« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月29日 (水)

パーティー @ Lycée hôtelier Alexandre Dumas

パーティーお呼ばれ続きだった今月。

boutique boutique boutique
 

数週間前、

ストラスブールの少し郊外にある、

敷地内にレストランも備えた

おおきな料理・サービス学校

Lycée hôtelier Alexandre Dumas

先生方の送迎会でも演奏させていただきましたnotes
 

Img_3838_2
 
パーティーのメインは

イノシシの丸焼きpigと言う事で、

学校敷地内の半屋外の場所での開催。


P1070709_6

 
イノシシちゃん、可哀想に、ごめんね…

と思いながらも美味しく食べさせていただきました。
 
感謝。
 

 
テーブルの布巾もちょっと和風でオシャレ。

いいなぁ、こういう心遣い。
 

Img_3841_7

 

 
 
さすがお料理学校!だけあって、

ちょっとした付け合わせやソースが美味しいっdelicious
 


デザートも、パテシエさんの力作が勢揃い。
 
Img_3846_10

Img_3848_5
 

全種類制覇っcat

と思っていたのに、あっという間に無くなってしまったケーキ達。。crying
 
 

パーティーの前に学校案内をしていただいたのですが、

広い広いキッチンに、本格的なレストラン。

こんなところで勉強できたら、楽しいだろうな〜。。
 
 


日本の学校との交流もあるのだそうで、

和菓子の作品も飾ってありました。

 

お食事が一通り終わったと思ったら、 

その後、みなさま、

ダンス、ダンス、ダンス…
 
boutique boutique boutique
 
Img_3842_17
 


退職される先生方ともども、

12時すぎまで踊りまくっておしゃべりして…
 

文化の違いというか、
体力の違い?というか、

また今までになかった新しい感覚を味わえた一夜でした。

2011年6月28日 (火)

パーティー @ SOUFFLENHEIM

先週末のパーティーboutique

SOUFFLENHEIM

という

ストラスブールからcarで30分くらいの、

アルザスの陶器で有名な町まで連れて行っていただきましたdash

 

陶器のお土産屋さんは電灯flairまで陶器!

Img_3876_6

 

お店の方の御好意でお庭や工房を見せていただきました。。 

Img_3879_6

アルザス地方特有の木の梁が沢山あるお家house
 
この辺りは昔、石不足で、石の家は建てられなかったそうです。

Img_3878_2

Img_3877_2

まだ色の着いていない陶器が沢山陳列してありました。
 
aquarius aquarius aquarius 
 

パーティーは

教会の近くの、

伝統のありそうなレストランAu Boeufで。

なんと、
 
フルコースを堪能happy02

めちゃめちゃ美味しかったでございますpig pig

招待くださったマダムに感謝confident
 
 

Img_3902_8
 
 
この日、私はヨーロッパで初めて浴衣を着用catface

 
_dsc1652_6


 

 
_dsc1648_3


 
_dsc1650


明日、明後日は今年度最後の発表会!

楽しく演奏できますように〜clover

Dsc_0447_10

2011年6月25日 (土)

つぶやき

最近、、

なんだかものすご〜くステキな出会いが続いています。

そういう運気なのでしょうか??
 
 
それから、
音楽って本当にすごい力があるんだなぁ。っと
今更ながら音楽のすごさを感じることも多い今日このごろ。。
(いつも近くにいすぎるのかな??)

音楽やってなかったら、
フルートを吹いてなかったら、
近くにいてもきっと話しもしなかった方が、
フルートがきっかけで、「さっき演奏聞いてたよ」
っと話しかけてきてくれて、
そこからいろんな話が広がったり、新たな出会いにつながったり。。
 


言葉、文化、人種などを超えてコミニュケーションができるツールがあることを、
私はまさに体感しながら経験させてもらっています。

 
 
海外に来てみて、他の国の文化や人を知る事、自分の国の事を改めて知る事、
本当にかけがえない体験です。
 
 

もちろん
悩んだり、落ち込んだり、
しんどいときも沢山あるけれど、

音楽に出会えた事、
続けさせてもらえる環境にいられる事、
そして、
演奏させてもらえる機会がいただけてる事、
本当に貴重な機会を過ごさせてもらってるな、、っと

感謝の絶えない日々を過ごしています。
 
 
 


明日は

近くの町であるパーティーで演奏させていただく予定boutique

また素敵な出会いがありますようにclover
 

2011年6月24日 (金)

Fete de la Musique !!!

