« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月28日 (土)

続・フルートバッグ

本日のストラスブール、抜群のお天気ですsun
 
気温はただいま29℃!! 
 
 

昨日までは移り気なお天気で、晴れたり雨降ったり、

スプリングコート必須だったのに、

今日は皆さん、サングラスeyeglassにノースリーブt-shirt

日向はとにかくとっても暑い!!!!

  
一気に夏が近づいて来た感じです。

 

さっき、コピーついでに町に出てみたら

セールしている鞄屋さんを発見eye
 

なんとなーく入ってみたら・・・lovely
 
 

Photo_2
 
 
これなら、フルート、ギリギリ入るかもっflair

…と思ったとおり、ちょうどぴっっったりで入ってくれましたwink

 
しかもなんと、お値段セール価格で25ユーロcatface

持ち手部分はちゃんと皮なんですヨgood


 
普通のバッグでフルート(H管)入って、

コレほしい!!と思うのものってなかなか出会えないので、

ほんっと嬉しい出会い〜っheart02
 

 
最近はずっとNatsukoさんのリュックを愛用させまくっていただいてるのですが、

フルートだけしか持ってかなくていいときは、

この夏色バッグでちょっと気持ち入れ替えて

練習に励もうと思いますhappy01
 

 bud bud bud 
 
 
以下の写真は少し前に音楽院のそばで撮ったもの。

すっかり春真っ盛りです。


Img_5010_23


 

Img_5014

2012年4月22日 (日)

ストラスブールのワイン蔵~Cave Histrique des Hospices de Strasbourg~

cherryblossom cherryblossom 春休みです〜 cherryblossom cherryblossom 
 
 


今日はフランスの大統領選。。

今後のフランス国家の方向が決まる大事な日。。

結果の行方に注目ですthunder
 
  
cherryblossom cherryblossom cherryblossom
 

 
さてさて、

昨日は私が住んでいる所から徒歩10分くらいにある、

由緒正しきワインカーブに行ってきました。

Img_5047_3


diamond Cave Histrique des Hospices de Strasbourg diamond

1, Place de l'Hôpital
F - 67091 STRASBOURG Cedex
Tél. + 33 3 88 11 64 50
Fax + 33 3 88 11 50 40

Ouvert du lundi au vendredi
de 8h30 à 12h00 et de 13h30 à 17h30
et le samedi
de 9h00 à 12h30

開館時間:
月曜〜金曜 8:30~12:00, 13:30~17:30まで
土曜 9:00~12:30まで

 
 
このワインカーブ、1395年設立というからすごい歴史です。

門にもカーブの入り口の扉にもこのマークflair
 
Img_5041_3


Img_5042_8

 
こういうこだわり、好きだなぁ。。cat
 

このカーブのマーク(上記写真)がそのままワインボトルのラベルに使われていて、

結構その辺のお店でも見つけられますhappy01
 

ラベルは同じでも、
ぶどうの種類…リースリング、ゲブルツトラミネール、ピノ・グリ、ピノ・ブラン…で味覚が違うのはもちろん、
取れた年や畑によっても全然お味が違いますので、お口に合うものを探して下さいね。
 

Img_4143_2
 
 

昨日はこのカーブのディレクターさんにご挨拶に行くのが目的だったのですが、

ちょうど試飲会の日で、まさかの朝から酔っぱらいに…wine catface 

Img_5039_9
 

 
戦利品はコチラ。ちょっとcameraぶれちゃってますが…
 
Img_5038
 


このワイン制作者の方、日本にもワインを輸出しているそうで、

『ここにあるのとは違う種類だけれど、日本の「成城石井」で売っているはずよ〜』

と言ってました。

まさかフランス人から「成城石井」という言葉を聞くなんてっ!!!

