« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

『ルシオール・アートキッズフェスティバル』無事終了してます!

時系列が前後しますが、5月17日(日)は滋賀県守山市で開催された

 
ラ・フォル・ジュルネ関連企画、
 
『ルシオール・アートキッズフェスティバル』に出演させていただきました。
 
Img_0780
 
ラ・フォル・ジュルネと関連して、
 
テーマは 『Passion 〜バッハ・モーツァルト・ベートーヴェン〜』という事で、
 
私たちのロビコンプログラムは、
 
バッハとモーツァルトを中心に組ませていただきました。
 
コンサートの詳細案内はコチラ
 
 
 
この時代の音楽なら絶対木管フルートで♪と思い、
 
3月末に撮影したできたてほやほやの
 
木管フルートとのプロフィール写真を初公開 smile
 
2a9da53c4e2fe88ff59cb419fa1eda46
 
 
当日、バラエティーに富んだ催しが多数繰り広げられる中、
 
たっくさんのお客さまが聴いてくださいました。
 
 
悔しかったのは、「ルシオール」というこの音楽祭のネーミング、
 
フランス語で「ホタル」という意味なんだよ ってことを
 
MCで言いそびれた事…shock
 
演奏&MCが長くなっちゃって、予定時間をオーバーしてたにも関わらず、
 
アンコールまで演奏OK出してくださったスタッフの方、
 
最後まで暖かい拍手をお送り下さったお客さまたち、嬉しかったです。
 
 
演奏中の写真、おそらく事務局的に取っていただいていると思うのですが、
 
手元にないので、演奏終了後のお写真を♪
 
Img_0774_2
 
高校のときからの憧れの大先輩、光永さんと。
 
初共演、楽しく過ごさせていただきました。
 
ありがとうございました!
 
そして、思わぬ方との嬉しい再会もあったりして happy02 happy02
 
地元ならではの嬉しいサプライズ、とても嬉しいです。
 
 
このイベントのすごいと思うところは、
 
さすが「アート」というだけあって、
 
音楽、美術、食…と、さまざまなジャンルのイベントが融合している事。
 
そして、地元の中高も連携してイベントに参加していること。
 
こういうふうに、総合的な文化のつながりみたいなものを感じられるイベントって、
 
とっても貴重ですし、うまく説明できないけれど、
 
生きてく上でも大切な事だと思います。
 
 
このような素晴らしいイベントを毎年開催されている行政は
 
本当に素晴らしいと思います!
 
 
 
ご縁があり、この「ルシオール」関連イベントには、
 
また 9月に演奏でお邪魔させていただくことになりました。
 
機会をいただける事に感謝して、準備したいと思います happy01 happy01
 
 
そして、本日は、私の個人的パワースポット、
 
京都芸術大学の大学会館で、
 
『アジア管弦の現在』コンサート&シンポジウム。
 
Present_of_orchestral_asia_3724x102
 
音楽祭のためにシンガポールから来日されているアメリカ人作曲家ジョンさんは、
 
なんとストラスブール音楽院に留学されていたとの事で、
 
なんだか一気に親近感 happy01
 
フランス語のリハビリにもなってます…
 
11390256_902491396458905_1978728258
 

2015年5月29日 (金)

『フルーティッシモ vol.1』無事終了いたしました!

ブログ報告が遅れてすみません。

 

『フルーティッシモ vol.1』 無事終了いたしました。

 

P1000844

 

 

Image135

 

Img_0861

 

開演時間、午前11時だし、朝から現代曲、聴きに来てくださるかしら?

