« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

さようなら、夏休み…

気がつけば、もう8月も終わり。。

 
今日、買物に行った時、見つけた光景。

イートインコーナーの片隅に高校生くらいの子が陣取って、ひたすらお勉強。。

あっちでも、こっちでも。。
 
 
 pencil pencil pencil 
 

おそらく夏休みの宿題だよな〜。。

私も間際族なので、よく分かってしまう、

追い込まれてから燃える感じ(笑)
 
 
がんばれ〜っ

っと思って通り過ぎてから、
 
ふと、
 
こういう場所って

家にいたら取り付かれる欲望や他の事から切り離されて

以外と捗るだろ〜な〜。。
 
っと思ってみたり。
 
 catface catface catface
 

個人的には、今月は、

いろいろありすぎて、

時間が過ぎる実感が全然無いないままの1ヶ月でした。
 

譜読みしようと思っていた曲、やろうと思ってたフランス語、全く進まず。。sad
 

最近増えて来た、フランス語メールやストラスブールからのメールで、

イヤでも現実が見えてきました。
 

もうすぐフランス帰るのに、

試験もあるのにどーすんだろ、、ワタシっshock

 

2012年8月30日 (木)

紫式部のお墓

昨日、北大路のお茶道具屋さん巡り中、

紫式部のお墓を見つけました。

 
Img_5643_5

 
石山寺に式部ゆかりのお部屋があるのは知っていたけど、

こんなところにお墓があったなんて。。

 
しかもここの地名は「紫野」

なんだか不思議な偶然。。


2012年8月29日 (水)

元気のでること

今日は京都に行ってきましたtrain
 
Img_5642_3
 
 
帰国の度にいつもいつもお世話になってる

憧れのセンパイ宅へ

今回も楽器かついで押し掛けさせていただきdash

その後、これまた大学の大先輩にあたるステキなステキなオネエ様との逢瀬で

お茶・入門編を御指南いただいてしまいました。

 
  happy02  happy02  happy02
  
   
どちらも、とても貴重であっという間の充実した楽しい楽しい時間。。
   
  
  confident  shine  confident 
  
  


今日の戦利品は、、、

Img_5644_2


    japanesetea 入門用(お稽古用)のお茶お道具セット japanesetea 
 
  
実は先月、このオネエ様から、

こんなに素敵な袱紗ばさみをいただいてしまいました。
 
Img_5646


ぜんっぜん全く予想だにせぬ

いただきものに、びっくり!!
 

思えば昔から、

何度となくお茶席体験をさせていただく度に

「面白いな〜」っと思っていたワタクシ。。
 
そして、海外に行くようになって、

改めて「日本文化もっと知りたい(> <)」と

思っていた矢先の思いがけぬプレゼント。


本当にすごいタイミングとご縁ですが、

その道にも通じていらっしゃるオネエ様にお願いして

入門用のお道具を見立てていただく事になったのでしたjapanesetea
 
 
オネエ様ご自身は、海外用のお土産にもよく持っていって

お茶立てておもてなししていらっしゃるとか。。
 
 
私は自分練習用と海外用と2セット購入。

ナツメやお茶碗の柄はご一緒に見立てていただいて。。

 
あとは実践のみ!!
 
どうなりますことやら。。。catface


  japanesetea  japanesetea  japanesetea

 
 
ここ数日会った方々、

みんなそれぞれに私にとっては素敵すぎる方で

前向きパワー、いいオーラ沢山たくさんいただきました。
 

あぁ、

人とのつながりって本当にすごい。。。
 

生きるパワーをもらえる気がします。
  
 
私も誰かになんらかのよいパワーをあげられる人になりたいな。
 
素敵な人達に会うと、いつもいつも思います。
 

  clover confident clover

 

2012年8月27日 (月)

お久しぶりです!

あっっ!っと気がつけばもう8月も最終週。
 
 yacht yacht yacht 
 

もう1週間以上経過してしまってますが、

長野でのコンサート、今年も楽しい時間を過ごさせていただきました。
 

今年は東京からはるばる楽器屋さんが手伝いに来て下さったり、

中高の同級生や遠くは東京から聴きにお越し下さった方がいたり。。

毎年のようにお手伝いくださる沢山の皆様、ホールスタッフさん方、

いい雰囲気を作って聞いて下さってるに囲まれて、

今年もあっという間の時間でございましたhappy02
 
 
こんな時間が毎年のように持てる事、本当に感謝が絶えませんconfident
 
 
レッスンにも沢山の方が尋ねてきてくださって、

楽しみにして下さってる皆様がいて下さる事、本当に私の方が励みになっております。
 
ありがとうございますconfident

 
 confident confident confident
 
 
実は、

私事ですが、

先月末から相次いで親族が体調不良に陥ったこともあって、

すこし身辺バタバタしておりまして

沢山の方からご連絡等いただいていながら、

御礼やメールをする時間がなかなか思うようにとれません。。

本当にごめんなさい。。。

少しずつお返事していきたいと思っておりますので、待っていてやって下さい。
  
 

