« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月25日 (火)

またまた不思議で素敵なご縁

今年も語学学校に週2日通っています。

でも語学学校も今はバカンス。

 
今年、登録したクラスの先生、

とってもシステマティックで無駄無くて、

とにかく分かりやすく教えて下さいます。

しかもしゃべり方もすごく優しくてclover

いいクラスに入れたな〜wink
 
 

バカンス前の最後の授業の後、少し個人的におしゃべりしに行ったら

先生も昔、フルートやってらしたことが判明。

しかも先生、

あの有名な、Philippe BERNOLDさんと

コルマール(ストラスブールの隣町)のコンセルバトワールで同じクラスだったそう!!
 

もう一つ驚いたのは、

日本人の作曲家丹波明さんの奥様と、昔職場がご一緒だったそうで。。

丹波明さん、フルートの作品もあるのでもちろん知っていまたが、

奥様がフランス人だったとは。
 

不思議なご縁や驚きに溢れた出会いでした。

 clover clover clover

未だに毎日苦労が絶えないフランス語。。
 
がんばりますっ 

2011年10月22日 (土)

至福のひととき

ストラスブールはついに、朝夜0度snowの季節がやってきました。

2日くらい前、夜の外出に、たまらず真冬のコートを着用。

完全防御で出掛けてます。

 snow snow snow
 
今日から11/2まではトゥッサン"Toussaint"のバカンス。
 
 
最初は『フランスってバカンスだらけ〜っ』と思いましたが、

復習したり、次までにレッスンネタを溜めたり、 

もちろん、

ゆっくり休んだり、ちょっと旅に出掛けられるのも含めて

すごくありがたいhappy02

 
いろんな意味で、すごくよいシステムだと思います。
 

 maple maple maple
 
昨日は、

6月に演奏に呼んでいただいたお料理の専門学校にご招待いただいて、

ランチ食べに行ってきましたshine (そのときの記事はコチラ
 
 

料理コース、ホテルマン養成課程、ツーリスト養成課程

全部合わせて1200人の生徒さんを抱える大きな学校。

 
ランチの前に、学校の案内をしてもらいました。
 
 
6月に来た時は誰もいなかった大きなキッチンに、今回は生徒さんが沢山!!

お菓子を作っていたり、お魚さばいていたり、美味しそうなソースを作っていたり。。。
 
先生が大きな声で指導していて、この世界の厳しそうな一面もちょこっとだけ感じたり。。

 
 

ちょうど「秋の味覚特集」みたいな特別メニューの期間だったそうで、
 

前菜の前のamuse bouche→前菜→魚のプレート→お肉プレート→デザート・コーヒー

お飲物も
アペリティフ〜白・赤ワインをいただいて、

 
お昼からフルコースを堪能させていただいてしまいましたpig


Img_4134


Img_4135_2
 
(↑食べるのとおしゃべりに必死で、写真はコレだけしかとってませんでしたsweat02
 

お料理がおいしかったのはもちろんのこと、

レストランのサービスも本格的。
 
これも生徒さんがやっています。
 
高校生とは思えないくらいしっかりお料理の説明してくれる女の子、

ワインの説明をしてくれるソムリエの卵さんたち。。
 

先生もワインやお料理について説明して下さったり。。
・・・悲しい事に専門用語はほとんど分かりませんでしたがcrying
 
 
生徒さんにとっても、

充実の設備に囲まれて、

毎日本物のお客さま相手に、実践で学べる環境、本当に素敵だな。。


 
ちなみに、レストランには

私の大好きなMARC ROHTKOの作品のポスターが四枚くらい飾ってあって

さらにご満悦感UPcatface
 
 

私にとっては、
 
フランスで初めての「『完全』フルコース」体験だったかも。
 
どれもすごくすごく美味しくてheart02heart02
 
至福のひとときでした。 
 
 

招待して下さった方に感謝clover
 
 


ランチの後は、

敷地内にあるホテルの客室も見学させてもらいました。

客室は3室しかないものの、お部屋はキレイで広くて以外に穴場かも!?

・・・あ〜、ここも写真を撮るの忘れてたbearing

 

フランス語講座付きの、とっても貴重で素敵な経験が出来た一日でした。
 
 


ちなみに、

このレストランは、バカンスの期間以外は一般利用が可能だそうです。

↓↓↓
Lycée hôtelier Alexandre Dumas

 (レストランは、既に1月中旬まで予約がいっぱいだそうですthunder


2011年10月19日 (水)

ガーゴイル@ストラスブール大聖堂

またまた久しぶりの更新ですっ

みなさまお元気ですか??
 