毎日刺激的な日々が続いてます。


素敵な人達との出会い、

日本では出来ないような経験、

沢山で書きたい事が山ほどなのに

なかなか更新できないまま時間が過ぎて行ってしまっています。。
 
 
 


さてさて、

数日過ぎちゃいましたが、

6月21日はFete de la Musique《音楽の祭日》notes

 
 Img_3873_2

フランス全部が音楽で溢れる日。
 


各広場に特設会場が出現、朝から深夜まで音楽三昧。

23:15開始の演奏もあったり…
 


ただいまフランスは

22時近くclockまで明るいせいもあってか、

時間の感覚が日本と全然違います。

0時過ぎても

人だらけ。。
wobbly wobbly wobbly 


露店も沢山出て、街全体が、夏祭りのような騒ぎでした。

 
Img_3872_2
 
 
このイベントは、日本でも開催されていて、

私は去年は日本で

このFete de la Musique au Japonに参加させていただきました。

 
去年の写真をちょっと引っぱり出して…

Img_1098_2


Img_1096_3
 

纏わせていただいたのは、

伊砂先生の作品のお着物shine

一生の思い出でございます。


 

2011年6月19日 (日)

7月31日@酒遊館 フルート×ギター コンサート

7月31日にフルートとギターのコンサートをさせていただきます〜note

 

   diamond transmusical〜辻英明×若林かをり〜 diamond

     cherry 2011年7月31日(日)
             17:00開場/17:30開演
     
     cherry 酒遊館 (滋賀県・近江八幡)

     cherry 曲目
         ・ピアソラ:タンゴの歴史
          A.piazzola:histoire du tango
         ・シャンカール:魅惑の夜明け
          R.shankar:l'aube enchantee  
         ・バルトーク:ルーマニアンフォークダンス
          B.Bartok:Roumaniain Folk Dances
         ・オウクズノフ:ラビリンス  
          A.Ourkouzounov:Labyrinthes
                          他

     cherry 入場料 bottle地酒飲み放題付きbottle

         前売 …  2500円
         当日 …  2800円


    telephoneご予約・お問合せ … 酒遊館

 
 

 clover clover clover 
 

ギタリストの辻英明さんは、

私の通っている、ストラスブール音楽院でギター講師をされています。

なんと、同じ滋賀県民!!

なのに、私達はストラスブールで知り合いました。

 
そして今回、夏休み中に滋賀県で一緒にコンサート♪
 

なんだか不思議なご縁です。
 

いつもいつも思いますが、出会いって本当に不思議。 
 

 clover clover clover 
 

さてさて、

フルートとギターと言う組み合わせは、とても沢山素敵な曲があります。

日本ではなかなかギターの方と知り合える機会も少なくて、

私はあまりギターとのデュオをやった事がなかったのですが、

フランスでは毎年のように、

ギターとのアンサンブルをやらせてもらっています。

 

今年は日本でもコンサートの機会に恵まれて幸せです。

どんなコンサートになるのか、今から楽しみwink


今回は、

コンサートホールではなく、

お酒のみながらのコンサートということなので、

タンゴをはじめ、ブルガリア・ルーマニア音楽、

インドの音階を使った魅惑的な曲など、

盛りだくさんで参ります!

楽譜、結構真っ黒ですbearing頑張るぞ〜っ

 

会場もとっても素敵な場所なんだそうで、

近江八幡市の西勝酒造さんの貯蔵庫を利用したスペース。
http://www.shuyukan.com/

お酒に関する展示も沢山あるようで、訪れるのが今から楽しみです。
 

なんとなんと、

コンサート会場では地酒bottle飲み放題っっ

happy02 happy02 happy02

 
美味しいお酒と一緒に

音楽をお楽しみくださいconfident
 


ワタクシ、コンサートが終わるまで、

bottle飲まずにガマンできるでしょうか…catface

 

ご予約、お問合せは酒遊館まで♪

2011年6月14日 (火)