 

と少し心配していたのですが、

 

思いもよらず、開場間際にステージサイドに補助席椅子を出して対応するほど、

 

沢山の方がご来場くださいました。

 

Image042

Image024

 

昨年の完全帰国後、師走に入ったころ、

 

一念発起で企画をはじめた、人生初のどソロ×現代作品のみのコンサート、

 

本番を迎えるまでに、本当に沢山の方が、応援くださり、お力添えを下さいました。

 

 

 confident confident confident confident confident

 

 

リハーサルからお付き合いくださり、

 

当日も演奏会で作品について語ってくださった作曲の湯浅譲二先生、細川俊夫先生、そして千春さん。

 

Image096 

《プレトーク◆湯浅譲二氏:舞働 2》

 

Image091

《プレトーク◆若林千春氏:光跡》

 

細川先生、当初は「行けるか分からない…」とのお返事だったのですが、

 

お時間ご都合をつけてくださり、ご来場くださいました。

 

そして、お客さまへのトークで、湯浅先生とのベルリン時代の貴重な思い出話を。

 

Image059

《サプライズトーク◆細川俊夫氏:垂直の歌》

 

 

演奏する作品の作曲家が揃ってコンサートにおいで下さり、

 

私の演奏を聞いていただけるだけでなく、お客さまに(そして私に)作品への思いを語ってくださるなんて、

 

豪華すぎるシチュエーション!!! 

 

身に余る幸せです。

 

P1000899  

 

Image043

 

 

Image062

 

今回、演奏したのは私一人だけですが、

 

このコンサート開催のために、本当に沢山の方が支えてくださいました confident

 

感謝が絶えません。。。

 

あらためて、

 

私は好きな事と向き合える、とても恵まれた幸せな環境にいる事が分かりました。

 

そしてこの環境があるのは、沢山沢山の方が応援してくださるお陰だという事も。
 

これからも、一つ一つの機会を大切に、音楽やフルートと向き合って行きたいと思います。

 
今後とも、見守っていただき、アドヴァイス等いただけましたら幸いです。

 

P1000961  

《録音に駆けつけてくださったKazさん、湯浅先生、財団のSさん》

 

トーキョーアンサンナブルファクトリーの近江さん、

 

近江楽堂の松木アートマネジメントの皆さん 、

 

写真係をお引き受けくださった、現代音楽愛好家かつフルーティストでもあるSさんには、

 

私が演奏に集中できるよう、準備〜後片付けまで完璧なフォローをいただきました。

 

改めまして、いま一度、深く感謝申し上げます。

 

そして、10月の『フルーティッシモ《vol.2》』もどうぞよろしくお願いいたします!

 

 

Image004

 

 

個人的には、一番最初のフルートの恩師や

 

高校から私の演奏を知ってくださっている先生が遠方はるばる、

 

滋賀から聴きに来てくださったことも、とても嬉しいサプライズでした。

 

私の今の精一杯を、沢山のみなさまに聴いていただけて、

 

成長(していると思いたい…coldsweats01 )をご報告で来て、本当に嬉しかったです。

 

 

まだ御礼を直接お伝えできていない方もいらっしゃるのですが、

 

この場を借りて、ご来場、本当にありがとうございました!!

 

 

コンサートまで支えてくださったみなさま、

 

ご来場下さったみなさま、

 

頑張ってメッセージをくださったみなさま、

 

FBでのお知らせに「いいね」してくださったみなさま、

 

コンサートに興味を持ってくださったみなさま、

 

本当にありがとうございました!

 

…いつも思いますが、コンサートは美術展と違って日時が断定されすぎてしまうので、

ウィークポイントだなぁ…と思います。

 

 

ご来場いただけなかった方へ…

 

近江楽堂さんが早速UPしてくださった、リハ映像があります。 

 

ほんの少しですが、コンサートの雰囲気を感じていただければ嬉しいです。

 

   リハ映像:シャリーノ作曲「フェニキアのイメージ」

 

 

この画像が公開されてから、

 

フランスの師匠がすぐにコメントを送ってくれて、とても嬉しかったです。

 

そして、もう既に1500人以上の方が画像再生してくださっている事も。。

 

ネットってすごいなぁ。。と思いました。

 

2015年5月21日 (木)

