« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月29日 (月)

Natsuko@フルートバック

以前アルトフルート用にゲットした、フルートバック@リュック型
 


リュックだから、両手空くし、身体のバランスにもいいし、

あまりにも使いやすくて

アルトフルート要らない普通のフルートだけの時にも使っていたのですが、

必要以上にリュックが大きくて

みんなに「何背負ってんの!?」と言われまくるので

(でもその割に、楽譜はあんまり入らなかったりしたので、、、)
 

思い切って、2世を購入。
 
 
 
Img_4097_2


 bagNatsukoのフルートバック@リュック型bag
  
    dollar C-foot用 35,700円
      H-foot用 37,800円
  
 
 
5色のカラーバリエーションの中から、

私はブルー×ピンクのステッチを選択。
 

 
お値段の通り、

高級フルートバックな訳なのですが、

さっすが、評判の良いだけあって、

丈夫なのはもちろん、

フルート入れた時に安定させるベルト、

楽譜入れられる大きなチャックつきポケット2つ、

小物いれられる用の小さなチャックポケット

リュックベルト収納用のポケット
(リュックとしてでなく、普通のバックっぽくも持てるようにもなってます)
  
など、フルートのことを考えた嬉しい工夫が沢山happy01
 
 
チャックにはかわいいト音記号がついてたり♪

Photo

ちなみに、

アルトフルート用のケースは

この部分アルト譜表なんですよ↓

Img_4100_2

 
 


今回購入させていただいたH管(B-foot)用、
 
少し大きめだな…と思ったら、

なんとアルトフルートも入っちゃいました!

 …最初からコレ試せば良かったかもcoldsweats01。。
 
 

この秋からは、「これから登山でもでかけるの?」と聞かれる事無く

姿勢のゆがみも軽減しながら

フルート生活が出来そうですwink

2011年8月27日 (土)

飛び出し坊やの…

この夏、

目を奪われてしまった印象的なモノ

smile smile


 Img_4028
     「飛び出し坊やのボード」
 

飛び出し坊や(=飛び出し小僧)」とは、

通学路などの角に設置されている小さな子供形の看板で、

車の運転者に対しての注意喚起のためのもので、

私は子供の頃からこの標識を見ながら育ったのですが、

滋賀や京都に特に多くあるものらしく、

他県の方にはあまりなじみがなかったりするそうです。

   
 
この看板に滋賀で出会って(何故だか)感動したらしいダンナ様が、

2月に「飛び出し小僧」という室内楽作品を創りました。
 
 

道路で遊ばざるを得ない子供と、それを取り巻く環境、

また逆に、

いつ、どこから子供が飛び出して来るか分からない状況での運転者の心境をあらわしたような、

スリル溢れる作品だったのですが、
 

このボードは、

その初演を聞きに来て下さった生徒さんからのプレゼント。
 

 
このチョイス、サイコーです!

 
 
面白すぎるので、 

パッケージもアップしちゃいます。

 
Img_4047_4

 
 
 
Img_4046

 

この商品、

私が知らなかっただけで、実は大ヒット商品だったりするのかなぁ。。。

2011年8月24日 (水)

近況+…ごめんなさい…

音楽三昧の日々が続いています。

コンベンションでも秋吉台でも、

普段聞く事ができないような貴重な作品や素晴らしい演奏が聴けたり、

久しぶりに懐かしい人に出会えて昔に戻ったような気分になったり、

新しい出会いもあったり。。
 
 

ゆっくり話すには時間が無さ過ぎて、でも話したい事は溢れるほどで…

遠目に姿を発見したのに、ごあいさつすら出来なかった人もいたのは残念でしたが、


とにかく、全てが濃密すぎて、

私の頭はまだ整理しきれていません。。
 
dash dash dash 
 


コンベンションでは、
客席にいるほとんどの方がフルートやっている!という中でフルートを演奏し、、

秋吉台では、
客席にいるほとんどの方が現代作品に取り組まれていたり、作曲をされていたりする!という前で、現代作品を演奏し。。
 

普段のコンサートとは全く別の、

独特の緊張感と集中力をもって演奏させていただく機会をいただきました。

 
うまくいった所もそうでない所もいろいろでしたが、

とにかく貴重な貴重な体験でした。
 

 

