« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

切手@フランス→日本へ

日本に送るmail用の切手を買いに郵便局へfoot
 

フランス→日本へは、現在、

1通(おそらく20gまで)ハガキでも封書でも0.89ユーロで送れますairplane
 

去年だったか、ほんの少しだけ値上がりしました。
 
 
いつものように、記念切手を見せてもらったら、その中にこんなのが!

 
Img_5938_2

 

「空手道」って!?!?
 
思わず、これは日本の記念切手かしら?と思ってしまうようなデザインsmile
 
 
思えばたしかに、

フランスでは「柔道」「空手」「剣道」「合気道」「禅」など

やってる方・知ってる方がすごく多いのを感じます。
 
 
 
この前ストラスブールでやってた

La Foire Europeenne de Strasbourg』でも、

フランス人による柔道や剣道や合気道のパフォーマンスを沢山やってたな〜。。

 
 
日本に手紙を送るのに、

わざわざこの切手を使うのはどうかな?と思いながらも、

1枚買ってしまったワタクシなのでしたcatface
 
 


2012年9月28日 (金)

最近ココロ惹かれたもの

ベルギー@ブリュッセルで出会った、

衝動的にとてもとても心惹かれたモノ・・・
  
 
Img_5846_4
 
 
これ、時計なんですshine
 

 clock clock clock
 

upはフランス語。 
 

そして英語バージョン↓
 
 
Img_5847
 
 
camera取り損ねたけど、他のバージョンもありました。

 
5分毎に表示が変わる仕組み。
 

なぞなぞみたいで面白すぎるっlovely
 

 
一目惚れで、

ものすご〜くほしい衝動に駆られたけど、

衝動買いするにはお高かったdollarのでとりあえず断念。。despair

 
う〜ん、久々のヒットでした。

2012年9月27日 (木)

ストラスブール現代音楽祭"MUSICA"

今年も始まっています!

ストラスブールで毎年行われている現代音楽祭 MUSICA


Musica_2

今年のテーマは、

あの『4分33秒』でも有名なジョン・ケージ JOHN CAGE
 
 

音楽というよりは、

彼の発想の豊かさ、目の付けどころ、考え方の方向がとても面白いなぁ。

こんな風な裏事情があって、こんな音の実験にたどり着いたんだぁ。。。
 

・・・と、いつも関心させてもらいます。 
 
 
 
ケージ以外にも、

映画がらみの企画があったり、

ダンスの企画があったり、

ピンクフロイドのコンサートもあったり、

もちろんバリバリ現代音楽の企画もあったり、、、

今年もめいいっぱいの充実プログラムですsmile

 


 

2012年9月26日 (水)

べるぎー*Belgique*Gent→Brussels

今週、家族が、弾丸旅行に来てくれたので、

ベルギーのGentにある、ファン・エイクの祭壇画を見に行ってきましたfoot


ストラスブールからベルギーは鉄道でも行けますが、

今回は時間もないし、ちょうどストラスブールからブリュッセルまでairplane直行便があったので、それを利用。

飛行時間、実質45分! airplane大阪→東京と同じくらい!?
 

ブリュッセルからGentまでは電車で1時間ほど。

Img_5822

町並みです。。

Img_5815_3


Img_5807_10

Img_5791_6


このお向かいに、ファン・エイクの祭壇画のある教会がありました。

一部修復中でしたが、メインは見られて、しかも、日本語の解説ガイドが無料で借りられました。

 
  train  train  train
 
その後、ブリュッセルへ。

ナンシーを彷彿させるような、黒と金の装飾がまぶしい"グランプラスGrand place"

Img_5834_4

Img_5833_3


華やかなショッピング街shine "ギャルリー"


Img_5849

 
お散歩中にコンセルバトワールにも出会いました。
 
Img_5872_6
 
 

展示の仕方がすごく面白かった、

マグリット美術館 Musée Rene Magritte

Img_5896_2
 

マグリットの絵には、中学生の頃だったかな?1枚のポストカードで出会いました。

暗い海に大きな鳥が飛んでいて、その鳥の中が全部青空。

空想娘には堪らない構図だったんでしょうね、

マグリットの名前も全く知らず、買ってしまったのを覚えてます。
 

そこで、1971年に日本で開催されたマグリット展のポスターが!

Img_5893


40年前なのに、こんなに綺麗なカラーポスター!
 