感謝

昨日は、ご縁があって、
 
近くの養護学校へ訪問演奏へ。
 
 
  note note note note note
 
生徒さん達、好奇心に充ちた面持ちで、
 
キラキラした顔で聞いていてくれました。
 
校歌やポップスソングの大合唱からも、
 
沢山元気をもらいました。  
 
 
Img_0786_2
 
これは、演奏の御礼に。といただいたお花。 
 
私の方が、沢山元気をもらったのに、
 
全くのボランティアでお引き受けしますとの約束だったのに、
 
こんな風にお心遣いをしてくださる先生方の気持ちに感謝です。 
 
 
 
実はこの訪問演奏のお話をいただいたとき、
 
日程的にも、自分のリサイタル前で、
 
気持ちもテンパっているだろうから、どうしよう…と考えました。
 
確かに、準備でてんやわんや中ですが、
 
昨日、みんなの前で演奏させていただいて、 
 
「あぁ、音楽を感じる」ってこーゆーことだな。
 
「音」って、みんなの笑顔を引き出す、こんなパワーがあったんだな。
 
と、
 
とても大事な事を思い出させてもらいました。  
 
 
全てのことって、全部つながってるんだなぁ。。 
 
 
いよいよ「フルーティッシモ」コンサートまで あと2日。
 
今の精一杯が出せるように、あと少し、準備します!! 
 

2015年5月19日 (火)

『若林かをり フルーティッシモ』追加情報 その4

Yahoo JAPANでも、ビルボード取材記事を掲載していただきました。

 →→→ コチラ
 
5月23日(土)のチケットの残券は、日に日に少なくなってきている様子です。
 
もし、お越しいただけることが確実な場合には、
 
早めのご予約をおすすめいたします。
 
このように、
 
沢山の方からお力添えいただき、応援していただいて、
 
コンサートが開催できる事に感謝が絶えません。
 
 
今の精一杯の演奏が出来るように、
 
あと数日気合いを入れて準備します!!!
 
 

2015年5月16日 (土)

5/23(土)『フルーティッシモ vol.1』追加情報 その3

Billbord JAPAN(ビルボードジャパン)のサイトに、

 
コンサートの事を取り上げていただきました。
 
 
 

台風と東京へ

今週は二泊三日で東京へ。
 
道中、異様にモノを落っことす事が多かったですが…
 
(ゼリーひっくり返したり、楽譜ばっさり落としたり、買ったトマトを落としたり…coldsweats02
 
いろんな事が充実した滞在でした。
 
 
 typhoon  typhoon  typhoon  typhoon  typhoon
 
 
台風接近の火曜日は、
 
作曲家の細川俊夫先生の東京音大の作曲クラスへお邪魔して、
 
現代音楽のフルート奏法(シャリーノ作品)のミニレクチャーをさせていただきました。
 
特殊な奏法を、楽譜に沿って解説しながら、
 
実際に音を出して、どうやってるか説明して…
 
いろいろ大変勉強になる経験でした。
 
19225_893999417308103_4032935657311
 
 
レクチャーに引き続いて、
 
来週の「フルーティッシモ」で演奏する先生の「垂直の歌」について、
 
私の演奏を聞いていただきアドヴァイスいただきました。
 
 
この作品は、今まで何度か演奏させていただいたことがある作品ですが、
 
先生に聞いていただいたのは初めて。
 
作曲家からのダイレクトなイメージを聞く事は、大変参考になりました。
 
空間に「音の書」を描くイメージ…
 
具体的にご説明いただきながら、丁寧に教えていただきました。
 
解釈や流れが変わる部分もあったので、また再度、演奏の仕方を考えなければ!!
 
11196250_893999470641431_57229148_2
 
11150556_893999890641389_3641313113
 
先生のフルート作品が入ったCDをプレゼントして下さるというので、
 
ちゃっかりサインをおねだりcat
 
私もこのCDの演奏のように、迫力ある表現ができるようにがんばります!
 