最近よく出会う光景

Img_3609_2
 


chick chick chick

  
たくさんの新しい生命たち。
 

chick chick chick

 
大きく大きく
 

羽ばたいてね。

 

2011年6月13日 (月)

ブルガリアの笛 カヴァル  le kaval

先週、学校で、珍しいマスタークラスがありました。

ブルガリアの笛、KAVAL (カヴァル)
 


 
学校は現在実技テストまっ最中!にて受講者とっても少なくて、

友達と一緒に先生を独占状態。

ラッキ〜smile

 
今回、初めてKavalを聞いたのですが、
 
吹かれる音色は、素朴な木の音色。

吹き方によっては尺八のようでもあり、、旋律の揺れ具合もどこかなつかしく、

とても親近感を覚えました。。。

そして、ナイやネイもこのカヴァルの仲間だとか。

(この前までやってた現代曲に「ナイのように」という指示があって
楽器を調べてたので、更に勝手に親近感lovely

 

楽器には、フルート・トラヴェルソやリコーダーのように指穴があいていますが、

違うのは、なんといってもナナメ吹き。

音階は全音ではなくて、半音!

半音と言っても、平均率とはもちろん違います。

 
指穴は、指を伸ばして第2関節あたりで塞ぎ、

指をふるわせる事でヴォブラートをかけるそうです。

(息でかける事もあるそうですが、基本は指なんだそうです。)

なので細かなトリルは、半音になるか、1/4音。。

 
先生曰く、

『人によってトリルの入れ方が違うし、
もし楽譜に書いたが楽譜が♪で真っ黒になるから、書けないのよ。。』

と。。尺八と同じですね。
 

そしてタンギングもしない。

フレーズの最後はおさめずにぶっきらぼうに切って、他の音を入れる。

(これらも尺八みたい。。)

音を区切るのは全て「指」なんだそうです。
 
 
びっくりしたのは、

カヴァルを吹きながら循環呼吸をするときは、ほっぺたに息をためるのでなく、

なんと『喉』でかける事!
 
何度もやっていただいたのですが、

私には一体どうやったらそんな事ができるのか

全く分からずじまい。wobbly
 


楽器も試させてもらいましたが、全員分の楽器はないので、

途中からはフルートでイミテーション。

フルートの頭部管とって、

ナナメに吹くと音が鳴るってこと、皆さんご存知でした!?smile

(その昔、とある曲でその奏法があって、私は必死に練習したんですっdash

でも、先生が吹くと本当に違う楽器のような音がしてビックリ〜っbearing

 
 

他にも、

ブルガリアの歌を歌ったり、踊りを踊ったり。。
 
もともとダンスの音楽だからだと思いますが、

ブルガリアでは5拍子が複雑に入り組んだようなリズムが沢山あるらしく、

その5拍子の組み合わせにもいろんな周期があるそうで…
 

たとえば、

12,12,12,123,
12,12,12,123,
12,12,12,12,12,123,
12,12,12,123,12,12

これを♪=240くらいかそれ以上のテンポで演奏。。

(ちょっと文字で書くと分かりにくいですが、
3拍子になるところで、踊りにアクションが入る訳です。)

 

『せっかくだから1曲覚えて帰ってね。』っとの先生の提案で、

記憶力大会開始〜っ 


先生がお手本を演奏して、

直後に私達はフルート(普通に組み立てた状態)でイミテーション。
 

聞いてるとリズムが複雑で頭がシャッフルされる感じで心地いいのに、

覚えるとなると一苦労。。wobbly wobbly

やっと、慣れたと思ったら、

先生は一回毎にトリルの入れ方変わってくし…coldsweats02

(もちろん、その方が自然なのは分かるんですけど。。)


 

最後は、カヴァルにちなんだ映像を見せてもらいました。

イラクでは、同じ笛の吹き口を縦に口の中に入れて、歯を使って吹いている映像や、

カヴァルを吹きながら、羊ariesと話しかける羊飼いの映像。

おじさんがカヴァルを吹き、なにかうなるような声をあげると、

羊が寄って来たりその場で座り込んだりする光景は、

まさに「蛇遣い」ならぬ、「羊遣い」のようでした。
 
 

aries aries aries aries aries aries aries aries aries aries


 