身体もだいぶ疲れている実感があるけど、

心地よい疲れと感じるのは、いい環境にいられるからですね。 
 
 

clover clover clover 


一つ、ごめんなさいのご報告があります。。think

 
コンベンションでの8月20日のコンテンポラリーコンサートに、

事務局やびわ湖ホールまでチケットお問合せをして下さった方々へ
 

このコンサートは、

コンベンション参加者のみ対象の企画のために一般用チケットの販売が無く、

お問合せいただいたにもかかわらず、

ご案内ができなかったと聞きました。。。

興味を持ってくださり、お問合せをして下さったみなさま、

申し訳ありませんでした。。despair
 
 

 

Img_4054

↑秋吉台芸術村で

2011年8月18日 (木)

秋吉台の夏2011

今年も、秋吉台の夏2011に参ります。

2005年からほぼ毎年、参加させていただいております

この現代音楽セミナー&フェスティバル。

今年もメイン作曲家:湯浅譲二氏を中心に、

素晴らしい作曲家、演奏家の皆さんを迎えて、

6日間にわたって開催されます。

 
 
 
  diamond 現代音楽セミナー&フェスティバル秋吉台の夏2011 diamond 
  
      2011年8月18日(木)~8月23日(火)

    ※メイン・コンサートは8月21日(日)18:30~21:00

  チケット予約・お問合せ:秋吉台国際芸術村 telephone 0837−63−0020

 
 

 
このフェスティバルは、
私が今、ストラスブールに留学するきっかけ…

マリオ先生との出会いのご縁をいただいた、

私にとってはとても大切な場所。


また、
開催される秋吉台国際芸術村

磯崎新氏の建築でものすんご〜〜〜〜〜く素晴らしい空間!
 


現代音楽の巨匠ルイジ・ノーノのオペラ《プロメテオ》を上演することを念頭に設計されたホール、

気持ちいい位高い天井を持った講習室やスタジオ、

宿泊施設は一室毎にデザインが違います。

レストランは神聖な教会のようで、

サロンには、これまた素敵な素敵な磯崎氏デザインの椅子があったり。
 

帰りたくなくなってしまう、本当に本当にステキな場所shine
 
 


しかも
今年は、ルーマニアの作曲家ドイナ・ロタル氏が10年ぶりの来日です。

彼女の作品にはフルートのためのものが沢山あります。

とても日本的な面を持っているような感じを受けるものばかりで、

私は大好きです。

私が今、ストラスブールでお世話になっている、
マリオ・カローリ先生ももちろん来日されていますhappy02
 
 

 
マリオ先生が来なくても、毎年常連で参加しているので、

事務局はじめ関係者の皆様や

出演者・講師の皆様、常連受講生の皆様とお会いできると思うと、

1年に1度の同窓会にでも行くような感じがします。

今年はコンベンションと日程が重なってしまって、

最後の数日しか参加できないので

本当に本当に残念ですが、楽しみに参ります〜っnotenote


 
 

おいしい☆桃のお酢

この夏は桃狩り初体験をさせていただいたのですが、

本日は、数年前から愛飲している

飲むお酢をご紹介smile


Img_3985

   diamond 飲むための 桃のお酢 diamond
       山梨県産桃果汁使用
       5倍希釈

     販売者:株式会社もへじ  
 
 

これを飲むまで、

「お酢+フルーツってちょっと…」

と思ってたんですが、

これは、

お酢なんだけど、

新鮮な桃の風味とのバランスが本当にいい感じでlovely
 
 
コレを教えて下さった音楽家ご夫妻に感謝shine
 

ちなみに、

私は水割りですが、

妹曰く、オレンジジュース割りでもいけるそうですwine


2011年8月17日 (水)