改めて、

家族が健康でいること(もちろん自分自身も)のありがたさ、

そして、

私がいかに今まで好きな事をさせてもらえていたか、

それがどれだけ貴重なことなのかを実感している最近です。

 
それから時間の過ぎ行く早さも。。


2012年8月14日 (火)

がくふは財産

気がつけば、

壁一面になりつつある

我が家の楽譜コーナー。。
 
 
Img_5602

とりあえずフルートコーナー、

アルファベットに並べ直して…
 
 
入りきらないから、

練習曲やアンサンブルは別の棚にして・・・
 
 
それでも入りきらないから、

邦人作曲家も別にして・・・
 
 chick  chick  chick

オーケストラのスコアとか、現代モノとか、合唱系とか

手がつけられない間に疲れて終了。。
 
 

楽譜は演奏者にとって財産!宝!だと思っているけど、 
 
ふと

ウチにある楽譜たち、

総額dollar一体いくら位なんやろう。。。

っとか思ってみたり。。。

 
私の楽器よりは余裕で高いだろうな。。
 
 
        catface

2012年8月12日 (日)

里帰りコンサート

立秋になったとたん、

過ごしやすい夜が多く続いています。

 
 maple   maple   maple 
 

蒸し暑さがぶり返した昨日、

私は、地元滋賀県の栗東音楽振興会さんの企画、

歴史民俗博物館でのミュージアムロビーコンサートに出演させていただきました。
 
 

共演は、ヨーロッパ在住でバリバリお仕事されているピアニストのお二人と、

ときどきフルート習いに来てくれるかわいいかわいい生徒さんhappy02
 
 
滋賀つながり&ヨーロッパでもお近くだったりする今回の出演者。
 
フランスかドイツでもなにかご一緒に演奏できたらいいのになぁ。。なんて思いつつ、

不思議で素敵なご縁に感謝です。 
 
 
 
普段はおそらく静かなロビーが、

昨日のコンサート前から人でザワザワ…eye

コンサート始まりで会場に入ると、

なんと入り口付近までたっっっっくさんのお客さま!! 
 
   eye   eye   eye

終演後に聞いてみると、

地元の方中心に、200名超え記録更新の来場者だったとの事shine
 
 
地元に根付いたこんな風な音楽の場があるって素敵だなぁ。。

これまで会を重ねて来られた主催者の方の努力あってのことなんだろうなぁ。と思いますconfident

そんな温かな演奏の場に、参加させていただけて、本当に幸せでした。

 

コンサートでは、

ヨーロッパ歴の長いセンパイ方に現地のお話いろいろお話いただいて
(私も初心者なりにお話させていただきましたがhappy01)、

フランスとドイツの違いを知る事ができたり、

なにより雰囲気良いお客さまと楽しい時間が過ごせて、

最近ちょっと元気無かった私としては

たくさん元気をもらえました。

ありがとうございましたconfident

 
コンサート写真、撮っていただいたので、

またいただいたらアップしたいな〜っと思ってますっ


2012年8月 7日 (火)

8月18日(土)婆娑羅等9コンサート

コンサートのご案内です♪


Photo


この婆娑羅等コンサート、今年でなんとはや9回目!

開催時期は秋だったり梅雨だったり、、、

去年からは私の帰国の関係で、8月開催でやらせていただいておりますが、

毎回沢山の方々のご協力で開催させていただいているこのコンサート、

毎年お目にかかるお顔や新しい方々、フルート抱えて制服で聞いてくれる学生さん達、、

本当にたくさんたくさんの皆様に支えられて

毎年楽しいひとときを過ごさせていただいております。

そして沢山成長させていただいておりますconfident
 
 
  confident confident confident

 
9回目の今年のテーマは、生誕150周年のフランスの作曲家「ドビュッシーshine
  

印象派の画家たちが、光をキャンパスに取り入れようとしたように、

ドビュッシーも、音楽に光や水の揺らめきや色を取り入れ、革命をもたらした偉大な方。

私はドビュッシーの曲聞くと、月並みですが、モネやスーラの絵画が浮かびます。
 

(ちなみに、ドビュッシーさん、日本画もお好きだったようで、

「海へ」のスコアの表紙には、ご自身のご希望で

葛飾北斎の冨嶽三十六景の波の構図が使われたのだそう。 wave wave 

フランス音楽好きな日本人としてはなんだか嬉しいのデスcat

 
 
