづく思います。

本当にありがとうございますconfidentshine

2010年11月25日 (木)

水曜はマルシェの日♪

毎週水曜日は、近くの広場でマルシェが出ますnotes


Img_2447


Img_2448_3


Img_2449_2

これは、私の住んでいる近くにある、小さめの広場の、小さい規模のマルシェ。

でもでも、
八百屋さん、お肉屋さん、紅茶や香辛料のお店、ハチミツやさん、布団?生地?のお店、衣料品からアクセサリーまで、
幅広いお店が出ます。

お店の装備がある専用車がどこからともなくやって来て、
朝9時には既に開店、お昼過ぎには撤収!

みなさん素早く片付けて、跡形も無く去って行ってしまわれますrvcar


もっぱら、今はクリスマスxmas目前!なので、
数日前くらいから、各広場にクリスマスの1ヶ月だけ特設される
「マルシェ・ド・ノエル」(クリスマスマーケット)のための
テントやお店兼用専用車が準備をはじめてらっしゃるのを沢山目撃eyeするのですが、
この水曜日のマルシェは一年中やっています。

こんなマルシェを見る度に、
小さいとき通った近所の商店街や、
旅行で訪れた金沢の近江町市場や釧路の朝一を思い出して、
ついつい用事もないのに、ふらふら〜っと立ち寄ってしまったり。。


最近は、音楽院の授業や語学学校で、ほとんど行けないので、
クリスマスのマルシェが始まったら(←毎日夜までやってるはずなので)
絶対行ってやる〜っっsign03

2010年11月22日 (月)

コンサート コンサート

今週末は、本当に沢山の興味深いコンサートがあったので、
久しぶりにコンサート三昧で過ごしましたnote

金曜夜は、Luis de Pabloというスペインの作曲家の80歳アニバーサリーコンサート、
土曜日は大好きなストラビンスキーのコンサート×2回、
日曜日はプロコフィエフのコンサート×2回


Img_2453

Img_2452


お腹いっぱい!!状態で、ただいまちょっと疲れ気味です。

(本当は、他にも行きたいコンサートやダンスの公演等が3つ以上…
聞きたいものが重なると本当にもどかしいbearingです。)


聞きにいって改めて
一人の作曲家の作品を知るって新しい発見沢山だし、
演奏者としてもとても大事な事だなぁ。。と思いました。


そして思い返せば、私、
美術でも一人の作家の作品を集めた企画展が好きで、結構通っている事が多かったり。。。

ゴッホ、モネ、ルオー、ロスコ、ピカソ、クレー、伊藤若冲、曾我蕭白、田中一村、伊砂利彦、加山又造、…
他にも絵本作家さんとかいろいろ行ってるなぁ、、、
とか思い出しながら、演奏を聞いていました。

(演奏会でもベリオのセクエンツァばかりのものや、ドビュッシーの前奏曲のコンサート、武満さんの没後10周年企画など印象深いものがいくつもあったり。。)

その作家の、若いとき→絶筆まで
だんだん作風が変わって行く様子を追って見ていると、
それまで知っていた作品でも見え方が変わったり、
新しい発見があったりするのが
私にとっては本当に楽しいことなんです。


きっと演奏でも同じですね。同じ作品でも、向き合う度に新しい発見があったり。。
私の演奏はどんな風に変わって行けるのかな〜?
いい方向に変わって行ければいいなぁ。。

昨日、今日のロシア作曲家企画は、
ピアノ中心の演奏会でした。

本当に素敵な演奏者の演奏で聞けて幸せでしたし、
私自身、久しぶりに「ピアノのコンサートを聞いたな〜。」と思いました。

なので、大好きなストラヴィンスキーの「春の祭典」や「火の鳥」もピアノ編曲で聞きました。

本当に素敵な演奏者で演奏も本当素晴らしかったのですが、
やっぱり、あれらは『オーケストラのため』の作品なんだな〜と言う事がよくよく分かりました。

逆に、ピアノ作品は、本当に本当にこれはピアノのための曲なんだな〜という事も分かりました。

本当にいい演奏で聞けたからこそ、このことが分かったと思うので、
連続で聞きにいってよかったなぁ。

作曲家のイメージが伝わって来るって本当にすごい事だ〜っshine

と思いました。

ついでだから、
ショスタコーヴィチまであったらよかったのにな〜。。なんて欲張ってみたり。。


余談ですが、
土日のロシア企画コンサートで、私はプチラッキーheartに恵まれました。

両日2公演、両方聞くためにはその都度(計4回)チケットを買う必要があったのですが、
なんと、

「もしかして、今からチケット買うんだったら、チケット余ってるんだけど…」

とコンサートのチケットをプレゼントpresentしてもらったんです。
しかも、土曜に1回、日曜に1回。。

全然見ず知らずの別々の方からいただいたのですが、
チケットがきっかけで、少しお話することもできたり。。

私、そんなに「聞きたい〜〜」オーラ出して会場にいたのかしら?coldsweats01

でも、なんだか最近、
自転車で転んだりweep(←怪我はしなかったんですけど)、
手続きで上手く行かなかったりで凹むことも多かったので、
人の優しさを感じられて、ちょっと心が元気になる出来事でしたclover

Merci beaucoup!!
チケットくださった方々、
本当にありがとうございました〜っshine

2010年11月21日 (日)

ぼーじょれ解禁!