ぎっくり腰

実は、お盆前に、初ぎっくり腰体験を。。

 wobbly  wobbly  wobbly
 

ずいぶん前から、身体のバランスが崩れてた実感はあったのですが、

まさかホントにぎっくり腰になるなんて。。

くしゃみしても痛いし、床のものを拾うのにも一苦労するし…

腰の骨って、こんなにも大事なもんなんだ〜っと、

とにかくビックリしました。

 
 

即、お世話になってた整体の先生にお電話telephone
 

しばらく通えていなかったのに、

丁寧に姿勢や楽になる体操を教えて下さって、

数日後に施術していただいた時も

いろいろアドバイスくださってすっかり元気になりました。

 
先生、本当にありがとうございましたconfident
 
 
 
 

腰を悪くして改めて、

姿勢の大切さや、

姿勢と呼吸の深い関係に気付かされました。

 

普段の姿勢もそうだけど、

フルート吹いてる時も姿勢って本当に大事clover
 

 
姿勢が良くなる→いい呼吸が出来る

んですよね〜

 
当たり前の事だけど、必死に楽譜にかじりついてると

ついつい忘れがちな事ですsweat01
 

先生曰く、

姿勢が良くなると、思考回路も前向きになるんだそうで、

まさにいい事づくしflair

 
 

普段から気をつけて、心身ともに元気に過ごしたいものですcatface


2011年8月16日 (火)

第15回日本フルートコンベンション

毎日暑い日が続いていますね。

みなさま、よいお盆をお過ごしでしょうか?
 

いよいよ今週末は、
 

第15回日本フルートコンベンション in 滋賀

 
が開催されます。

 

この「フルートコンベンション」は、

日本フルート教会が主催する2年に1度の

フルートの大きな大きなイベントで、

国内外の有名な先生方のコンサートやレクチャー、コンクール、フルートメーカーさんのブースもあったり、、

まさにフルートの祭典!

フルート三昧、フルートづくしのイベントなのでございます。

 


今回はわたくしの地元、滋賀県で初開催。
 

数日後に、このびわ湖付近にフルート吹いてる人口が異常に増えるんだなぁ。。

なんて、まだ全然想像がつきませんが。。。
 


私はここ何年かは毎年秋吉台の音楽祭に参加させていただいていたので、

コンベンションは久しぶりの参加です。

イベント盛りだくさん、聞きたいコンサートや講演たっくさんだし、

久しく会っていない方々ともお会いできることになりそうなので、とにかく楽しみですshine
 
 


コンベンション後は今年も秋吉台にも参りますっrun

う〜ん、、、どちらも行きたいのにいつも同時期に開催なので、

身体が2つほしいです…bearing


 
 
さて、今回、

コンベンションの2日目の
 
コンテンポラリーミュージックのコンサートで、
 
豪華な豪華な方々に混じって、私も一曲演奏させていただくことになっておりますconfident
 
残念ながら、

この公演のみのチケット販売はない…という情報なのですが、

コンベンションに参加される皆様、是非是非聞きにいらしてくださいませ〜happy01
 
 
 diamond diamond diamond diamond diamond

第15回日本フルートコンベンション
「コンテンポラリーミュージック」

  club8月20日(土)19:00〜
  clubびわ湖ホール小ホール


<出演/ Performers>
永井 由比/ Yui Nagai、増本 竜士/Ryuji Masumoto、神田 勇哉/Yuya Kanda
渡邊 玲奈/ Reina Watanabe、古田土 明歌/ Haruka Kotato、清水 理恵/Rie Shimizu
植田 恵子/ Keiko Ueda、清水 信貴/ Nobutaka Shimizu
若林 かをり/ Kaori Wakabayashi

