« MUSICA : Ensemble intercontemporain | トップページ | ありがとうございました from ドイツ »

2013年10月14日 (月)

貴重な体験

先週のドイツ往復に引き続き、
 
今週はルガーノでの試験と履修手続きのために
 
スイスに行っておりました。 
 
Img_7811
 
ストラスブールも寒いけど、ルガーノはさすがスイス。
 
山の上には既に雪snow
 
ダウンコートを活用して過ごしておりました。
 
日本の真夏日更新とは真逆の生活ですね。
 
 
自分の試験はなんとか無事終了。
 
無事2年目に進める事となりました。 今年も引き続き頑張ります。
 
 
  catface  catface  catface 
 
なんと、私の試験の翌日から、
 
フルート教授のポストの試験が行われるとのこと。
 
書類審査に通過した、
 
それこそ世界の第一線で活躍するオケマン・音大の教授の方々が4日に渡り、
 
入れ替わり立ち代わり試験を受けにいらっしゃるとのこと。
 
 
しかも試験は面接以外公開!!
 
なんて素晴らしいシステムshine 
 
これは聞くしかありません!ear
 
 
試験は
 
・リサイタル(30分)
・レッスン(30分×2名の生徒)
・面接
 
審査員は学長を初めとする関係者5名でした。
 
 
素晴らしい方のリサイタルを間近で聞けて、
 
その方の音楽や音色や解釈を感じられたのはもちろんですが、
 
その直後に、
 
レッスンの進め方/作品への視点/生徒さんとの接し方を見ることができたので
 
その人の考え方・音楽において大事にする事がもの凄くわかる気がしました。
 
リサイタルで見せるちょっとした仕草や態度で、
 
その人がその後どんなレッスンをされるか想像出来る事もあったりして、  
 
やっぱり、演奏ってその人の人格全て出るんだなぁ。。と改めて思いました。
 
 
  bud  bud  bud 
 
私は日本に帰らねばならないので、
 
2日しか聴講できず、続きが聞けないのが残念でしたが、
 
思わず、本当に貴重な経験が出来ました。
 
よい先生が来られますように…
  shine  shine  shine
 
さて、これから、
 
週末の滋賀でのコンサートのために
 
ミラノの空港から日本に向けて出発しま〜す!
 
台風に負けず、無事到着できますように…
 

« MUSICA : Ensemble intercontemporain | トップページ | ありがとうございました from ドイツ »

♪音楽・フルート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567294/58383305

この記事へのトラックバック一覧です: 貴重な体験:

« MUSICA : Ensemble intercontemporain | トップページ | ありがとうございました from ドイツ »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

YouTube

  • ベルトラン:「エクトラ」より第2楽章
  • ベルトラン:「エクトラ」より第3楽章
  • 細川俊夫:垂直の歌
  • シャリーノ:歓喜の歌
  • フォーレ:シチリアーノ(シシリエンヌ)
無料ブログはココログ