« 2014年5月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

ベルガモ(イタリア)〜ムラマツフルートの技術者さんのいる街♪

あ!っと言う間に7月も最終日!

 

少しずつ、旅の記録など、ブログUPしていきたいなと思ってます。

 

 * * *

 

先月、卒業リサイタルの翌日に訪れたイタリア・ベルガモ。 

 

Img_8897_2

 

リサイタルの間際、過酷なプログラム(…というか、現代奏法のテクニック開発でいろいろやり過ぎたみたいで…)

悲鳴をあげていたフルートの修理をすべく、

DAMINELLIという楽器店に行って来ました。

 

Img_8896_2

 

Img_8894_2

(映っている棚の箱は全てフルートなんですよ。

 映ってないところも含めると、ものすごい数の楽器を取り扱っていらっしゃいます。

 フルート以外の楽器も扱っている楽器店です。)

 

  note  note  note

 

DAMINELLIには、ムラマツの技師の方が常駐していらっしゃり、

現在赴任していらっしゃるのはN田さん。

 

実はこのN田さん、私が高校の時からフルート調整でお世話になっている方!

大学受験の時も、右も左も分からぬ東京で、試験前の楽器調整だけでなく、練習場所などもお世話になったり、

フランスに来てからも、前回はパリのフルートコンベンションでお目にかかり、その時もフルート調整でお世話になり…

まさか、私の人生最後であろう試験の後にフルート調整していただける事になるとは!!

(今回は、楽器の不具合が、試験の本当に数日前に起こったので、試験の前日に急にご連絡させていただいたんです。)

 

本当に恩人です shine shine shine 

 

改めて、

私がフルート吹けているのは本当にさまざまな方のサポートがあってこそだなぁ…と感慨に耽ってみたり。

そしてフルートがもたらしてくれた沢山のご縁に感謝。 

 

     clover clover clover

 

楽器店では、ピッコロの試奏をさせていただいたり、 

日本では手に入らなそうな楽譜もゲットsmile

Img_8895

 

そして、フルートバック衝動買いheart

それぞれ手作りの1点ものなんですって。

(※コウノトリはストラスブールのものです)

 

思い返せば今の楽器に変えて10年目ですが、初めてフルートケース買い替えました。 

 
Img_9065
 
 
そして翌日は街を観光。
 
Img_8924_2
 
Img_8923
 
 
 
イタリアのオペラ作曲家ドニゼッティの墓碑?発見!
 
Img_8910
 
彼はここ、ベルガモに住んでいたそうで、お部屋も残っているのだそうです。
 
 
 
Img_7999
 
 
Img_8009
 
 
聖堂に使われている、
 
カラフルなマーブル大理石を見ると、『イタリアに来た〜っ!』という感じがします。
 
Img_8004
 
 
こんな日時計も発見。
 
Img_8003  
 
 
イタリアって、中世の雰囲気が香る街並みが今なお沢山残っていて、
 
タイムスリップしたみたいにさまよえる感じが大好きです。
 
Img_8914
 
 
Img_8905_2
 

2014年7月13日 (日)

ストラスブール夏のイベント@2014

先週とっても暑かったのに、
 
今週は、毎日雷雨。。。
 
コートを取り出すぐらい寒い日もあったり… 
 
ですが、もう7月も中旬。
 
いくら寒くても、暦的には一応「夏」なので、
 
先週末から今年もストラスブールの夏のイベントが始まっています。
 
 
カテドラルのイルミネーション、初めてマトモにみてきましたよscissors
 
通常のライトアップでも充分神秘的で素敵なカテドラルですが、
 
音響効果も伴って、
 
なんだかディズニーランドのようになっていました happy02
 
 
Img_9143
 
Img_9146
 
Img_9147_2
 
Img_9149
 
 
ちなみに、、、
 
去年までは、夏の間毎夜、
 
学校のウラでこんな素敵な水と光のイベントが開催されていました。
 
(光が映し出されている建物が、ストラスブール音楽院なんですよwink
 
 
毎年テーマが変わるので、今年はどんななのかな?と期待していたのですが、
 
今年は学校ウラではなく、現代美術館の近くに移動なんですって。
 
 
 
