« ノイシュヴァンヴァンシュタイン城 | トップページ | 自己で評価ができる目 »

2014年2月 6日 (木)

音楽は音楽

日本ではゴーストライター騒動に揺れています。 
 
 

私は話題の作品、耳にした事も演奏した事も無いのですが、

 
オケに所属する友人たちから、
 
作品のこと、その作品のコンサートには
 
熱烈的ファンのお客さまが沢山いらっしゃる事などは
 
よく耳にしていました。
  
今回の報道があってから、
 
作曲者がどんな風に話題になっていたか、報道記事で改めて知ったのですが、
 
この報道から、私には疑問に思った事があります。
 
 
確かに、「ゲンダイのベートーベン」との話題性が相乗効果を発揮して、
 
曲の知名度や動員数アップになったのは事実なのでしょうが、
 
曲を聴いて、感動した方のその感動は、
 
「音楽」に対する感動ではなかったのでしょうか?
 
作曲者が別な人物だったら、同じ曲を聴いたとき、感動しなかったんでしょうか?
 
音楽を聞いていた時に感じた想いは、
 
コンサートで感じた感動は
 
全部ウソになってしまうんでしょうか?
 
 
 
確かに、
 
作曲者が偽っていた事実は褒められるべき事ではありません。
 
でも例えば
 
ポップス業界では、歌手が歌ったメロディーを、
 
伴奏付けてアレンジしたり、さらにそれをオーケストレーションしたりする
 
名前の出ない裏方さんがいらっしゃるのは当然の話ですし、
 
一昔前、映画音楽が全て手書きで行われていた時代などは、
 
ヨーロッパの絵画の工房のように、
 
大作曲家の門下生たちが助っ人して作品完成をアシストした。
 
そしてその様な仕事の時間から、作曲技法を学んだという話もよく耳にします。
 
 
もちろん、 
 
私たちが音楽を聞く時には、
 
誰かと過ごした思い出がその音楽と一緒に蘇って来る事等もあるでしょうし、
 
その曲が今回のようにハンディを持った方の作ったものだと言うことで、
 
音楽を聴いた感動をより強くすることはあると思います。
 
 
でも、ついこの前、
 
このブログで、作曲家ジョリヴェの娘さんとお会いした話題を書いたとき、
 
同じような事を書いたように、
 
作品が作られたあとは、作曲者でなくて、その「作品」の人生になると思うんです。 
 
その「作品」が誰かに感動を与えられるようなものなら、
 
それは素晴らしいことじゃないんでしょうか?
 
 
 
もし「音楽」に感動したなら、
 
それが現代曲だろうが、
 
バッハやモーツァルトだろうが、Jポップだろうが、Jazzだろうが、
 
誰が作ったとか関係なく、 
 
そんな感動させてくれる作品と出会える事は、 
 
すごく素敵で尊いことではないのでしょうか?
 
 
 * * *
 
 
私はこのゴーストライター報道のよりは、
 
「全然報道されない福島原発の汚染水の話題」
 
 
や、
 
 
上記問題にも関わるからか、
 
これまた全然報道がされていないと言う
 
「東京都知事選」
の方が、
 
よっっっっっっぽど日本の未来、世界の未来にとって重要な事だと思います。 
 

« ノイシュヴァンヴァンシュタイン城 | トップページ | 自己で評価ができる目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567294/59080571

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽は音楽:

« ノイシュヴァンヴァンシュタイン城 | トップページ | 自己で評価ができる目 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

YouTube

  • ベルトラン:「エクトラ」より第2楽章
  • ベルトラン:「エクトラ」より第3楽章
  • 細川俊夫:垂直の歌
  • シャリーノ:歓喜の歌
  • フォーレ:シチリアーノ(シシリエンヌ)
無料ブログはココログ