 
 
台風が近づいているにも関わらず、
 
帰りに某有名指揮者のH氏も行きつけ!というお店で
 
先生の最近のお話など聞かせていただきながら
 
美味しいおうどんをさっくりいただき、
 
降り出した暴雨の中、先生にrvcarで送っていただいたのでした。
 
 
 night  night  night  night  night
 
 
台風一過sun の翌日、
 
先ずは、ホール打ち合わせeyepencil
 
運のいい事に近江楽堂が空いている日で、
 
ホールを見学させてもらえ、残響等も確認できました。。
 
思っていたより、随分良く響く空間。
 
 
Img_0744  
 
この天井の十字は、ガラス張りで、直接、外の光を取り込んでいます。 
 
「当日のお天気によって、随分会場のイメージが変わりそうですね〜」
 
と話しながら、諸々打ち合わせて参りました。
 
 
  pencil  pencil  pencil  pencil  pencil
 
 
その後は、
 
銀座のヤマハアトリエ東京へ footfoot
 
最近、出番が多い、木管フルートくんの楽器メンテナンス →活躍の記事はコチラ
 
吹いてて気になる症状を、
 
楽器選定の時からお世話になっている技術者Yさんに相談させていただくと、
 
施術後、とってもいい感じになりました happy02
 
(この楽器は、今週末17日は使いますが、 5月23日はおやすみします。) 
 
 
 note note note note note
 
 
その後、作曲家の湯浅譲二先生とリハーサル&お食事。
 
リハ風景取り忘れたので会場写真のみ。。
 
Img_0747
 
 
 
Img_0758 
 
湯浅先生、昨年度の文化功労者として表彰なされました。
 
お祝いモードのお食事をrestaurantということで、大きなフカヒレcat
 
ワタクシ、初めて食べましたdelicious 
 
Img_0760_2
 
先生も、なんだか嬉しそうcatface
 
美味でしたlovely
 
 
  night  night  night  night  night
 
 
 
二日間それぞれの作曲者の先生方にお付き合いいただきました。
 
 
改めて、
 
楽譜に書かれていない事や作品にまつわるエピソードを聞ける事、
 
話し方、語彙、仕草…対面しているからこそ、得られる貴重な情報って、
 
沢山すぎるくらいあるなぁ。。。と感じました。
 
そして、現代作品に関わる上で、
 
作曲家と直接関わり合える機会を持てるというのは、
 
とても貴重で尊い事で
 
こんな風にお話させていただけたり、アドヴァイスいただけるのは、
 
本当に感謝すべき環境にいさせてもらっているなぁ。
 
と、つくづく感じました。
 
 
 clover  clover  clover  clover  clover
 
 
最終日は、
 
今回の滞在中に是非行きたいと思っていた
 
根津美術館の光琳「燕子花と紅白梅」展へ。
 
こちらは別で記事にしてアップします happy01pencil

2015年5月15日 (金)

母校でのコンサート

先週末は、母校である滋賀県立石山高校の湖声ホールで
 
ミニコンサートをさせていただきました。
 
11210408_992034010849359_3069546318
 
共演は、公私ともにいつもお世話になっている
 
大学の大先輩でもあるこのお二人。
 
 