今度帰国したら探してみようっと。
 
 

お土産ももらっちゃいましたheart02
 

Img_5050_3

  
  
 clover clover clover
 

前回の記事の「洗足現代音楽コンクール」、

旦那さんの作品、一位受賞させていただいたそうです。

応援して下さったみなさま、演奏に関わって下さったみなさま、

本当にありがとうございました。
  
音楽は順位付けできるものじゃないけど、

一位をいただけたことで、また再演していただけるチャンスをいただけたのは本当に嬉しいです。

次は会場で聞けたら良いな。。

2012年4月18日 (水)

洗足現代音楽コンクール

今日は嬉しいことがありましたshine
 

 
洗足現代音楽コンクールの本選会で、

旦那さんのオーケストラ作品の初演をしていただきました。
 

 
演奏していただける事が決まった時、

聞けないと思って諦めていたのですが、

少し前にたまたまネットでライブ放映があるのを見つけて、

これは見逃せないっeyeっと

授業終わってからすっ飛んでhouseに戻ってdash

無事鑑賞cat
 
 
実際の会場で生で聞くのとはやっぱり違うけれど、

でもフランスにいながら聞く事ができて本当に嬉しかった〜っshineshine
 

 
私は作曲家ではないので分からないですが、

オーケストラ作品って、楽譜書くのも大変そうなら、
(…机いっぱいに紙拡げてちっちゃな音符たちを並べてくワケだし…)

実際に音になる機会をいただけること自体も貴重なことなので、

今回こうやって、沢山の方々のお力をお借りして、

楽譜に命を吹き込んでいただけた事を本当に嬉しく思っていますconfident

…年末帰国したとき、時差ぼけと戦いながら

ひたすらパート譜作り手伝ったことを懐かしく思い出してみたり。。
 

初演に携わって下さった沢山の皆様に本当に感謝ですconfidentconfident
 

 clover clover clover
 
 

この本選会模様はネットで見られます!

力作ぞろいの4作品の一番最後(1時間12分頃から)が旦那さんの作品です。
 

   →→→洗足現代音楽コンクール本選会


 


2012年4月17日 (火)

Guérande の お塩

久しぶりにおフランスの食材ネタで。。

Img_5034_3

 
pencil ゲランドの塩 Gros Sel de Guérand Séché
 
    500グラム入り

    Le Guérandais
   (写真左下の絵が目印らしいです)
 
 
 
wave wave wave
 

こないだ塩が切れたので何気なく近くのスーパーで買って来たお塩。

妹が部屋で見つけて一言。

『これ、有名なお塩やで〜!!』っと。
 
 

普通にスーパーで売ってて(1.5〜2ユーロくらいだったかな?)

岩塩の詰め替えがこれしかなかったので買ってきた…

といういきさつなのですが、

良いものだと分かると嬉しいな〜catface

今度日本に買って帰ろうっと♪


普通の細粒塩もありました。 
 
 

私がいつも日本で使ってるヒマラヤ山脈?の赤い岩塩(これもけっこう普通に日本のスーパーでも売ってるものです)は

どちらかというと甘いお塩なのですが、

こちらはちゃんと塩辛さがあります。

そのまま食べるにはちょっと(私的には)塩気が強い!けど

お料理に入れると確かに程よくまろやかになって美味しいかも。

(変な『塩』っぽさが表に出過ぎずお料理の味をひきたててくれる感じheart02

 

日本でも買えるそうなのでご興味あればお試しくださ〜い♪
 

2012年4月13日 (金)

さ、寒い…

ここ数日、ストラスブールは移り気なお天気が続いています。

そして、

さむ〜〜〜〜いっっっsad
 

 snow snow snow
 
今日は 

今シーズンはもう着る事無いだろうと思っていた

ダウンのコートを引っぱり出して着用。。。
 

お陽様sun出てると暖かいのに。。。
 
今日も昨日も雨降ったり晴れたり…
 
 
Img_5006
 
 
今日、晴れ間に撮った 桜cherryblossom(おそらく桜…)@ストラスブール 

ワイン樽のそばに桜の木があるのは、

純日本人の私としてはなんだか不思議な感じがしなくもないのですが。。

でもとにかく、桜見ると落ち着きますcatface
 
 