今年もBeaujolais Nouveauが解禁shineされましたね!


皆さんはもう飲まれましたか??


私は、最近、音楽院や語学学校の授業などで
なかなか時間がなくて、
未だに購入できず。。wobbly


今日は写真だけ撮ってきました〜camera


Img_2450


Img_2451


というのも、

この時期は、
ボージョレの試飲コーナーも沢山設置されていますwine


去年は、飲んで美味しかったワインを沢山買ったので、
今年も是非試飲してから購入するぞ〜っ
っと思っているのですが、

今日、コンサートの合間に覗きに行ったら
試飲コーナーがあったらしき跡には
沢山の空き瓶だけがそこに。。。crying


しかも、今日は土曜日。

日曜日はお店ほとんど閉まっちゃうしなぁ、フランスは。。
flair観光客向けのお店やレストランは開いています)

月曜日に買いに行く時間がありますように。。


去年は、『今年のボージョレは当たり年だ〜』と騒がれていましたが、
今年はどうなんでしょうね??

2010年11月19日 (金)

12月26日(日) クラムジカ第4回公演

演奏会のご案内です〜note


   日本現代音楽協会80周年記念事業協賛公演 
   
   クラムジカ第4回公演 

  点綴のまなざし—協奏のリージョナリズム


    diamond2010年12月26日(日)15時開演 
    diamond京都府民ホール アルティ
         info01地下鉄烏丸線今出川駅下車6番出口右手(南)側徒歩5分


    diamond一般2500円(当日3000円) 学生1000円(当日1500円)


    diamondチケット予約:clumusica@gmail.com


  主催:クラムジカ 090-8754-5805


20101102200246


    spadeプログラム


 ・中村典子(1965-) 打楽器と十七絃箏のための二重協奏的交響曲”郷”(初演)
 NAKAMURA Noriko:Symphonic Concertante for solo percussionist, two17-gen koto by solo koto player and orchestra players “sato-hyang-xiang”(premiere)

 ・松村禎三(1929−2007) 弦楽のための〈プネウマ〉
 MATSUMURA TEIZO:Pneuma for string orchestra(1987)


 ・ヨンギ・パク=パーン(1945-) ウムル(泉)ー七楽器のための 
 Younghi PAGH-PAAN:U-MUL für sieben Instrumente(1992)


 ・増田真結(1981-) チェロとトロンボーンのための二重協奏曲〈ファフロツキーズ〉(初演)
 MASUDA Mayu:Concerto for cello,trombone and orchestra"FAlls FROm The SKIES"(premiere)


 ・ジョージ・クラム(1929-)マドリガル 2集—ソプラノ、アルトフルート(フルート、ピッコロ)、打楽器のための
 George CRUMB:Madrigal Book � for soprano, alto-flute(flute,piccolo) and percussion(1965)


 ・清水慶彦(1977-)トランペット協奏曲《アド・インフィニタム》ad infinitum(初演)
 SHIMIZU Yoshihiko:Concerto for trumpet and orchestra “ad infinitum“(premiere)


 ・松永通温(1927-) ハープと室内オーケストラのための三章 (改訂初演)
 MATSUNAGA Michiharu:3 movements for harp and orchestra(revison-premiere)


  ribbon ribbon ribbon ribbon ribbon

 tulip先日、はるばる日本から届いた楽譜!はこのコンサートのものでした。

 京都在住の作曲家の方が企画・主催されているコンサートで、
 すべて現代のオーケストラ作品(初演作多しflair)という
 大っ変意欲的なコンサートです。


 今、私が興味を持って勉強してる事を、日本でも関わらせてもらえるというのは
 本当に貴重でとてもありがたい事ですconfident

 ただ、現在、手元に届いた楽譜は1曲のみ。(私が演奏させていただく曲は5曲の予定。)
 初演ものにつきもの(?)の、

 「楽譜がこな〜い!!え?まだ曲が完成していないらしい?」

 そして、届いてみたら思ったら楽譜が難しすぎる…wobbly

 (現代の作品って、本当に作曲家の方の表現したい事がダイレクトに書いてあるので、それを理解しようと試みたり、そして、自分なりに解釈して、お客さんに聞いてもらうまでの準備に沢山の時間がほしいのです。。私の場合。。。でも作曲家の立場では、完成までに時間をかけたい事もあるだろうし、無理は言えないのですけれど。。)
 
 …という展開になる恐怖感もちょっっぴりあったりsweat01しますが、
 今回はどんな新しい世界が体験できるのか、楽しみにしていますclover

 皆様も是非是非、生まれたばかりの作品の音を体感しにいらして下さいhappy01

2010年11月18日 (木)

みんなでご飯

昨日、一昨日はレッスンでした。
Marioクラスは基本的に誰でも聴講できるので、
だいたい、誰かレッスンを聞いています。

個人レッスンが終わったら、
先生も交えてみんなでアンサンブルしたり、ご飯を食べたり。。


今年はMarioクラスには日本人は私一人だけですが、みんな仲良しですnote

(音楽院には、沢山の日本人が学んでいます。
ギター、ピアノ、声楽、パーカッション…など。。
それに、来てびっくりしたのが、
声楽、ピアノ、ギター、ピアノ伴奏員には
日本人の先生もおられます。

