« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月25日 (日)

フランス歌曲研究会「M.ラヴェル生誕140年に寄せて〜フランス歌曲の夕べ」@大阪倶楽部

昨日、フランス歌曲研究会主催の

 
「M.ラヴェル生誕140年に寄せて〜フランス歌曲の夕べ」コンサートがありました。
 
 
11220798_972296896145021_6182698410
 
 
 
なかなかまとめて聞く事がなさそうな、 
 
ラヴェルの歌曲を集めた一夕。
 
 
私は、このコンサートの中で、
 
随分昔から、いつか演奏の機会が廻って来たら…と密かに思っていた、
 
『マダガスカル島民の歌』(ソプラノ・フルート・チェロ・ピアノ)
 
を演奏させていたきました。
 
 
Fullsizerender
 
 
ラヴェルの作品にしては、器楽パートに音が少ないのですが、
 
選りすぐった音で 
 
奏者が4人とは思えないくらい効果的に、
 
まるで劇音楽のように
 
詩に沿った場面を描いて行く。。。
 
 
ジャングルの風景が浮かんだり、 
 
浜辺の風にふかれた、扉のきしみの音みたいだったり、
 
とにかく妄想族にはたまらない音の世界。
 
 
何度も返して練習する程に度に、
 
ラヴェルが仕組んだトリックが見え隠れ。 
 
本当に楽しくて、素晴らしい作品!!!
 
 
12033031_780609155381534_72324253_2
 
12031987_780609418714841_1186518025
〈リハーサル風景〉
19989_780661802042936_3426376006797
〈開演前の様子〉 
 
12072763_780643682044748_6395958697
〈本番後〉
 
ラヴェルは大好きな作曲家の一人なので、 
 
今まであまり聴く機会が無かった歌曲をまとめて聞けた事にも感激!
 
 
「詩」と「音」が、見事に呼応していて、
 
たとえば
 
ソリストが「Il se repose (彼は休む)」 という言葉を歌ったら、
 
いたずらっぽく鳴っていたピアノの音が休止してみたり、 
 
はたまた、
 
お酒のみが酔っぱらってきたな〜…と思ったら
 
ピアノもネジが外れたように、
 
まるで宴会場で勢いあまって乾杯したグラスから飛び散るワインのしずくのように、
 
音が飛んで来たり。。
 
 
本当に綺麗で、ステキで、お洒落で、
 
思わず聴き入ってしまう音楽たち。。
 
 
3月のビゼー企画に引き続き、
 
素敵な機会をくださった フランス歌曲研究会と、共演者の皆様に感謝! 
 
ご来場くださった方々もありがとうございました。  
 
 confident confident confident confident confident
 
個人的には、
 
このようなフランス歌曲のコンサートが、 
 
日本の大正時代に立てられた
 
洋館〈大阪倶楽部〉のホールで開催されているのも、
 
まるで、19世紀のパリのサロンを彷彿させるようで、 
 
トータルコーディネートとして、 
 
とてもお洒落だなぁ。。と思います。
 
 
一歩入ると、タイムスリップしたような気分がします。
 
Img_2269_3 
 
Img_2270
 
Img_2275
 

2015年10月24日 (土)

10月31日「フルーティッシモ!vol.2」@近江楽堂

いよいよ来週末に迫ってきました。

 
私にとっての、今年の挑戦。
 
全てゲンダイ作品による、フルート独奏リサイタル、
 
 
Vol2_3
 
 
5月の「vol.1」の時は、
 
余りの緊張からか、本番前日に偏頭痛と吐き気を催しどうなることかと思いましたが、
 
当日はなんとか体調も持ち直し、
 
作曲家の先生方はじめ、沢山のお客さまが会場であたたかく見守ってくださり、 
 
反省や悔しいところもありましたが、本当に幸せな時間が過ごせました。
 
 
今月末の「vol.2」では、
 
前回とはまた違った、フルート独奏の魅力をお伝えできれば…と、
 
以下のようなプログラムで参ります。
 
 
***現時点でのプログラム順**** 
 
・若林 千春 :光跡 Ⅱ〈新曲初演〉
・ナディア・ヴァッセナ:海で失われた子供のように
・細川 俊夫 :息の歌〜バスフルートのために〜
・ブライアン・ファーニホウ:カサンドラの夢の歌
・八村 義夫:マニエラ 
・藤倉 大:グラシア〜バスフルートのために〜
・クリストフ・ベルトラン:エクトラ
 