Fullsizerender

 
高校の思い出がいっぱい詰まったホールで、
 
素晴らしい先輩方との共演の機会をいただけ、幸せでした。
 
 
私が演奏させていただいたのは、
 
・ イベールの2つの間奏曲
・CPEバッハのトリオソナタ a-moll
 
 
今回は、関係者のみのミニコンサートだったのですが、
 
この超素晴らしいオーボエのNセンパイとは、
 
秋に滋賀(10月12日@立木音楽堂) と東京(11月24日@ヤマハ銀座サロン )で
 
トリオコンサートを開催させていただく予定です。
 
 
2
 
 
今回演奏した、CPEバッハのトリオソナタは、
 
秋のコンサートでも取り上げます。
 
バロックのスペシャリストと言っても過言でないくらい、
 
バロック音楽をこよなく愛し、知識も豊富でいらっしゃるセンパイから、
 
解釈や装飾・トリルの入れ方など、
 
この機会に沢山学ばせていただき、コンサートに臨む予定ですので、
 
是非是非、聞きに来ていただけましたら幸いです confident
 
 
 clover clover clover clover clover
 
 
結局、この日の打ち上げは、翌日に備えて軽めに…と言っておきながら、
 
結局大いに盛り上がりbeer
 
皆さん翌日早いといいつつ、
 
いったん、妄想話に火がつくとなかなか鎮火が難しく…
 
こんな楽しい方々と音楽が出来る環境に感謝。
 
 
今週、私はさっきまで東京で現代音楽モード全開でしたが、
 
滋賀に戻って、目下、今週末に迫った守山のルシオール・フェスティバルに向けて、
 
頭の中とアンブシュア(←フルート吹く口の形のこと)を
 
バロック音楽にシフトしなおして、準備いたします!
 
 

2015年5月14日 (木)

5月17日(日)ルシオール アート キッズ フェスティバル in 守山

ちょっと前から、告知記事を書き始めていたのに、

気がつけば今週末!

 

滋賀県の守山市で開催される、

ルシオール・アートキッズフェスティバルの

12時15分からのロビーコンサートに出演させていただきます。

Img_0655_2

 

【予定プログラム】

・J.S.バッハ・グノー/アヴェ・マリア

・J.S.バッハ/管弦楽組曲 第2番 より

・C.P.E.バッハ/ハンブルガーソナタ

・モーツァルト/メヌエットK.1 ほか

・モーツァルト/アンダンテ ハ長調 K.315

 

今回の共演者は、

高校時代から憧れていた 高校の大先輩である、光永秀子さん。

 

3月末から、少しずづリハーサルを進めていますが

毎回とても楽しく、

リハーサルの時間と同じくらい、おしゃべりも捗りすぎたりしながら

準備しています。

 

バロックの音楽を、どんなトークをしたらお子さん達にも興味をもってもらえるだろう?

と、トークの話を打ち合わせして、盛り上がってみたり、

バロック音楽の解釈について話してみたり、

まさに今子育てしていらっしゃる光永さんだからこその

母の視点でのご提案もあったり、

沢山勉強させていただいていますhappy01

 

参加型のイベントは、整理券等が必要なものもあるようですが、

ロビーコンサートはどなたでも、

ロビーに入れる限り、無料で聞いていただけますので、

是非お越しいただけたら嬉しいです!

 

詳しくは、HPへ!

ロビーコンサートの詳細はコチラ

 

 club club club club club

 

開催日時: 2015年5月17日

開催会場: 守山市民ホール (滋賀県守山市三宅町125)

入場料: 無料

お問合せ: 守山市、守山市教育委員会、守山市民ホール 守山市民ホール 077-583-2532

2015年5月 9日 (土)

ツツジの季節

みなさま、どんなGWをお過ごしだったでしょうか?

私は、リハーサル、先々のコンサート準備、先輩・後輩と楽しい飲み会、ちょっと大きなお買い物…と、

いろいろ変化と刺激に飛んだ数日を過ごしておりました。

 

   run run run run run

 

GW明けには、某大学に潜入させていただき

ピカピカの大学一年生の方々の前で、ちょこっと演奏させていただきました。

 

校内のツツジが満開で、あまりにもきれいだったので思わずパシャリcamera

Img_0667

Img_0666

 

希望に満ちあふれて、入学して来られた新入生の皆さんたち。。。

若くて、期待とやる気に溢れているのが伝わって来て、

なにより、キラキラしていて、

なんだか微笑ましく、羨ましかったです。

 

「私も大学入学した時はこんなんやったんかなぁ。。」

と、振り返ってみたり。。

 