以外に関西人も多かったりsmile


昨日は、最後のレッスンが終わったのが、
なんと21時半すぎ…wobbly

その後、先生も一緒に、残ってたみんなや、
たまたま遊びに来ていた、去年まで一緒に勉強していた子とご飯に行ってきました。

Img_2435_2


Img_2436

Marioセンセは翌日朝6時半のairplaneでトリノに行くというのに、
12時くらいまで普通に話していて、、、
やっぱり基礎体力が違うんでしょうね。
いつでもパワフルです

 bud bud bud

実は昨日は、日本から
洗足音楽大学のサックスの方々が演奏旅行で来られていて、
ストラスブール音楽院との合同の演奏会がありました。

洗足といえば、私も数年前から演奏員として
時々お仕事させていただいている学校sign03

来られるという噂を聞いてから、絶対聴くぞ〜dashと思っていたのに、
本当にものすご〜〜〜〜く聞きたかったのに、
レッスンで間に合わず。。。crying

本っ当に残念でした。。bearing

せめてチラシだけでもアップsign01

Img_2431

2010年11月17日 (水)

はるばる日本から

今日帰ると郵便受けに大きめの封筒が!

日本から、年末のコンサート用の楽譜が届きましたmemo
もうそんな季節なんですね。
帰るまでに、がんばって準備しなきゃ〜sweat01

懐かしい日本の消印shine

Img_2432_3


消印は11/7なので、
約一週間くらいで届くんですね。
しかも260円sign03
postoffice頑張ってるなぁ。。

前に日本からEMSを出した時は、少しの書類でも1500円くらいした記憶が。。
追跡サービス出来るし、3日くらいで届くから、
ちょっとdollar高いけど、早い+安心代ですね。


思えば、
こちらで、日本からの郵便を受け取ったの、
初めてshineだったかも。。


今はネットがあるから
家族とは、スカイプで話せるし、メールもいつでも出来るし、
最近は、音源や楽譜だってPDFで届いたりするし。。。
本当に便利な世の中ですね。

でもだからこそ、
ときどきもらうハガキや手紙が嬉しかったりconfident

今年は誰かにクリスマスxmasカード
出そうかな〜mail

2010年11月16日 (火)

フランスの名前事情

ちょっと前に知って面白い〜っhappy02と思った事があります。


フランスでは、みなさん、名前(名字じゃない方)を3つ持ってるんですって。

アイデンティティの証明とか、重要書類を作成する時に、
その全ての名前が必要なんだそうで、(名字は1つらしい)
普段使っている名前を1番最初に書いて、
そのあとに使ってない2つを書くのだそう。


『なんで普段使わないのに3つもあるの?』

って聞いてみると、

『だって、同姓同名の人がとっても多いでしょ?
重要な証明の場合、間違えられたら、大変だからよ。
名前が3つあると、誰が誰かはっきり分かるでしょ?』

とのご返答でした。


考えてみれば、納得flairで、

ローマ字だと、文字数少ないし、
同姓同名の方の数が、きっとものすご〜く多いんですね。

でも、こんな風に間違わない対策をしてるなんて
全然知りませんでした。pig


確かに、
日本では、「漢字」や「ひらがな」や「カタカナ」があるから、
ローマ字を使っている国に比べたら、
同姓同名者の確率が少ないんでしょうね。

発音は同じでも、漢字が少し違ったりする事も多いし。。
(わたしの名前はひらがなだけど、
ちょっと変わってるから、同じ名前の人はほとんどいないしナァ。。)


少し話がそれますが、

今年こちらに来られた方で、
何と偶然、
昨年同じ演奏会に関わった事がある方がいらっしゃいました。(世界は狭いっ!!)

受験されるときに、受験者名簿の一覧表を見ても
(全てローマ字だったので)全く気がつかなかったのに、
出会った時に、名前を日本語で書いてもらったとたん

「あっflair私、この名前の字、見覚えがありますっsign01

という顛末。


そういえば、私、
名前に限らず、
普段から、漢字やひらがなの視覚的な印象でイメージが浮かぶ事が多いな〜
(だから、フランス語、なかなか覚えられないのかな??なんて…sweat01


こっちに来るまで、な〜〜〜んとも思わなかったけれど、
『日本語って名前を持ってる』って、
なんか嬉しいな〜confidentshine

と思いました。

タイの方も、普段使う名前とは別に、
すごーーーーく長い正式名(滅多に使わないらしい)があるとか、
昔、聞いた事があったような。。

いろんな国の名前事情に興味が沸きますねhappy01


chick chick chick

 
この前も写真を載せてないので、
なんとなく、
今私の通っているストラスブール音楽院の写真を。


Img_2428_2


Img_2427

2010年11月14日 (日)

いんぷろびぜーしょん

久しぶりに音楽ネタを。

今年は「インプロゼーション(即興)」の授業も受講しています。notes

私、小さい頃はJAZZを良く聞いていいて、
アドリブとかで、思い浮かんだ事をその場で自由に作文するみたいに
音で表現できる人に憧れていましたshine
(今でも憧れていますっ)