 
そして、

美術館を出たところからの町の眺め

Img_5898

 
今回は結局行けなかった、

マグリット美術館のすぐそばの楽器博物館

Img_5899_2
 
 


フランドル派の画家の作品が沢山ある、

ベルギー王立美術館 Musées Royaux des Beaux-Arts de Belgiqueでは

David画伯の書いた、あのフランソワ・ドゥビエンヌ氏の肖像がっ!!flair
 

あんなに難しい超絶技巧の作品をいっぱい残してくださって、、、

ご本人、すんごくフルート上手かったんだろうな。。
  
 
縁起担ぎ!?にご一緒に記念撮影camera

Img_5880_15


フルート、うまくなれますように。。


2012年9月24日 (月)

行ってきました!La Foire Europeenne de Strasbourg

早起きしてルガーノからストラスブールtrainへ戻って、

お友達とヨーロッパ見本市"La Foire Europeenne de Strasbourg"に行ってきました♪
 

Img_5769_2
 

Photo_9
 
 
この日は、最終の週末ということもあって、人・人・人…wobbly

 

日本食レストランも売り切れ続出で、この日は「定食」全メニュー既に売り切れ。。。

 
Img_5775


Img_5776_2


日本人には珍しくない色彩、雰囲気…

なんだか夏祭りの露店にでも来たかのような気分happy02

Img_5780_5
 

Img_5779_4
 
中には、ヨーロッパと日本のコラボレーション!?

オリジナルにアレンジされたこんなお洋服のお店があったり。。。

日本人の私には「う〜ん、、、これはいつ着るんだろ??」と思っても、

一緒に行ったフランス人のお友達は結構気に入っている模様。

確かに、ヨーロッパの方がこんなのを着ると「オシャレ」になっちゃうのかも。。
 
 

Img_5770

見つけちゃったっheart04

大好きな山口のお酒、ダッサイheart01

もちろん、お友達にもお薦めして一緒に試飲bottle
 
 

そして、何故か「ワタシ」が自分用の小物を買ってしまいました。

スイス・フラン用の小銭入れcat
 
 
Photo_11
 

 
お隣では、イタリア物産展が。

お友達が「これpig、むっちゃおいしいよ〜!」と教えてくれたんだけど、

売り方が余りに強烈で、、shock

わざわざ頭にナイフ立てなくてもいいのに…wobbly


Img_5782

2012年9月22日 (土)

ルガーノ*Lugano*

スイスの南の小さな町、ルガーノに行ってきました。
 
Img_5494_3


Img_5495


ストラスブールから、電車で6時間。

イタリア・ミラノの北、コモ湖などの美しい湖水地帯が広がる場所です。

ミラノからはtrain1時間くらいで来られて、自然は綺麗だしイタリアより涼しいし・・で

沢山の方が観光・避暑に来られるんだそうです。
 

私、5~6年前にイタリア旅行して感動した、

ストレーザ・マッジョーレ湖のイゾラ・ベッラにもお近くheart04
 
 
ルガーノにもルガーノ湖と言う湖がありますdown
 
Img_5498_4
 
ここからの夜景がすごく綺麗でしたshine

cameraにはうまく撮れず。。

 
 
と言う訳で、

このあたりの言語は、イタリア語。

スイスは小さな国ですが、

フランス語・ドイツ語、イタリア語、ロマンシュ語の4つが公用語と言うから驚きです。
 

電車に乗っているうち、車内放送が自然とフランス語→ドイツ語→イタリア語に。。

乗ってる方の話してる言葉もさまざま。
 
日本で育った私にとっては本当に不思議な体験です。
 

 
使うお金dollarもスイス・フランですが、

クレジットカードは使えるし、ユーロでも支払い可能なお店もあったり。

国境のバーゼルではユーロで払うと、おつりをスイス・フランでもらえます。
 

・・・なんか、頭がこんがらがります・・・wobbly
 

 train  train  train
 

スイスと言えば、車窓からの風景。

自然が綺麗すぎて、力強い!!

Img_5738

Img_5748_6


ルツェルンからルガーノまでの山岳地帯、

もうすっかり雪が。。寒そう(> <)
 
でも、ルガーノは南なので、まだ暖かです。

  foot  foot  foot

ちょっとおもしろいルガーノ駅の地下道。

Img_5510_2
 

Img_5506_14


Img_5508_13

コレ全部、新聞紙!

落書き防止対策にはいいかもbleah


 
駅の裏側の出口には

日本人には近親感を覚える盆栽チックに刈り込まれた木を発見catface


Img_5503_2

実際は盆栽よりずいぶん大きいんですけど。。。
  
 
私の行った日、

ルガーノのコンセルバトワール前に、こんなにかわいらしいミニ電車がtrain

Img_5763_3

なんでも、この日は特別だったそうで、普段は湖側を走っているんだそうですヨ

2012年9月13日 (木)

第80回ヨーロッパ見本市 "La Foire Europeenne de Strasbourg"

ストラスブールでは 、9月17日までの期間で、

第80回ヨーロッパ見本市"La Foire Europeenne de Strasbourg"

が開催されています。
 

今年は初めて、日本が招待国に選ばれたのだそうで、

様々な日本関係のお店が出展しているとのこと。
 

鉄道駅にもトラムの駅にも、そこらじゅうにポスターがあります。


Img_5731_2


Img_5729_30


同じ所に住んでいる子達、既に行って来たとの事。

あんなのがあったとか、こんなのが面白かったとか話してくれますhappy01

日本の文化や食べ物を海外の沢山の方に知っていただけるのは嬉しいな。
 

ワタシ、明日からスイスに行くので、

ちょっとバタバタだけど、

時間があったら行きたいな〜catface
 


2012年9月12日 (水)

戻ってきました!

