« はんなりマンゴー | トップページ | ご来場ありがとうございました! »

2011年7月25日 (月)

フランスの試験、バカロレア

ちょっとフランスのお話。
 

フランスには

『バカロレア』

という、統一国歌試験があります。

 
 

これは日本でいうセンター試験のようなもので、

バカロレアに合格すること=大学進学資格

となり、

バカロレアに合格さえすれば、自分の好きな大学に進学できるそうです。

(音楽などで進学する場合は別に入学試験(実技)があります。)

 


毎年6月にこの試験があるようで、

先月、ラジオや新聞で、この試験が行われたことが

大きく取り上げられていたのを覚えています。

 
 


最近、ある教育についてのエッセイを読んだのですが、

バカロレアのことが載っていました。
 
それに拠ると、 

2009年の哲学の問題は、
 

問①:言語は思考を裏切るか?
 

問②:不可能を望む事は非合理か?
 

 

だったそうです。
 


う〜ん、難しくていい問題!!

その人の思考、文章力など、総合力が試されるすごい問題だと思いました。

 
 


フランスの18歳前後の人達はどんな答えを書くんでしょう。。

私が18歳の時に問われていたらどんな風に答えたのかな?

そもそも答えが出せたかな?

今の日本の18歳はなんて答えるんでしょう。。

私のまわりの人達はどんな考えを持っているのかな?

とても興味深いです。

 
 
答えが正しいか、間違えかではなく、

ちゃんと自分の意見を持っている事って大事だと思います。
 

そして何故そう思うか、
 
その根拠について自分の考えを

自分の中から外に出して言葉で表すのって

難しいけれどとても大切な事だと思います。
 
 


 
一つの思考に凝り固まりすぎて、

それを誰かに押し付けたり、

人の意見を受け入れない体勢になっちゃいすぎていると

それはそれで残念なこともあると思いますが、

何にも考えが無いとか、答えないとかって

もっと寂しいな。って思います。
 
 
 
みんなそれぞれ違う人間で、

生きてきた環境も違って

考え方、感じ方が違うからこそ

いろんな考えがあるわけで、

それをお互い出し合って、

自分と違う考え方の人の考えを聞くのって

視野が広がるしとても面白いです。

自分が今まで気付かなかった、新しい目線が発見できるのって、

楽しいし嬉しいな。

 

人に何か問われた時に、

『今はこういう風に思ってるよ。

もしかして今後誰かの意見を聞く中で、考えが変わることもあるかもしれないけれど。。』

って

ちゃんと答えられる人でありたいな。

« はんなりマンゴー | トップページ | ご来場ありがとうございました! »

♪ストラスブール フランス情報」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!!(?)
和歌山児童合唱団の51期生です!!
和児童のHPを見てたらたどり着きました。

かをりさんて・・・やっぱりフランス語ペラペラですよね・・・

***
コメントお返事遅くなってごめんなさい。
たどり着いて下さり、コメントありがとうございました!

フランス語、悲しい事にペラペラじゃありません。。伝えたい事が伝わらなかったり、大事な事が聞き取れなかったり、苦労の連続です。でも根気よくおしゃべりにつきあってくれる方、親切にして下さる方、いろんな方に助けられて生活しています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567294/52293733

この記事へのトラックバック一覧です: フランスの試験、バカロレア:

« はんなりマンゴー | トップページ | ご来場ありがとうございました! »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

YouTube

  • ベルトラン:「エクトラ」より第2楽章
  • ベルトラン:「エクトラ」より第3楽章
  • 細川俊夫:垂直の歌
  • シャリーノ:歓喜の歌
  • フォーレ:シチリアーノ(シシリエンヌ)
無料ブログはココログ