マスタークラスをして下さったIsabelle Courroy先生のHPはこちら

音源等も沢山聞けますよ〜music

2011年6月12日 (日)

原子力の恐怖

3月の震災から3ヶ月。。。

今も
毎日流れて来る震災・原発関係のニュースを耳にすると、

言葉にならない気持ちがこみ上げます。。

 


今、この前家族が日本から持って来てくれた一冊の本

「福島原発メルトダウン/広瀬 隆 著」(朝日新書)
 

Img_3851
 
ページをめくる度に、

大きな衝撃を受けています。
 

私は今まで、

自分の身近にある原子力のことについてなんて無知だったのだろう。。

こんな恐ろしいものの側で、

生きていたなんて。。
 
 


私の帰る場所は日本しかないのに、

日本の未来が不安です。

 
本の中に、

「パニックというのは
本当の事を知らないから(知らされないから)起こるものだ。」

という一文がありました。

まさにその通りだと思います。
 

知っていたら、もしもの場合を考えて今から備えられる。


 
  

 
世界から認められる、素晴らしい文化を持っている日本を、

私の大切な人が沢山沢山いる日本を、

私が大好きな日本を

これ以上壊してはならない。。


2011年6月 9日 (木)

Paris

パリ写真を。。

diamond Arc de triomphe diamond
   凱旋門 

Img_3645_2


Img_3646


Img_3651_2

上に登るとパリの町が一望shine

 
 

diamond Cathédrale Notre Dame de Paris diamond 
     ノートルダム大聖堂

Img_3686_4

正面の写真、何故か曲がって撮れちゃってたので、横からのcamera

Img_3681

中ではちょうどPentecôteの礼拝がはじまっていました。
 
 

diamond Saint Chapelle  diamond
   サン シャペル

Img_3674_2


Img_3671_2


Img_3673


2階の美しすぎるステンドグラス、
オリエンタルな香りのする壁。

ステキな場所です。

2011年6月 7日 (火)

パリParis〜モンサンミッシェル Mont saint Michel

またまた久しぶりの更新になってしまいました。。
 


先週から遊びに来てくれていた家族と一緒に、

Pentecôteの祝日を利用して

パリとモンサンミッシェルに行ってきちゃいました〜smile

 


アメリカ旅行記途中ですが、

今日はモンサンミッシェル記を。。


 snail snail snail

ストラスブールからパリへは

TGV(フランスの新幹線みたいなもの?)で2時間半程。

 
今回泊まったホテルからは

なんとっhappy02

エッフェル塔がちらっと見えるロケーションheart02
 


Img_3640_2


 
キッチン付きだったので、

近くのスーパーで買ったムール貝とエシレバターで

エッフェル塔を見ながら

dollar節約だけど

豪華な晩餐delicious

Img_3804_2


 

パリからモンサンミッシェルへは、

TGVとバスを乗り継いで行ってきました。

(パリから直行の1日バスツアーも沢山出ているみたいです。)

  trainTGV…パリ・モンパルナス駅からレンヌまで
  busバス…レンヌからモンサンミッシェルの入り口まで

セットで販売してくれます。

切符はSNCFからでも駅の窓口でも購入可能。


Img_3691_3

片道4時間の旅ですが、

乗り継ぎの時間も良くてgoodでした。

 
 


Img_3693_5

 
バスの車窓からのモンサンミッシェル
 


Img_3698_4

島内は観光客で大賑わいsweat01
 


Img_3710_2
 

Img_3742_3
 

Img_3765_2

 
迷路のような構造の礼拝堂run
 
 

 


Img_3702

 
ブルターニュ地方の名物、そば粉のガレット

私は蕎麦アレルギーなので食べてませんが。。gawk 
 


Img_3721_2

モンサンミッシェルは泣く泣く日帰りだったので、

もし次回があれば、

今度は対岸のホテルで島を見ながら過ごしたいな〜。。。catface
 
 
 
 
Img_3718_2


« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

YouTube

  • ベルトラン:「エクトラ」より第2楽章
  • ベルトラン:「エクトラ」より第3楽章
  • 細川俊夫:垂直の歌
  • シャリーノ:歓喜の歌
  • フォーレ:シチリアーノ(シシリエンヌ)
無料ブログはココログ