ちなみに去年の映像、『France3』の動画で見られるようなので
 
貼付けてみます ↓ ↓
 
昨年は、ストラスブール出身の絵本作家、トミー・ウンゲラー氏を記念した演出でした。
 
 
ちなみに、
 
これらのイベント、
 
8月31日まで、毎夜22時15分〜23時半まで(10分×5回上演)
 
やっているそうですよ。 
 
夏にストラスブールにいらっしゃる方は是非!
 
 
 

2014年7月11日 (金)

9月23、25日「平和堂財団 リサイタルの夕べ」

昨日の記事でもお知らせさせていただきましたが、
 
9月23日と25日に
 
この2年間、留学助成をいただいた
 
平和堂財団の主催公演に出演させていただきます。 
 
 
140630a4a2_2  
 
 
こちらの公演、入場無料ですが、整理券が必要なんです。
 
ちなみにお申し込みは8月18日必着とのこと。
 
お申し込み方法、公演の詳細は平和堂財団のHPもしくはお近くの「平和堂」までwink
 
 
*** 
 
前半は、前年度の芸術奨励賞受賞の久末さん(ピアノ)、下林さん(バリトン)
 
私はコンサートの後半の第二部に出演させていただきます。
 
 
プログラムもお任せいただけちゃうと言う事で、
 
懲りずにチャレンジ。
 
というか、一応名目上「成果披露」なので
 
私が留学生活で学んだ事をと思いまして、
 
フランスの作品と、現代作品を取り上げさせていただくことにしました。
 
…結果、いつもの如く、演奏するのがハードそうになっちゃったのですcoldsweats01
 
まぁ、せっかくやるなら、今出来る全力を!ということで、
 
頑張りたいと思います。
 
 
***
 

J. Ibert /J.イベール:Entr'acte / 間奏曲 〈fl.guit.

・文部省唱歌(若林千春編曲):虫の声 〈fl.pf.〉 

・若林千春:玉響…momentariness Ⅸ 〈fl.pf.〉 

S.Sciarrino/ S.シャリーノ:Canzona di ringraziamento / 歓喜の歌〈fl

・徳永崇:AMA d 〈fl(picc).guit. 

J-M.Damase /J-M.ダマーズ

    :Trio pour deux flûte et piano/ 二本のフルートとピアノのためのトリオ

 
***
 
共演してくださるゲストの皆さんも超豪華shineなお三方。
 
 
  フルート:中川彩さん
  ギター:山田岳さん
  ピアノ:若林千春さん
 
 
年によって、倍率の高い抽選になる事もあるらしいのですが(特にびわ湖ホールの公演)、
 
みなさまのご応募お待ちしています!
 
 
外れちゃったら、是非9月24日のCafe MONTAGE@京都の公演にお出かけください♡
 
…といってもコチラも40席限定ですので、ご予約はお早めに♪
 
 
 

2014年7月10日 (木)

無事、卒業出来ました!

大変長らくご無沙汰しておりました。

 
日本の大型台風接近のニュース、ヨーロッパでも話題になっています。。
 
くれぐれもお気をつけてお過ごしください。
 
typhoon thunder typhoon thunder typhoon thunder
 
 
論文完成から1ヶ月半、
 
卒業リサイタル→イタリア放浪→ストラスブールでのコンサートなど、
 
(そして、前後に突然の体調不良などもあったりして、、(+ +))
 
なんだかめまぐるしく過ぎ去りまして今に至っております。
 
ご報告が遅れましたが、ワタクシ、この度、
 
ルガーノ音楽院(スイス)を無事卒業することが出来ました〜っ!!
 