思い返せば、昔は、
曲をその場にある楽器の編成にアレンジして、
アドリブのまねごと付きで演奏してみたりとか、
して遊んでたはずなのに、

いつの間にか
「演奏家は楽譜以外の事はやっちゃダメなのよね〜」
「まず、それができてから次の事だよね〜」
(でも、楽譜通りに吹くってとっても難しくて、
ものすご〜く大切なことなのです!)
という方向の練習に興味を持ちすぎた?のか、

数年前に旦那さんに、
演奏会のアンコール曲用に作ってもらった曲に、
『このへん、適当にアドリブ入れて吹いてね』
って、楽譜を渡されたら
ぜんっっぜんアドリブが出てこないwobbly
出来ないsad

と言う悲しい現実発覚…crying

それから改めて、
「即興・アドリブ」は
ものすごーく興味のある分野なのでした。

でも日本ではなかなか首を突っ込めるチャンスがなくて
(作れなくて!?かな?)、
こちらで「即興」の授業があるという噂を聞いてから
絶対参加するぞ〜っdashと思っていた訳なのです。

club club club

今回参加した授業、
私はてっきり「ジャズのアドリブを鍛える授業だ〜note
と思って行ったのですが、

どうやらこの学校の「即興」の授業は、
「クラシックの即興」

「ジャズの即興」
があるらしく、今回のは前者のもの。

でも
期待してたものとは違ったものの、
ものすご〜く素敵な授業でしたshine

今回のテーマは「言葉」だったようで、
(…って、初めての授業だったので、テーマがあるのかどうかも分かりませんが)
ゲームのような感じで即興遊びをしました。


ルールは簡単。
*言葉は「Oui.(はい)」「Non.(いいえ)」のみ。
*目をつぶること
*会話するときのように、相手を感じて、楽しむ事。
*いろんな表現をすること
(喜怒哀楽や、大きい、小さい、語尾を上げる、下げる、伸ばす、短く、早く、ゆっくり…)


このゲームを、二人や三人でやったり、全員でやってみたりしました。
私はフルートで「はい」の役をやったり、「いいえ」の役をやりました。

驚いた事は、「スタート」
って言われてから、まるで演奏会の中の一曲のように、
音楽になっちゃったんです。

お互いに相手を感じながら音を出すと、勝手に盛り上がったり、静まったり、
どちらかが声のトーンを変えり、リズムを変えたら、誰かがちゃんと呼応して
いつのまにか、その呼応がリズムを生み出して、流れを作って、、、

そして、ちゃんと終わりが来るんです。

「じゃあ、これで終わりね」
って言う言葉は1回も誰も言いませんでした。


パフォーマンスには加わらずに目をつぶって聞いていると、
いろんなイメージが浮かんだり、いきなりの展開に思わず笑ってしまったり。。

なにか初めてなのに、初めてじゃない物語bookを読んでるみたいな気分でした。


「まさに今ここで、一回しかない演奏」を聞けるの、生み出すの、
その場をみんなで共感できるのって本当に楽しいshine

楽譜のある曲でも、「今」感じた事を許される範囲で
もっと自由に演奏出来るようになりたい
とすごく思いました。

ちゃんとした楽譜のあるアンサンブル(笑)をする時にも
いつも思うことなんですが、
音で会話が出来る人との時間って、本当に幸せcloverです。

clover clover clover

授業では、音源も聞かせてもらえました。

「言葉探しをしている」という設定で、言葉の韻を使って即興をしている声楽家の方の作品
を聞いた後で、受講生の一人が、
(日本では会話では使わないような、まるで喉が詰まった時のような発音を指摘して、)
「自分の国では、こんな発音は日常的によく使うよ」
といって、例を挙げ始めました。

そこから発展して、
受講生が皆違う国の出身だったので
(フランス人、トルコ人、コロンビア人、カメルーン人、そして日本人の私)
それぞれの国の言葉でプチ即興をしてみることになりました。

「聞く人は、言葉の意味はもちろん分からない訳だから、
言葉のイメージに捕われずに、自由に想像をひろげて聞けるね」

という先生からの言葉の通り、
妄想大得意のワタクシは、一人でいろいろ楽しみませていただきましたcatface

言語って本当におもしろいですね。
もちろん意味は全く分からないのですが、
トーンや言葉の持ってるリズムや発音から
本当に沢山の想像が広がりました。

こちらで、毎日のように苦しめられているフランス語も、
「音」として聞くだけなら楽しめるのになぁ。。catface


もちろん私も、日本語で即興をした訳ですが、
後から、
先生や他の受講生から、
「日本語って、とってもポエティックなんだね〜」
と言われました。

外国人の聴く日本語って、どんな風に聞こえてるんでしょう??

ちなみに、私がやった事は、
何言ったかはもう覚えてませんが、
しりとり+α的に、韻を踏めるように単語をつなげていきました。
(今思えば、早口言葉とかでもよかったな〜、、)

他のみんなもそんな風にしてたような。。
どこの国にも言葉遊びってあるんでしょうね。

「誰も日本語わからないや〜」と思ったら
以外に楽しめたかもwink

また次回が楽しみな授業です。

2010年11月13日 (土)

かわいい出会い

今日は、学校から帰る途中で、
とってもカワイイ出会いがありました。

Img_2403

残念ながらこれじゃありません。

白鳥や、カモなどの鳥さんたちは、

毎日沢山、川で戯れてらっしゃるのを見られるんです。


こっちが本題heart04

Img_2390

heart01
heart02
heart01

始めて見ましたhappy02

なんなんでしょう?この生き物は?

