« 中身と外身 | トップページ | チケット発売開始!5月23日(土)「若林かをり フルーティッシモ」@近江楽堂(東京オペラシティ3F) »

2015年3月 5日 (木)

お別れ

2月のJAZZ&CLASSICコンサートが終わった直後、

 
義父の体調悪化の連絡により、
 
長野・松本の病院と滋賀を往復する日々を送っておりました。
 
 
 train train train train train
 
 
春以降のハードなプログラムに向けての準備用にと、
 
時間的ゆとりを確保していた2月だったので、
 
義父との最後の時間を過ごす事ができました。
 
 
義父は、ユーイング肉腫というとても特殊な病の
 
しかもまさかの高齢での発症で、闘病していました。
 
発覚から約2年半、
 
とても信頼出来る信大病院の先生との出会いや
 
献身的なスタッフの皆さんの支えにより、
 
病院の先生も驚く忍耐力と回復力で、
 
一時は、京都や北海道に旅行をされる程お元気になられたのですが、
 
発症患部が臓器の近くということもあり、年齢的なことも考えると手術が不可能で、
 
完治はできず、闘病を続けていました。
 
 
最後に入院するその日まで、やりたい指揮と音楽をやりきって、
 
ムスコやヨメの前では最後まで 弱音を吐かずに、旅立たれました。
 
 
 snow snow snow snow snow snow
 
 
このような状況で、先の見通しが分からない状況の3週間程、
 
いろいろとご迷惑をおかけしたり、
 
いただいたご連絡に直にお返事や対応が出来なかったり、
 
沢山の方にご迷惑をおかけしましたこと、
 
申し訳ありませんでした。
 
 
また、急な予定の代行や、日程変更を快く受け入れてくださった皆様、
 
本当にありがとうございました。
 
 
 
今回、改めて、
 
人を一人見送るという事の大変さを実感しています。
 
また、当り前の事ながら、
 
人生の時間は限られていて、 
 
与えられた時間がある以上は、前を向いて精一杯生きなければならないな…
 
と思うきっかけになりました。
 
Img_0335_2
 
 
Img_0339
 
【松本城】
  松本城まで徒歩3分位のホテルに滞在していました。
  お天気良ければ、松本城のお堀沿いを歩いて、病院へ。
  遠くにみえる雪山がとてもきれいでした。

« 中身と外身 | トップページ | チケット発売開始!5月23日(土)「若林かをり フルーティッシモ」@近江楽堂(東京オペラシティ3F) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567294/61233968

この記事へのトラックバック一覧です: お別れ:

« 中身と外身 | トップページ | チケット発売開始!5月23日(土)「若林かをり フルーティッシモ」@近江楽堂(東京オペラシティ3F) »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

YouTube

  • ベルトラン:「エクトラ」より第2楽章
  • ベルトラン:「エクトラ」より第3楽章
  • 細川俊夫:垂直の歌
  • シャリーノ:歓喜の歌
  • フォーレ:シチリアーノ(シシリエンヌ)
無料ブログはココログ