そのドビュッシーの

有名なピアノソロの前奏曲集から抜粋、

フルートソロの『シリンクス ~Syrinx~』、

ものすご〜く素敵な作品だけれど、フルーティストにとってはちょっと気の重い!?
牧神の午後への前奏曲 ~Plélude à "L'après-midi d'un faune"~ 』、

そして、私の大好きな『ソナタ ~Sonata~ 』をフルートとピアノヴァージョンで。
(原曲はヴァイオリン+ピアノです)

 
これだけでも十分盛りだくさんですが、

今回も「婆娑羅等」らしくっ↓↓


今年ご逝去された作曲家の林光さんのフルートとピアノのための小品、

(林光さんのお姉様はフルーティストだったのです)

そして、若林千春作品から『UTU』と『玉響Ⅳ・Ⅴ

そしてそして、

「牧神」つながりで、

イタリアのまだご存命の作曲家、シャリーノ(sciarrino)の『牧神~D'un faune~』

もやっちゃいます。(ちゃんと調べてませんが、この曲、もしかしたら日本初演かも!?!?しれませぬっ)
 

その他、いつものように、親しみやすい作品達もご用意いたしておりますcatface
 
 
「目指せ、幕の内弁当!」のこのコンサートプログラム、
 
今回も、プレーヤー的には、完っ全に首絞めてますっっsweat01 coldsweats01

 
 
 chick  chick  chick

 
そして更に新企画!

コンサート後には、「上手なアンサンブルのためのヒント」というお題で

知ったら得する!? アンサンブルのヒントについて、

ソリスト目線/ピアニスト目線でトークしますkaraoke
 
 

演奏していらっしゃる方はもちろん、

演奏経験が無い方でもきっと楽しんでいただける、

コンサートの裏側的トークになる予定でございます。

 
沢山の方のご参加、お待ちしていますshine

楽しんでいただけますように〜〜happy01


2012年8月 3日 (金)

最近負けたと思った事…

夏真っ盛りsunsunsun


ロンドンもオリンピックで熱い!けど、

気候的には涼しそうでいいになぁcat…なんて思ったり。。

  
 
最近の我が家の流行

おばあちゃんから届いた野菜達で、

冷製パスタ"カッペリーニ"と、じゃがいもと豆乳の"ヴィシソワーズ"
(写真、切れちゃってますが…)

Img_5594
 
体のためにはあたたかいものも食べなきゃですが、

ときどきはいいですよね。

といいつつ、夏バテ気配はありませんが。
 
お刺身や和食もほぼ毎日堪能しておりますdelicious
 
日本はほんっと、ご飯が美味しいっhappy02
 

   wave  wave  wave


 
今年になって負けたと思った事。。。

 
sun sun 太陽光 sun sun 
 
 
今年、5月末くらいだったかな、

ストラスブール、一時期夏先取りのお天気だった頃、
 
とにかくsun光が眩しすぎて目が開けてらんないっ
 

wobbly wobbly wobbly
 
と言う訳で、

早速サングラスを購入eyeglass
 
 
私はこれまで

特に必要に迫って「サングラスほしい〜っ」っと思った事無かったのですが、

(↑おそらくこれがそもそもの間違いだったのかもdespair

初めて行った年から何人かの友人に「目eyeに悪いから、サングラスかけた方がいいよ〜」と

忠告されてたのに。。。)
 

今年はどうしても耐えられず、

お天気良くて外出するときはほぼ必須状態で着用しております。
  
  
ヨーロッパはおそらく日本よりも太陽光が強くて元気なので、

サングラス着用度日本より高いのです。
 
なんでも、青い目の方は特に日差しに弱いらしい。

(日本の日傘さしてる人の度合かそれ以上にかけてる人多い気が。

日傘さしてる人は、ほとんどいらっしゃらないんですが。)
 
 
日本もヨーロッパよりはマシといえども眩しいッス。。

 
eyeglassかけると人相?変わるので、友達にも気付かれなかったり、

逆に気付かなくって挨拶されて「はて、どなたでしょう??」って思う事も度々ですが、 

とにかく目を守るためにっっsweat01

眉間に皺よるとお肌にも悪いしっthunder

 
 

ウ〜ン、、、

それにしても

明らかな老化を感じた瞬間でした。
 
 


« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

YouTube

  • ベルトラン:「エクトラ」より第2楽章
  • ベルトラン:「エクトラ」より第3楽章
  • 細川俊夫:垂直の歌
  • シャリーノ:歓喜の歌
  • フォーレ:シチリアーノ(シシリエンヌ)
無料ブログはココログ