思わず、予定を忘れてしばし観察と撮影をしてしまいました

そして、しばらくするとこの子は水に潜ってしまって、後からもう2匹!!

Img_2404

Img_2408

わーい、こんなに近くまで来てくれましたよheart
右下の黒いのは私の靴です。

Img_2410

「ばいばーい」って感じで二匹仲良く去って行きました。


通りすがりのマダムも

「きっと家族ね、あの子達eye

っと食いついて(私よりも身を乗り出して)見てらっしゃいました。

そこで私、
「あれ、何??私、初めて見たわっ。ネズミじゃないですよね?」
って聞いてみたところ、

私の知らない単語(動物名だったんでしょうね。)をいくつか並べて、

「そうねぇ、○○か、××か、△△か…」

みたいな事を言ってくれてたのですが、全く分からず。。coldsweats01
そもそも質問を間違えましたね。
単語力ないのに。。sweat02

マダム、、せっかく答えてくれたのに。。。crying


結局何かは分からなかったけど、
なんかすごく癒されたな〜〜lovelyheart02lovely


そして、これを撮影した場所からは学校も見えます。

Img_2273


そしてそして、
対岸の学校の練習室からの風景。
ちょうど昨日はここが見える練習室で練習notesしていましたwink

Img_2389

それにしても、

鳥さん達が遊んでるのを見ながら、

すごく響きのいいお部屋で練習ができるという学校のシチュエーション、

本当に恵まれた環境にいてますね、私confident


diamond diamond diamond

以下はおまけです

さっき、昨日のツリーの写真をとったクレベール広場に行ったら、
建物がこんな色にsign03


Img_2423_2


ふだんは普通のモノトーンの石造りの建物なんです。↓↓

Img_2460

びっくりして、思わず撮影。
クリスマスのプレイベントなのかな??


2010年11月12日 (金)

もうすぐクリスマス

昨日、久しぶりに町中にある広場を通ったら、
(って、音楽院と反対方向に15分くらい歩けばいつでも行けるんですが)

もうxmasクリスマスxmasの準備が始まっていました。

Img_2386_2


写真はクレベール広場という、ストラスブールの町の中心部分の広場です。

中央の木は普段はなくて、クリスマスシーズンだけ出現します。

ここストラスブールは、ドイツにも近いからか、
クリスマス市がとっても有名で、
クリスマスシーズンは沢山の観光客が訪れて、寒いのに、町はとっても賑わいます。


きっと、これからきれいに飾り付けされてribbon
クリスマスをステキに彩ってくれるんだろうなshine
(その飾り方も、毎年違うんですって。)

今でこそ
みんなの目を楽しませてくれるクリスマスツリーですが、
その昔は、もみの木には人が吊るされていたんだとか。。。
(恐ろしすぎます…wobbly


その話はさておき、

もう去年のクリスマスから1年経っちゃうんだな〜

…と、去年寒い夜に友達と、ライトアップを見ながら帰った時を思い出しました。


(↓去年のライトアップの写真です。)

Img_0181_2

Img_0182_2


Img_0183_2


Img_0190_2

この記事を書いていたら、
昔、アメリカのロックフェラーのイベント会場に飾るツリー
の選定者についての本を読んだことを思い出しました。

イベントに使うためのxmasを、1年以上前から探して、
切る事ができるか、運ぶ事が出来るかなどの交渉をしているんだそうです。

クリスマスにかける情熱、すごいなぁ。。。

ここクレベール広場のxmasはどこから運ばれて来るのかな〜??

2010年11月11日 (木)

フランス→日本へ 国際郵便

今日は日本へ郵便物を出しましたairplane

フランスから日本に手紙サイズより大きな郵便を送る場合、
結構な金額がかかってしまいます。
(日本→フランスへ送る場合もお高いですよね…wobbly)

しか〜しっっsign03
代金が含まれていて、しかもとても安く送れる
とっっっても便利な『POSTEXPORT』という封筒があるんですmail

Img_2387


私は勝手に『shine魔法の封筒shine』と呼んでいるこの封筒、
フランスの郵便局「LA POSTE」の商品で、
最近は毎回のようにお世話になっています。
 (教えてくれた友人に感謝happy02

   flairちなみに、数枚程度の手紙・ハガキなら0.85ユーロの切手で送れマス。
     私は日本宛の国際郵便である事が分かるように、
    『PRAIORITAIRE:JAPON』と赤字で毎回書いています。


なにがすごいかと言うと、

club日本まで5日くらいで届く!(ユーロ圏内だと3日以内に届くらしい)
船便だと、安いけれど数ヶ月かかったりするそうなので、それに比べたら本当に早いっshineのです。

clubHPで確認も可能
  (らしい…私はやり方がまだ分かりません。。coldsweats01

‥‥‥
比較の為に、
以前に友人が「書類を速達で送りたい!」と
3日以内に届く追跡サービスのついた郵便
(日本郵便のEMSみたいな感じですね、きっと。)
を利用したところ、費用が50ユーロ以上だったとか。。。coldsweats02