ストラスブールは

あたたかい日もあれば、冬のような風を感じる日もあり、、

日々長くて重い冬に向かっているのを感じます。

 
 
私は、、、

レッスンに授業にマスタークラスに滞在許可証の更新に、、、

なにかと充実した時間を過ごさせてもらっています。
 


 maple maple maple

 

さてさて、
 

ストラスブールにはヴォージュ山脈の赤い石で作られた、

素敵な素敵な大聖堂がありますが、

その入り口にいるガーゴイルちゃん。

Img_4127_5
 


触ると幸運がやって来るんですって。


滞在三年目突入前にして知った情報。。

 
とにかく大聖堂全体のイメージが素敵すぎて、

入り口のガーゴイルに特に注目した事もなく。。。coldsweats01

 
早速触ってきましたpaper

 


その後、

楽しいコンサートに行けたり、

久しぶりにお会いした方と楽しくお話できたり。。
 

確かにいい事に恵まれたかもclover clover

 


教えてくれたフランス人に感謝っheart02

 
 

2011年10月 8日 (土)

第1日曜日は美術館Day

先週の日曜は

日帰りでスイス・バーゼルに行ってきました。
 
 
 train train train
 

ストラスブールからtrainで1時間15分で行けちゃうのは、

外国に行った感じがしない、不思議な距離です。

 
今回の目的は、美術館巡り。
 
バーゼルには、

市立美術館、現代美術館、バイエラー財団の美術館、ティンゲリー美術館、建築美術館、、、、

魅力的な場所が沢山shine
 

しかも、今回行ってみて分かった事。
 

フランスと同じで、

第一日曜日は多くの美術館(特別展を除く)が「無料デー」sign01

 
これは、見まくるしかありませんcatface
  

 
市立美術館は、

ピカソ・ルソー・クレー・ジャコメッティなど

素敵な作品が充実で

「コレ、教科書等でもみたことあるやんっ」

という有名なものもすごく近くで見られて

無料デーなのに、人も少なくて 大満足lovely


ここだけでもお腹いっぱいになりましたが、

歩ける範囲で、結局3つの美術館にいってきました。

 
 

美術館に行かなくとも、
 
駅から市内に行く時にある、テアトル前の広場には

現代美術作品が沢山。
 

黒いモノ達が始終水を出しながら動いている

ティンゲリーの噴水↓

Img_4120
 

Img_4114_6 
 
 
「茶色い鉄板」のイメージの

リチャード・セラの作品(中を通り抜けられる)

Img_4124


など、街角でもアートが楽しめます。

  

その代わり、日曜日は

スーパー含んでほとんどのお店(観光のお店は開いていますが)はお休みなので、

お買い物も沢山したい方にはちょっと物足りないかも…ですが。。

 

交通費も、お得な週末切符ALSAPLUS GROUPE JOURNEEを使ったら

dollarお得に充実プチ旅行ができちゃいました。


 

2011年10月 1日 (土)

ぽかぽか陽気

10月ですmaple
 

ストラスブールは最近、

ぽかぽか陽気sunが続いています。

日中はまだ、半袖にサングラス姿の人も沢山t-shirt
 

フランスでは、

9,10月になっても

まるで夏のようにお天気がいい日の事を、

『L'été Indien』(インディアンの夏)

と言うそうです。
 

「なんで、アフリカンじゃ無くてインディアンなの?」

と聞いてみましたが、何故かは分からないそうです。笑
 

教えてもらってから、

ラジオの天気予報を聞いていたら

確かに言ってました、「L'été Indien!!」
 

まだまだ言葉には苦労する事だらけの毎日。

知らない事、分からない事、沢山。。bearing bearing

1つでも分かる事が増えると素直に嬉しいです〜

Img_4105_6


« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

YouTube

  • ベルトラン:「エクトラ」より第2楽章
  • ベルトラン:「エクトラ」より第3楽章
  • 細川俊夫:垂直の歌
  • シャリーノ:歓喜の歌
  • フォーレ:シチリアーノ(シシリエンヌ)
無料ブログはココログ