« 第15回日本フルートコンベンション | トップページ | おいしい☆桃のお酢 »

2011年8月17日 (水)

ぎっくり腰

実は、お盆前に、初ぎっくり腰体験を。。

 wobbly  wobbly  wobbly
 

ずいぶん前から、身体のバランスが崩れてた実感はあったのですが、

まさかホントにぎっくり腰になるなんて。。

くしゃみしても痛いし、床のものを拾うのにも一苦労するし…

腰の骨って、こんなにも大事なもんなんだ〜っと、

とにかくビックリしました。

 
 

即、お世話になってた整体の先生にお電話telephone
 

しばらく通えていなかったのに、

丁寧に姿勢や楽になる体操を教えて下さって、

数日後に施術していただいた時も

いろいろアドバイスくださってすっかり元気になりました。

 
先生、本当にありがとうございましたconfident
 
 
 
 

腰を悪くして改めて、

姿勢の大切さや、

姿勢と呼吸の深い関係に気付かされました。

 

普段の姿勢もそうだけど、

フルート吹いてる時も姿勢って本当に大事clover
 

 
姿勢が良くなる→いい呼吸が出来る

んですよね〜

 
当たり前の事だけど、必死に楽譜にかじりついてると

ついつい忘れがちな事ですsweat01
 

先生曰く、

姿勢が良くなると、思考回路も前向きになるんだそうで、

まさにいい事づくしflair

 
 

普段から気をつけて、心身ともに元気に過ごしたいものですcatface


« 第15回日本フルートコンベンション | トップページ | おいしい☆桃のお酢 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

僕は2007年から2010年まで三年間、腰や肩の施術をほぼ毎日受けてました☆
ジョギングは今も続けてまして、自分の本番の朝とかも早起きして数km走ってシャワー浴びてから会場向かいます。
走った後は呼吸(ブレス)の安定感が違います。

昨日はリサイタルのピアノ合わせでした!
ピアニストさんは日曜日にコンベンションでもピアノ伴奏されるらしいですよ。

あ!9月19日(祝)リサイタルはとても個性的なステージになりそうな予感です(笑)

***
運動の後は、確かに呼吸安定しますよね〜!フルートの鳴りも全然違う!…って私は日常に運動してないので、本当はしないとダメなんですが…(+ +)

2007~2010年と言えばレッスンに来ていただいていたときもですよね?毎日施術に通われていたとは…!その後大丈夫ですか?

私は万年肩凝りや偏頭痛もありますが、一昨年、とてもいい先生に巡り会えて、かなり助かっています。(フランスにいるのでなかなか通えないのですが...)

リサイタル、もう少しですね!
素敵な時間になりますよう、くれぐれも身体に気をつけて臨んで下さいね〜!!

無事に治ってよかったね〜!カラダの要と書くだけの骨だねやはり。
安心してお任せできる整体師さんがいらして羨ましい!

***
漢字ってホント良く出来てるよね!昔の人はすごいなぁ。

整体師さんも、相性とか腕とかあるよね〜
私が通ってる所は、歪み治したりも少しして下さるけど、メインは身体の癖とか、観察したり話聞いてくれて、解消する体操とかを教えてくれる「回復整体」系の先生で、私にはそれがすごく合ってるみたい。
東京でよい先生もご存知らしいし、よかったら今度聞いとくよ〜

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567294/52488496

この記事へのトラックバック一覧です: ぎっくり腰:

« 第15回日本フルートコンベンション | トップページ | おいしい☆桃のお酢 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

YouTube

  • ベルトラン:「エクトラ」より第2楽章
  • ベルトラン:「エクトラ」より第3楽章
  • 細川俊夫:垂直の歌
  • シャリーノ:歓喜の歌
  • フォーレ:シチリアーノ(シシリエンヌ)
無料ブログはココログ