« 笑えるおみやげ | トップページ | 懐かしき… »

2013年7月25日 (木)

本番ラッシュいよいよ到来っ

いよいよ来週から、

 

怒濤の本番ラッシュがやってきます。 

 

まだ届かない楽譜もそれなりにありますが、

 

届いた楽譜もまだまだ捌ききれていない状態…

 

  shock  shock  shock 

 

昨日は、

久々に初心に帰るべく、

 

マウスピース(頭部管)のみの基礎練習を徹底してみました!!

 

 

Img_7548

 

…というのは半分冗談で、

 

9月のTEFコンサートで演奏させていただく作品の1つに、 

 

頭部管のみで演奏する楽章があり、

 

普通は、フルートの頭部管だけでは音階は奏さないので、

 

(そして、こんな風になってる楽譜を奏でるのは私は初めての事なので)

 

どうやったら

 

楽譜に書かれた音程を頭部管のみで奏せるかと格闘しておりました。

 

Img_7544
 
 

楽譜中の『Tête de la flute』というのが「頭部管で」ということで、

 

音程を変えるために頭部管と本体の接続部分を塞いだりして、

 

微妙にその塞ぎ方を変えて音程を調整するのですが、

 

忠実に書いてある音程にあてようとすると、

 

これがなかなか繊細でムズカシイbearing

 

音程を気にしていたら、ほぼ一小節毎に変わる拍子について行けず…

(しかも、4分の○みたいな分かりやすい拍子ではなくて、

16分の11とか、16分の5とか、

なんだか微妙にややこしいんです。)

 

 

効果としては、

カッコウみたいな鳥ちゃんが鳴いているようなイメージの音が出るので、

きっと、

聞いていたら、ただ遊んでるように聞こえるんだろうけど。。

 

楽譜がないインプロも難しいけど、あるのはあるで難しいなぁ。。と思ってしまう、このごろ。

 

 

楽しめる所まで行けるよう、譜読みとワザ開発、がんばりますっ

 

 

« 笑えるおみやげ | トップページ | 懐かしき… »

♪音楽・フルート」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

中国の、吐良(トーリャン)みたいな、演奏法になるのでしょうか?
失礼ながら、「鳥ちゃんが鳴いてるような」って、ほほえましく、おもってしまいました。

***
 
そんな面白い演奏方法の笛が中国にはあるのですか!知りませんでした。さすが百本八本さん!
 
世界の笛って奥が深すぎるので、ちょっとずつでも勉強して行きたいと思います。
面白い笛族、またいろいろ教えて下さい(^ ^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567294/57857927

この記事へのトラックバック一覧です: 本番ラッシュいよいよ到来っ:

« 笑えるおみやげ | トップページ | 懐かしき… »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

YouTube

  • ベルトラン:「エクトラ」より第2楽章
  • ベルトラン:「エクトラ」より第3楽章
  • 細川俊夫:垂直の歌
  • シャリーノ:歓喜の歌
  • フォーレ:シチリアーノ(シシリエンヌ)
無料ブログはココログ