 
10273716_733871543320892_6507768311
 
 
しかも6.00満点中、6.00点の満点という、
 
思っても見ない良い成績をいただいてしまいました。
 
マリオ先生クラスはじまって歴代2人目の満点ということで、先生も大喜び happy02
 
評価は、審査員の方々との相性や、本番の演奏者と聴き手のちょっとしたコンディションによるものだと思うので、
私がいただいた満点という結果は本当にラッキーだったと思います。
 
(というか、そもそも音楽なんて、数字で決められるものではないのは当たり前のことですが。。。)
 
 
でもそのラッキーのお陰で、
 
全然語学できない時から(って今も全然出来てませんが…)5年も面倒見てくれた先生が喜んでくれた事や、
 
ワガママ放題の留学生活を支えてくれた家族に報告が出来る事は
 
そして応援してくださった皆様にご報告が出来る事というのは
 
やっぱりうれしいことだなぁと思います。
 
 
1025969_733869759987737_78763448508
 
リサイタルは
 
私なりに「挑戦」のプログラムだったので、
 
私としては、
 
『最後までフルートの音が鳴ってくれればいいや。
 
卒業資格ギリギリ足りる成績がもらえたらいいや…』と
 
心底思っていたので ( … 楽器の持ち替えが沢山あったり、各作品に難しい奏法がありすぎて、
 
冗談じゃなく、本当に楽器が鳴らなくなる恐れを感じてたんです。。
 
そしてさすがにフルートも悲鳴を上げて楽器のキーに一部不具合もでてきたりしてたので…coldsweats01
 
 
個人的には、試験が終わってから
 
マリオ先生が言ってくれた感想がなにより嬉しい言葉でした。
 
彼が私に言ってくれた事は、まさに、私が彼の演奏を聴いていて感じる全てだったから。
 
彼には、言葉では言い尽くせないくらいの沢山のものをもらいました。
 
彼のもとで勉強できて、そのような環境に身を置かせてもらえた事に感謝です。
 
 
 clover clover clover clover clover
 
 
この留学の成果発表として、
 
この2年間、留学助成をいただいた平和堂財団の主催公演で少しお披露目させていただきます。 
 
後半の第二部を全て任せていただけちゃうと言う事で、
 
プログラムは、フルートのあらたな魅力を知っていただく機会になればと思い、
 
かなり捻って欲張りました…smile 
 
共演の皆さんも超豪華shineな方々にご協力いただきます。
 
 
公演の内容は、また追ってご案内させていただくつもりですが、
 
こちらの公演、入場無料ですが、整理券が必要なんです。
 
ちなみにお申し込みは8月18日までとのこと。
 
お申し込み方法、公演の詳細は平和堂財団のHPもしくはお近くの「平和堂」までwink
 
 
140630a4a2_2  
 
ちなみに、
 
上記の公演中日、9月24日には上記でも共演してくださる
 
ギターリストの山田岳さんとサシで、
 
さらにハードで過激なプログラムのコンサートを開催予定です。
 
(彼とは10月にドイツのケルンでもコンサートをさせていただきますnote) 
 
開催場所は、Cafe MONTAGE(京都/「丸太町」駅より徒歩5分)
 
 
平日20時開演で1時間のコンサートという、
 
お仕事帰りにぴったりのコンサート。
 
しかも終演後には出演者と一緒にお酒を囲んでの歓談タイムも有りですwinecatface
 
 
まだご予約受付は始まってませんが、40席限定ですので
 
ご興味持っていただけましたらお早めのご予約をお願いいたします confident
 
こちらの詳細も、また追ってご紹介させていただきますね。
 
 

« 2014年5月 | トップページ | 2014年8月 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

YouTube

  • ベルトラン:「エクトラ」より第2楽章
  • ベルトラン:「エクトラ」より第3楽章
  • 細川俊夫:垂直の歌
  • シャリーノ:歓喜の歌
  • フォーレ:シチリアーノ(シシリエンヌ)
無料ブログはココログ