 
さてさて、

実は昨日から、今度ルクセンブールで働くことになった妹が来仏。
 

ストラスブール〜ルクセンブールは国は違えど、

2時間半くらいで行ける距離train

家族が近くに来るととやっぱり嬉しいナァhappy01
 


Img_5007_2

 妹 avec カテドラル

2012年4月 7日 (土)

Pâques ~復活祭~です。

Img_4972_3

今年も、復活祭がやってきました。(昨年の記事は→コチラ
 
町にはウサギや卵の飾りが沢山shine
 
 
数日前までスプリングコートで充分なくらいsunだったのに、

ここ数日、お天気が崩れてまた少し寒さが戻りました。
 
 
今日はアルザス地方のみ特別祝日でした。

次の月曜はフランスの祝日。

と言う訳で、なんと今週末は4連休heart02

GWみたいな気分です♪
 
 
せっかくなので練習しだめせにゃ〜…と思っても学校は閉まっているし、

日曜日みたいにお店もレストランも閉店中。。。


久しぶりにゆっくり〜♪

と思っていたけど、

溜まっていた雑用していたらあっという間に過ぎ去りましたsweat02

 
 
今回UPしているのは少し前に撮った写真たち。

もうすっかり春ですbud
 

日本もそろそろお花見の季節でしょうか?

日本の桜cherryblossom見たいよぉ〜〜〜っっ

Img_4980


Img_4981


2012年4月 1日 (日)

やっぱりすごい。。。

実は、私たちがコンサートをした同じ日、

お隣のホールで

パリ音楽院のサックス教授、クロードドラングル Claude DELANGLEさんが

室内楽のコンサートをしてらっしゃいました。
 

彼は昨年、旦那さんの作品をイタリアで初演して下さる機会があったのに

その時は私、聞きに行けなかったので、

これは聞きにに行くしか無い〜!!!っと

自分のコンサート終わってから駆けつけると…

やっぱり、予想どおりの

すんばらしい演奏に圧倒!!thunder
 
 
プログラムも、

オケゲム Ockeghem のミサ曲

ベリオLuciano Berioのセクエンツに

今ご存命の、アミーGilbert Amy の作品
 
最初から聞けなかったのが、本当に残念。。。

 
 
でも運良くお時間が合って、

コンサート翌日に一緒にランチをご一緒させていただいちゃいました。catface

 
サックス聞いたら、どうなってるんやろ!?と思うくらいとんでもなく素晴らしい演奏されるのに、

お話してみると、とっても気さくな方。
 

私:「いつまでストラスブールにいらっしゃるんですか?」

クロード氏:『今夜帰るよ。今日はこのランチの後、マスタークラスやって、Amy氏の作品レコーディングして、パリに戻って、明日はIRCAMで若手の作曲家のレコーディングで…』

私:「それはお忙しいですね…」

クロード氏『う〜ん、忙しいのかな?忙しっていうか…、う〜ん、別に普通かな。』
 

・・・やっぱり、すごい方はどこまでもすごいです。。

一体いつ練習してるんやろ。。bearing
 

日本文化にとても好感を持って思っていて下さる、さわやかすぎる神父様で、

時々日本語の単語を思い出して話して下さったり。。とにかく素敵な方でした。

日本とフランスの教育の違い、社会のシステムの違い、習慣の違いみたいなことを

お話できた事は本当に貴重な経験でした。

 
 clover clover clover
 
私たちのコンサートに関して…


29日のコンサート、プログラム休憩なしでのコンサートだった為に、

少し遅れて来てくださった沢山の方が会場に入れず

外でお聞きになったとの事。。


せっかく来ていただいたのに申し訳ありませんでした。。

 
好評いただいて、実は公演第2弾を計画中ですので、

また是非お越しいただければ幸いですconfident

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

YouTube

  • ベルトラン:「エクトラ」より第2楽章
  • ベルトラン:「エクトラ」より第3楽章
  • 細川俊夫:垂直の歌
  • シャリーノ:歓喜の歌
  • フォーレ:シチリアーノ(シシリエンヌ)
無料ブログはココログ