Img_5734_15

懐かしのストラスブールに戻ってきました〜。

いろいろあって、当初の予定より1週間遅い到着になりました。
 
極めつけは、飛行機会社の手違い?で、

前日まで飛行機に乗れるか分からないあり得ない状況もあって、

どうなることかと思いましたが、

とにかく戻って来られて良かったです。
 
 
この夏はいろいろありすぎて、

一時期は本当にもう日本に完全帰国しようかとも考えましたが、

家族の協力や後押しと、沢山の方々のお陰で

戻って来られることになりました。

本当に感謝!
 
 
いろんなコト考えるけど、戻って来たからにはやれるだけの精一杯を尽くさねば。
 
 

この夏の大きな収穫は、

「なるようにしかならない」事があるんだということを知ったこと。
 
そして、『諦める』の語源が「明らかに見る」なこと。
 

もちろん今までに、

叶わなくて悔しかったり悲しかったり、力が及ばなくて出来ない事は沢山ありましたが、

なんとなく、フレーズの響きがネガティブっぽい気がして使うのが嫌だったこのフレーズ。


でも、ネガティブでも何でもなく、

この言葉通り、

「なるようにしかならない」

事ってあるんだな。。っと。

 
そして、それを「明らかに見なければならない」て、

今後の方向性を見極めなければならないこと。
 

貴重な体験です。
 
 

2012年9月10日 (月)

エッシァー展@佐川美術館

チラシを見つけてから、

ず〜っとず〜っと行きたかった

エッシャー展に駆け込みで行ってきました。
 
Img_5691


最終日、

なんと、まさかの3時間待ちwobbly
 

私だけだったら絶対めげてる所だけど、

せっかくおばーちゃんも一緒に来たんだし、、

と言う訳で、入場を決断。
 

最高記録に近いかもな。。待ち時間。

数年前、東京であった『モネ展』は待ったの2時間くらいだったっけな??
 

地元なのに、そして、存在は知っていたのに

今まで一度も行った事がなかった佐川美術館
 

すご〜く綺麗な建築shine

琵琶湖大橋の近くにこんな素敵な場所があったなんてっhappy02

(そして、その美術館で、まさかの3時間待ちを体験するなんてっcoldsweats02

Img_5696


Img_5689

 
この美術館、

企画展の他に、平山郁夫館、佐藤忠良館、樂吉左衛門館の3つの展示があります。

エッシャー展だけで3時間もただ並ぶよりは…と、

全ての館を鑑賞foot  foot  foot
 

平山郁夫先生と言えば、私が大学生だった頃学長を務められていらっしゃったお方。

教育実習に行った時に、手みやげにと先生の作品をほどこした扇子を実習先に持参させていただいたなぁ。。なんて思い出してみたり。

地元の滋賀にこんなに作品があったなんて知りませんでした。。
  
 
なかでも私にとって印象的だったのは、樂吉左衛門館

Img_5692
 


まず、作品の展示に行くまでにこんなに素敵な空間shine
 
Img_5670


Img_5678_2


作品の展示の仕方も、一つ一つの作品が大切にされている感じで、

なにより、空間を含んで全てが素敵でしたconfident
 
 
あんなお茶碗でお抹茶飲んだらさぞかし美味しいやろうな〜。。catface

お茶碗割らないかに気を取られすぎて、飲んだ気しないかな?
 
   

わたくし、個人的に一人の作家さんの作品をじっくり見ていくのって好きなので、

こういう展示いいな〜と思いますcatface


もちろん、エッシャー展も本当に閉館ギリギリに並んで堪能。

すんごい人だかりだったけど。

見てると頭がおかしくなってく感じ、好きです♡笑

2012年9月 1日 (土)

くろまめ

先日のこと、

ちょこっと時間ができたので、

大阪の伊勢丹を初散策eye
 
 
美味しくて思わず買ってしまったお土産品
 
shine 善祥庵 の 黒豆 shine

 

Img_5650_7
  
 
『やわら』『ふくみ』『からり』の3種類、

それぞれに触感がちがうけど、

どれも自然の甘みで美味しいdeliciousheart04


私はかわいらしい小袋がついた3種類セットを購入happy01

ぐふふふcatface
 
 
 
美味しいものに出会ったときの、

こういう、ちょこっとしたシアワセ、

嬉しいな〜heart02

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

YouTube

  • ベルトラン:「エクトラ」より第2楽章
  • ベルトラン:「エクトラ」より第3楽章
  • 細川俊夫:垂直の歌
  • シャリーノ:歓喜の歌
  • フォーレ:シチリアーノ(シシリエンヌ)
無料ブログはココログ