大学生、高校までとは全然違う、 

オトナの一歩を踏み出す年齢。  

 

みなさん、このキャンパスで4年過ごして、

4年後、10年後はどんな人生なんだろうなぁ。。

と、拍手してくださる笑顔を見ながら、想像がめぐりました。

 

今月は、明日を含め、学校公演やキッズフェスティバルなどがポツポツと。

若いエネルギーに触れさせていただきますhappy01

 

2015年5月 4日 (月)

2015年6月4日(木)『フレンチ・コネクション』@カフェ・モンタージュ

ついに、発売になりました。
 
今年の上半期の、超過激コンサート@京都公演です。 
 
 
2015年6月4日(木)20:00〜21:00
 
『フレンチ・コネクション』@カフェ・モンタージュ(京都/丸太町)
 
150604
 
チケットのご予約は→カフェ・モンタージュまで
 
 
  cafe cafe cafe cafe cafe
 
昨年の9月に引き続いての、カフェ・モンタージュさんでの濃〜い1時間。
 
今回は、ブーレーズのフルートソナチネをキーワードにしたプログラムをお送りします。
 
 
5月23日の『フルーティッシモ』、東京だけでなく、関西でもないの?』
 
という嬉しいお声をくださったみなさま、
 
この「フレンチ・コネクション」に是非いらしてください!! 
 
 
企画自体は『フルーティッシモ』とは別で、
 
プログラムも全く違いますが、
 
なかなか生演奏で聞けないレア作品ばかりを集めたコンサートで、
 
気合い&準備としては、フルーティッシモと同じかそれ以上の意気込み(←がないと吹けない…sweat01
 
で臨んで参ります。
 
 
気分的には、『フルーティッシモ』と、この『フレンチ・コネクション』で
 
結局二時間フルのリサイタルに挑む気分です。
 
 
 
数日前からリハーサル開始していますが、曲が最後まで通らない…bearing
 
(…私たち、大抵の曲は、一回目のリハからそこそこ通せるようになるのですけれど…普段なら…)
 
 
5月23日の作品でもそうですが、
 
楽譜に書いてある事が、書いてあるように吹けないって本当にストレスです。。。bearing
 
同時に、体力と集中力と能の衰えを感じる瞬間であったりもします…weep
 
 
このハードな作品達を
 
「是非若林さんの演奏で聞いてみたい!」と言って企画して下さった、
 
モンタージュのオーナーさんのお気持ちに答えるためにも、
 
あと一ヶ月頑張りますっ!
 
 
 
GW明けから、私にとって上半期の目玉本番が続くハード月間となりますが、
 
頑張って準備して参りますので、
 
私の汗と涙の努力のステージに、 
 
是非、足を運んでいただけましたら幸いです。
 
 
 
 

2015年5月 1日 (金)

5/23(土)『フルーティッシモ vol.1』追加情報 その2

無料の音楽情報誌 月間「ぶらあぼ」5月号の中の、
 
「5月の注目公演」(p.208〜209)として、取り上げていただきましたsign03sign03
 
11149465_884735764901135_7686984882
 
国内外の著名・超有名アーティストの方々に混じって、
 
 
素敵な公演案内文とともに掲載いただいています。
 
Img_0628_2
 
 
この情報誌、全国の音楽・芸術系大学や、音楽ホールなどに設置されています。
 
また、ウェブ上でも閲覧可能です。
 
 bookぶらあぼ5月号 ⇒ ○今すぐ読む…クリック後に開く、見出しの「5月の注目公演」をクリックで見られます。
 

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

フォト
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

YouTube

  • ベルトラン:「エクトラ」より第2楽章
  • ベルトラン:「エクトラ」より第3楽章
  • 細川俊夫:垂直の歌
  • シャリーノ:歓喜の歌
  • フォーレ:シチリアーノ(シシリエンヌ)
無料ブログはココログ