ピアノ/ Piano:石橋 尚子/ Naoko Ishibashi、藤田 雅/ Miyabi Fujita
ギター/ Guitar:山田 岳/ Gaku Yamada

<曲目/ Program>
江村哲二:インテクステリア 第1番
中川統雄:ダークマター
アホ:soloⅢ
フィリップ= ユレル:エオリア
清水研作:アルカディアの森で
渡邊崇:TALK
武満徹:海へ
堀悦子:光の舞
若林千春:UTU…原響Ⅰ ~独奏フルートのために~(2001)

2011年8月10日 (水)

続・抹茶アイス@フランクフルト空港

前にもブログで取り上げた、

フランクフルト空港で食べられるハーゲンダッツの抹茶アイス。
 


この夏の帰国時に通ってみると、


大きな看板になってお店に張り出してありましたshine

Img_3931

日本のものがヨーロッパでも着実に受け入れられているの、

なんだかうれしいな♪

2011年8月 8日 (月)

桃狩り

イベント盛りだくさんだった、今回の長野滞在。


レッスンの合間を縫って、

桃と青リンゴ狩りをさせていただきました apple
 

Img_4018_4


Img_4022_4
 


リンゴ狩りは修学旅行でやらせてもらったけど、

桃狩りだなんて、初体験heart04
 
 

桃って、やわらかくて取り扱い注意thunderイメージが強かったのですが、

この桃は、固いのに甘いんですって。

固いなら、獲るのは簡単smile


こんなに沢山収穫させていただきましたよ〜
 

Img_4027_6


Img_4033_6


 
 

この夏の思い出がまた一つ増えましたclover
 
 

2011年8月 6日 (土)

ご来場ありがとうございました!

Img_4024


8月ですsun

私の大好きな向日葵の咲く季節。

(あ、今気付きましたが、向日葵もマンゴーも似た色だなぁ。。)

 
 


先週末から、

コンサート2つとその準備・レッスンなどイベント盛りだくさんで、

パソコンを開く暇もなく、音楽漬けの時間を過ごしておりました。

好きな事で忙しくしていられるって、本当に幸せな環境です。

 
 

お暑い中をご来場くださいました皆様、

本当にありがとうございました。
 

confident confident confident 
 
 

それぞれの公演で、

懐かしい生徒さんやストラスブールで出会った方との再会が出来たり、

新たな素敵な出会いもたっくさんで、

本当に充実した時間を過ごさせていただきました。
 
 
 

 clover clover clover 
 
 

今回つくづく感じた事は、

人前での1回演奏って、一人での何十回・何百回の練習に相当するくらい貴重なことだなぁ。

っと言う事。

 


演奏中って、

お客さんが乗って来てくださるか、音を受け入れてくださる体勢かって

ものすごーく感じるんです。

お客さんが聞く体勢でいて下さるのを感じられたら、

普段出来ないようないい演奏が出る事があるんです。
 
本当に不思議なんですが、事実なんです。
 
コンサートって、「作品」を通しての、プレーヤーとお客さまの対話だと思います。
 
 
 
今回、2つのコンサートの日程が近いのに、

両方とも曲目が違って両方とも結構ハードなプログラムで曲数も多くて、

ちょっと不安な気持ちがあったのですが、

お客さまに本当に助けていただいたコンサートでした。


もちろん、

共演者からもで沢山の事を吸収させていただけましたconfident

アンサンブルはやっぱり楽しすぎますhappy02
 

 

演奏会の裏側のお手伝いをして支えてくださった沢山のみなさま、

ご来場くださったみなさま、

本当にありがとうございましたclover

 


Img_4004


« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

YouTube

  • ベルトラン:「エクトラ」より第2楽章
  • ベルトラン:「エクトラ」より第3楽章
  • 細川俊夫:垂直の歌
  • シャリーノ:歓喜の歌
  • フォーレ:シチリアーノ(シシリエンヌ)
無料ブログはココログ