« 1月17日アンドレ・ジョリヴェ コンサート | トップページ | マスク習慣のないヨーロッパ »

2014年1月28日 (火)

マスタークラス@ストラスブール音楽院

日本でのコンサートの後、
 
ストラスブールに戻ってきまして、合わせやコンサートのリハーサル、
 
マスタークラス…充実音楽三昧です♪
 
 
今年は、ストラスブール音楽院主催のフルートのマスタークラスがてんこもりhappy02
 
先週は、2つのマスタークラスが同日に行われ、
 
朝から晩まで学校に缶詰でした。 
 

Img_8074_4

 
Img_8075
 
 
2つのマスタークラス、正統派クラシックとジャズ系インプロと正反対のもの。
 
 
どちらも興味深い内容でした。
 
 
パトリック・ガロワ先生の講義、 
 
ウワサには聞いていたけれど、
 
引き出し・ユーモア・音楽の魅力満載で、
 
体験できて本当によかった!!!!! 
 
   happy02  happy02  happy02
 
論理的に裏付けされて、かつ、ユーモアを含んだ
 
モーツァルトやバッハの解釈を
 
彼の生演奏付きで聞けたのはもちろんですが、
 
ゴーベールのソナタ、イベールやジョリヴェのコンチェルトを
 
美しい音色で豊かすぎるフレーズで演奏されたのは忘れがたい時間でございました。
 
良いレッスンを見ると練習のモチヴェーションがあがります。
 
 
譜読みしなきゃなんないゲンダイ曲そこそこ溜まっているんだけど、
 
バッハやモーツァルト、フランス近代吹きたくなっちゃいました。
 
 
‥‥‥
 
もう一つの、オヴァール・トリオOvale Trioのマスタークラス、
 
インプロ・ジャズ系の
 
フルートとマリンバ/ヴィヴラフォンという変わった組み合わせのトリオ。
 
 
フルートのMathieuさん、竹に自分で穴を開けて作ったという
 
自作のフルート(どちらかというとピッコロかな?)をご披露くださったり、
 
持参してらした、歌口部分が動くマウスピース(←日本でも使ってる方がいますが。)で遊ばせてくださったり。。
 
今月13日に東京で出演させていただいたコンサートでも、
 
当日のゲネプロで突然、インプロで1曲参加する事になって
 
アワアワしていた直後の事だったので(基本的には好きなんですけど…)、
 
『やっぱ、普段から、インプロ無茶ぶりされてもすぐ吹けるように手を考えとかなきゃダメだなぁ…』
 
という刺激を受けました。
 
 
2月には、ダヴィデ・フォルミサーノ氏、
 
4月には、エマニュエル・パユ氏、
 
素晴らしいフルーティストのマスタークラスが続くので楽しみです♪
 
 

« 1月17日アンドレ・ジョリヴェ コンサート | トップページ | マスク習慣のないヨーロッパ »

♪音楽・フルート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567294/59015678

この記事へのトラックバック一覧です: マスタークラス@ストラスブール音楽院:

« 1月17日アンドレ・ジョリヴェ コンサート | トップページ | マスク習慣のないヨーロッパ »

フォト
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

YouTube

  • ベルトラン:「エクトラ」より第2楽章
  • ベルトラン:「エクトラ」より第3楽章
  • 細川俊夫:垂直の歌
  • シャリーノ:歓喜の歌
  • フォーレ:シチリアーノ(シシリエンヌ)
無料ブログはココログ