私の場合、確かに間際族ですが、『どうしても3日以内に!』という
書類を送る機会はありそうもないので、
きっと帰国するまでこれで十分な気がしますcatface


そして、
その封筒についていた情報によると、
この『魔法の封筒』には
重量別にいくつか種類があるらしく、
前から気になっていた料金を聞いてみました。

 spade spade spade spade spade 
 【封筒】
  diamond100gまで  3.5ユーロ
  diamond500gまで  9ユーロくらい??
  diamond1kgまで 14.25ユーロ
    ※500g封筒は在庫切れだそうで、正確な金額は分からないと言われました。

 【箱】
  diamond2kgまで  19.50ユーロ

 spade spade spade spade spade

 
私はまだ100gの封筒しか利用した事がないのですが、
2kgの箱、ちょっとしたお土産なんかも送れそうだし
国際郵便にしては費用も高すぎるとは思えないし、
本当に便利なものを見つけてしまいましたwinkshine

(もっと早くに値段を聞いておけばよかった…と思った私。。。cat


ちなみに、
この『POSTEXPORT』、
私は日本宛なので「Monde Entier」という全世界に送れる
薄紫っぽい方の封筒でしたが、
送付先がヨーロッパ12カ国+スイスなら「Union Européenne et Suisse」
という青色の封筒があるようです。

Img_2388_3

2010年11月10日 (水)

ようやくゲット!!

やっと手に入れましたsign03 happy02

  flair 小切手帳 shine( le carnet de chèques ) 
   フランス語では通称 "シェック(chèqu)"

Img_2384_4

日本にいる頃から、

「フランスでは小切手を使う事が多いから…」

と聞いていたものの、

去年、こちらで銀行口座を開いて、Carte Blue〔カルトブルー〕
     …フランスの銀行のカードで、日本で言うデビットカードみたいな
     システムのカードです。
     切符売り場等では、場所によっては日本のクレジットカードは使えず、
     小銭かCarte Blueしか使えなかったりします。

を作ったら、

そのCarte Blueと日本のクレジットカードで
ほとんどの支払いdollarが出来てしまったので、

(そして、なんとなく、使い方を覚えられる自信がなかったり  
 持ってて落とすのが恐かったり、という理由で避けていたのもあったりして…coldsweats01

小切手の必要性を特に感じず1年が過ぎたのでしたsnow


でも最近になって、何故だか

「現金か小切手で払って」

と言われる事が多くって、
治安の良いストラスブールといえども、現金を持ち歩くのは恐いので
先週銀行に注文して、今日ようやくゲットhappy02となりましたshine

何故「使いたい」と申し出てから1週間もかかるのかしら??と思っていたら、
ページをめくって納得。。
ページ毎にちゃんと私の住所や銀行口座の番号がっsign01


せっかくフランスにいるんだから、
とりあえず何でもチャレンジしとかなきゃ!という訳で
遅ればせながら、
近々何かに使ってみよ〜っとnote


映画でしか見た事ない「小切手」をまさか自分が使うなんてlovely

なんて少し思ってみたり。(笑)

まずは
落としたりしないように

そして記入を間違えないように

気をつけなきゃっ。ですpencil

2010年11月 5日 (金)

昨日は

昨日は、近くの大学でコンサートがありました。

Photo_2

Photo_4

Img_2368_2


毎年1度開かれている(らしい)学生向けの無料コンサートで、会場も特設なのですが、
演奏は地元のプロオケPHILHARMONIQUE DE STRASBOURGですsign01
(なんと去年は樫本大進さんがソリストで来られていましたshine
あれからもう一年経ったなんて…早すぎるdash

今年も素敵なソリストを招いて、
ブラームスのダブルコンチェルト

ベートーヴェンの7番

確か以前にこのオケでブラームスを聴いた時は
『おフランスの楽器でブラームスやると、こんなに軽くて優雅になっちゃうんだ〜notes
と思ったのですが、
今回はとても重厚な印象でした。
演奏も2曲ともとっても素敵cloverであっという間の時間でした。


いつも思うのが、こちらのコンサートは開演時刻が遅いことclock!!


昨日は20:30開演、終演はなんと22:30過ぎmoon3でした。
でも平日の夜なのに客席は最後までいっぱい!


こちらの人はとにかく、楽しい事はとことん楽しもう!
というのが基本らしく、(当たり前だけどステキなことですよね。)

『ご飯restaurantを食べて→イベントに出掛けてnote→バーに行くbeer

んだそうです。
やっぱり体力が違うからできるんだろうなぁdashdash


そして、昨日11月4日は私の誕生日birthday
家族や友人から沢山のお祝いメッセージをもらったり、
語学学校のみんなが歌を歌ってくれたり、
前祝いしてくれた友人達と行ったレストランではサービスでケーキを出してもらったり…

歳をとるのは(そして自分の中身が年相応になってない事も含めて)
あんまり嬉しいことじゃなくなってしまいましたが、
「おめでとう」を言ってもらえる環境にいられるのって、
とてもとても幸せな事cloverだなっと改めて感じましたconfident


