« 一時帰宅! | トップページ | レコーディングしてきました! »

2013年9月16日 (月)

ありがとうございました!!

12日のコンサート@サントリーホール『光の蜜からドローンまで』、
 
無事終演いたしました。
 

Img_7760

 
 
とっても魅力的な、現代の室内オーケストラ作品を取り上げた演奏会、
 
私は後半3曲に出演させていただきました♪
 
 

私は個人的に大好きな、
パリ在住のイタリアの作曲家、フィリディ作品では、
 
不思議な「音note」が沢山。
 
 
奏者は専門楽器以外まで担当して、いろんな不思議音を奏でました。
 
ホルン奏者はホルンのように曲がったホースを吹いたり、
 
トロンボーン奏者はハーモニカ、
 
コントラバス奏者は、水の入ったワイングラスを奏でたり。
 
他にも、鳥笛を吹いたり、ホースを振り回したりする人がいたり。。。
 
 
フィリディ氏にかかれば、梱包材のプチプチまで音楽の一部。
 
 
ちなみにワタクシはというと、その中では普通で、
 
アルトフルートとフルートとフルートの頭部管担当でした。 
 
 
 
彼とは、武生でもご一緒だったのですが、
 
今月末にはストラスブールの音楽祭でも作品がとりあげられるので、そのときストラスブールにいらっしゃるとのこと。
 
また再来週にはお会いできそうですhappy01
 
音楽界ってほんっと世界が狭いです。
 
 
 
 
パリ音楽院の現役学長である、ペソン氏の”5つのシャンソン”は、
 
透明感のあるすごく綺麗な作品。
 
なんとワタクシ、この作品の1つの楽章で、
 
フルートの頭部管のみを使って鳥ちゃんの真似をしましたっ
 
人前で頭部管だけで2分くらいも演奏したのって、(しかも楽譜を見て演奏したのって)人生で初めてでした。
 
 
 

ジョドロフスキのドローンは、
 
蜂の羽音というだけあって、めまぐるしい超絶技巧のフリージャズのよう。
 
超細かく、♪が並んでいて、
 
体力勝負の作品でした。 
 

なかなか聞けないこだわり作品ばかりの一夜、
 
演奏は大変でしたが、いい経験が増えました。 
 
 
  clover clover clover clover
 
 
出演者は、
 
秋吉台や武生の音楽祭でご一緒だったメンバーもいたり、
 
初めてご一緒させていただく方もとても素敵な方ばかりで、
 
そのお陰で楽しくリハーサルできました。
 
 
客席には
 
これまたご一緒だった作曲家や指揮者の先生方もお越し下さり、
 
終演後や打ち上げでお話できたりもして、
 
なんだかまだ音楽祭が続いているような感覚のままの今週でしたが、
 
それも今回までで、みなさんともしばらくお別れ。
 
 
またお目にかかれる日まで、がんばって精進したいです。
 
 
当日になって駆けつけてくれた友人達もいたり。。
 
本当にありがとうございました。 
 
 
   confident   confident   confident 
 
 
 
今はBSでルツェルン音楽祭の放送を見ながら、
 
明後日からのレコーディングに向けての楽譜整理pencil
 
来週以降の事務作業などしてますっ
 
すること山盛りっ…がんばりま〜す! 
 
 
 
 

« 一時帰宅! | トップページ | レコーディングしてきました! »

♪過去のコンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567294/58201041

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとうございました!!:

« 一時帰宅! | トップページ | レコーディングしてきました! »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

YouTube

  • ベルトラン:「エクトラ」より第2楽章
  • ベルトラン:「エクトラ」より第3楽章
  • 細川俊夫:垂直の歌
  • シャリーノ:歓喜の歌
  • フォーレ:シチリアーノ(シシリエンヌ)
無料ブログはココログ