みんな、ありがとう〜っshineshine

滞在許可証

外国人が他の国に滞在する為には『滞在許可証』というのが必要です。

昨年末からビザのシステムが新しくなったそうで、私は
『1年間有効の「長期滞在・学生ビザ」』を取得してフランスに来たので
去年1年間は手続きなしに過ごせた(*)のですが、
2年目になると。滞在許可証を申請しなければなりませんthunder

その手続きがなんと面倒なんでしょう。。bearing
一年に1度の事とはいえ、ただでさえ日本語でもこういう書類は面倒なのに、
フランス語wobblyでやらなくてはならないsweat01というのが本当に悩みのタネdespair

さて、その滞在許可証の取得の進め方について。

one最初に何日に書類を持って来るかのアポイントを取って、必要な書類の説明を受けます。
(そのアポイントのことを「ランデヴー」と言います。)

two「ランデヴー」を取った日までに必要な書類を揃えて、持って行きます。
 『受験生ビザ』か、『長期ビザ』かで必要書類が少し違うのですが、
 今回私が揃えたのは、 
      ・パスポート
      ・日本の収入印紙のような感じのもの(Timbres OMI)30ユーロ分
      ・写真3枚
      ・前の滞在許可証 または OFIIのサインのある長期ビザ
      ・今年度の在学証明書(学校で発行してもらう)
      ・去年取ったディプロマ または、成績を証明する書類
      ・生活資金の証明書(銀行の残高証明・奨学金の証明書などでもOK)
      ・家賃・インターネット・水道代などの領収書(3ヶ月以内に発行されたもの)

Photo


書類が揃っているのを確認すると、担当の人が
「じゃあ、○日にもう一度、レセピセを取りにここに来てね」
と日付の入った紙を1枚くれました。(約1ヶ月後の日付がありました。)
 
threeもらった紙に書かれた日に「レセピセ」という仮の滞在許可証を取りに行く。

four更に数週間〜1ヶ月後に「滞在許可証ができました!」という内容の招集状が家に届く。

five届いた書類を持って県庁に出向き、「レセピセ」と引き換えに滞在許可証をもらう。

以上でやっと手続き完了shineなんだそうです。


私はまだtwoまでしか終わっていないので、まだまだ先は長そうですdash

書類を揃えて持って行くだけで、既にクタクタsad

「レセピセ」というのは、本物の滞在許可証ができるまでの仮の滞在許可証のような役目のものらしいので、
とりあえずそれが発行されれば後は待つだけ…のはず…だそうです。

無事発行されますように。。
今は祈るばかりです。

昨年からフランスでいろいろな手続きをしてみて、
上手く行くこともあれば、苦労が報われない事もしばしば。。
外国人が他の国に住むって、語学以外にも本当に大変なことなんだというのが、
身をもって体験できています。

でも、大変だからこそ、日本人の友人をはじめ、
「大変でしょ?」といって気さくに手伝ってくれるこちらの人達に出会うと
人間同士の支え合いの大切さや、人のあたたかさをとても感じられたりもします。
言葉じゃなくてもいろいろ伝えられるんですよね。

今後、もし日本で困っている外国の方に出会ったら、
出来るだけ助けてあげられる心のゆとりを持っていたいな〜clover

(*)『受験生ビザ』は期間がMax3か月までのようです。『受験生ビザ』でフランスに来た場合は合格してからすぐに『滞在許可証』への書き換えが必要です。(フランス国内で書き換えできます。)

ビザの種類によって申請時の必要書類、発行されるビザの有効期間や、滞在中に許可される労働時間などの条件が違うそうです。在日フランス大使館のビザページに詳細が載っています。

2010年11月 3日 (水)

2011年1月8日(土)炎炎 Ⅳ〜火祭りに寄せて〜

ribbon炎炎 Ⅳ 〜火祭りに寄せて〜

  diamond期日:2011年01月08日(土)16:30open./17:00Start.
  diamondチケット:2000円[限定80席/当日2500円]
  diamondご予約:スティマーザール


  club出演club
    ピアノ:若林千春
    フルート:若林かをり

  clubコンサート プログラムclub
    ・J. ブラームス「4つのピアノ小品集 op.119」
    ・L.v.ベートーヴェン「ピアノ ソナタ ハ短調 op.111」
    ・高橋悠治「チッ(ト)」
    ・R.シュトラウス「ソナタ 変ホ長調 op.18」
    ・若林千春「火・炎・焔 Ⅳ」〜フルートとピアノのために〜【世界初演】

この催しは、
滋賀県の無形民俗文化財である「勝部の火祭り」をテーマにした、
スティムフューチュアーの開発者 上野泰永の実験空間(スティマー・ザール
勝部の火祭りを題材としたアート作品 染色家伊砂利彦の作品展示
作曲家 若林千春の新曲初演
によるコラボレーション企画です。


spade会場には、伊砂利彦により制作された、『焔の習作』より《勝部の火まつり》が展示されます。
[年に一度、この機会にしか展示されない貴重な作品を、開場(16:30)から終演までお楽しみください。]

spade同日19:30より 勝部神社(スティマー/ザールより徒歩5分)において、
勝部の火祭り(松明組)「県選択無形民俗文化財」』が観覧できます。
[観覧無料/お問合せ:守山市観光協会]


Photo


note今年で第4回目の開催となるこのイベント。


伊砂利彦先生の作品との偶然の、そして、衝撃の出会いは
2005年に東京国立近代美術館工芸館へふらっと立ち寄った事でした。

そのとき一瞬で釘付けになってしまった作品と一緒に演奏会が出来るなんて思いもしませんでしたが、
そのまさかの共演が実現してもう4回目。

滋賀県守山市の「勝部の火祭り」をテーマにした伊砂先生の作品が、
音の実験空間「スティマー・ザール」の中に眠っていることが判明。

「こんな素晴らしい作品は、是非とも沢山の方に見ていただかないともったいない!!」
ということで、この企画に結びつきました。

私自身が伊砂先生の大ファンなので、
毎回、素晴らしい作品の横で演奏させていただけるlovelyという、
とっても素敵な時間を過ごさせていただいておりますshine

また、このコンサート&展示は「勝部の火祭り」の当日開催なので、
コンサートの後m本物の火祭りshineが見られるということもあり、
だんだんとご興味を持って下さる方も増え、また毎年のように足を運んで下さる方もありますconfident
そして、なんと、今年は、県や文化庁との共同事業として、さらに多くの方のご協力のもと、
開催させていただけることになっていますflair


そして、今回は12月22日(火)にプレイベントも開催sign03flair
先着80名様限定の無料イベントですので、皆様どしどしお越し下さいませconfident
詳細はこちらデス


また、このイベント後日、フルートレッスンも行いまーすclover

clubフルートレッスン
・日時:1月9日(日)、10日(月・祝)
・受講料…小学生:3000円/中高生:4000円/一般:5000円
グループレッスンなども気軽にご相談ください。
受講希望の方、その他お問合せはこちらまでnote

2010年11月 2日 (火)

スイス・バーゼルへ(2)

バーゼルぷち旅行の写真です。

Photo_6
屋台で食べた大きな大きなソーセージ。
ハーブが効いてて美味しかったhappy01

Photo_16

広場の観覧車から見えたミュンスター聖堂とライン川。
町が(おそらく、ドイツやフランスも)一望できたのですが、
この観覧車、乗下車の時以外、日本ではあり得ない早さで動くんです…wobbly
必死で撮影しました。。。

Photo_18
ライン川沿いを散歩。
紅葉も綺麗で、気候も良くて気持ちよかったです。

Photo_15

スイスと言えば!?…ロレックス?という訳で、とりあえず記念に撮影。

Photo_13

もう既にクリスマスの雰囲気のお店も沢山。
雑貨類は、フランス・アルザスとは全く違いました。


本当に楽しい1日でした。
計画して誘ってくれた友人達に大感謝sign03

2010年11月 1日 (月)

スイス・バーゼルへ (1)

昨日、日帰りでスイスに行って参りました!

ここストラスブールは日本語訳が「道の駅」と言うだけあって、
ヨーロッパの各地へのアクセスが可能です。
とりわけ、お隣のドイツ、スイスへはすぐに行けてしまいます。

この土日月はToussaintの祝日で3連休notesという事で、
友人が計画してくれて、初スイス上陸して参りましたっshine

国際空港もあるスイス・バーゼルへは、
ストラスブールからtrainで1時間ちょっと。
しかも乗り換えなし!
電車も1時間に1本はあるらしい。

朝、駅の窓口で、行き先と人数を伝えて切符を買おうとしたら
「全部で3人?今日行くならいい切符があるわよ!」
っと
とってもお得な切符を紹介してもらえました。

Photo_2
   clubALSAPLUS GROUPE JOURNEE 
   (アルザス地方周遊の週末グループ1日切符…かな?)
   dollar 34ユーロ

     *土日祝 1日有効
     *1枚でおとな、子供合わせて5人まで有効
  (*TGVなど特急は使えないそうで、切符の交換や払い戻しも出来ない模様)
     *券売機でしか買えないみたいです。

今回は3人で行ったので、一人あたり往復11ユーロちょっと。(1400円くらいでしょうか?)

えっsign02
滋賀→大阪間往復するより安く外国に行けるのsign02flair
(↑超地元に根付いたの私の思考回路。。coldsweats01

とにかく、かなりお得です。


さて、電車に乗る事1時間少し、バーゼル駅に到着。
本当に簡単なパスポートチェックを受けて、いざ入国!

Photo_3

Photo_5

バーゼル駅には、ドイツの国鉄の駅もあります。
スイス・ドイツ・フランスに向かう人々にとってとても重要な駅なんですね

文化圏は同じなので、
教会の屋根等、どことなくストラスブールと同じような感じを受けるものもありましたが、
通貨も違うし(スイスフランです。でもユーロの使えるお店もありました♪)
言葉もドイツ語だし
何より、町全体の雰囲気がフランスではない感じ。。

距離は電車で1時間でも
やっぱり、国が違うのね〜〜sign03っと身をもって感じられました。

『電車で1時間で外国に行ける』というのは、
海に囲まれた日本では絶対経験できない事ですflair
こんな環境で育ったら、世界観も違う訳ですね。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

YouTube

  • ベルトラン:「エクトラ」より第2楽章
  • ベルトラン:「エクトラ」より第3楽章
  • 細川俊夫:垂直の歌
  • シャリーノ:歓喜の歌
  • フォーレ:シチリアーノ(シシリエンヌ)
無料ブログはココログ