 
   ******* 
 
楽譜は、こんな感じです。
 
12141582_971680436206667_28207044_2
 
自分で選んだはずなのですが…
 
なかなか…というか、とっても、ものすごく難しいです…bearing
 
 
vol.1では、アルトフルートの作品を2曲取り上げ、
 
vol.2では、バスフルートの作品(細川・藤倉作品)を取り上げています。
 
 
昨年ようやくゲットした、かわゆいかわゆいバスフルートちゃんheart02
 
 
1620800_971680789539965_24748102638
 
 
なのですが、  
 
なにしろ、ご覧のようにデカいので、とにかく
 
     重いッsign03sign03sign03 
 
 
      wobblysweat01 wobblysweat01 wobblysweat01
 
 
1曲、最後まで持ってられないくらい重いのです…bearing
 
今の課題は、もっぱら『楽器を持っている』ことでしょうか…sweat01  
 
 
あと1週間、頑張って腕力を鍛えなければ…run
 
 
がんばれ、私のウデ!
 
 
 bearing bearing bearing bearing bearing
 
また今回は、
 
『まだ見ぬ』新曲を提供してくれる予定の千春さんの他に、
 
「玉響/ぴあにッシモ 」CDのライナーノーツなどでも、
 
とてもお世話になっている
 
音楽評論家の小沼純一さんが
 
ご多忙の中をプレトークにいらしてくださることになっています。
 
 
いろいろ、いっぱいいっぱいですが、
 
精一杯頑張りますので、 
 
お越し頂けましたら幸いですconfident  
 
 
clover clover clover clover clover clover
 
東京公演の翌日には、長野公演、
 
少し飛びますが(そしてプログラムも少し変わりますが)
12月には、滋賀でも開催予定です!
 
詳細は以下まで。
 

2015年10月20日 (火)

「THE SAX vol.73」2015年 11月号

フルートのことではないのですが…

 
7月にストラスブールで参加させていただいていた
 
サックス・ワールド・コングレス「SAX OPEN」について、
 
アルソ出版「THE SAX」 という雑誌に記事を寄稿させていただいています。
 
Fullsizerender_2  
 
Fullsizerender  
 
実は中学でブラスバンドをはじめる時に、
 
それまでJAZZサックスに憧れていた私、楽器の希望は、
 
1. フルート(←家にすごく古いフルートがあったから)
2. サックス
3. コントラバス
でした。
そのまま、運良く!?!?第1希望のフルートになったので、
 
サックスには詳しくないまま現在へ。
 
 
今回SAX OPENに参加させていただいたのがきっかけで
 
人生で初めてサックスの音と世界を濃厚に味わう機会になりました。
 
 
記事の最初に大きく掲載されている写真に写っている
 
ストラスブール音楽院のサックス科教授のPhilippe GEISS先生は、
 
私がストラスブールのフルート科を卒業するときに、
 
たまたま試験管を努めて下さったというご縁のある先生。
 
 
今ちょうど日本に来日されていらっしゃり、
 
相愛大学や洗足音大でレッスンやコンサートをされる予定だそうです。 
 
 
 
雑誌は、
 
全国の楽器店や本屋さんでお取り扱いされています。
 
よろしかったら、読んでみてください confident
 

2015年10月18日 (日)

2015年10〜12月 コンサートスケジュール♪Concert Information

10月〜12月の公演予定一覧です。
 
ブログのトップページに情報をUPしているのですが、
 
「スマホ版では表示されない!」という事をやっと知りまして、
 
記事でもアップすることにいたしました。
 
ご興味・ご都合が合えばご来場いただけましたら幸いです!
 
10月31日からのゲンダイ作品リサイタル「フルーティッシモ」に向けて、
 
いよいよ煮詰まって来ています typhoon typhoon
 
東京(10/31)・長野(11/1) ・滋賀(12/11)公演とも
 
まだチケットございますので、是非いらしてください!!!
 
 
  note    note   note   note   note
 
 
◆10月2日(金)
 
 
◆10月12日(月・祝)16:00〜
チケット取り扱い:
 
 
◆ 10月24日(土)17:00〜
フランス歌曲研究会コンサート」@大阪倶楽部
 ♪ラヴェル作曲:「マダガスカル島の歌」で賛助出演させていただきます。
     → 公演チラシPDF
 
プレトーク:小沼純一氏、若林千春氏
カンフェティからのご予約で、セブンイレブンでのチケット受取りが可能です。
 
Vol2
 
◆ 11月1日(日)16:00〜@竹風堂 大門ホール
チケット取り扱い:
In   
 
※11月2日(月)10〜16時 フルートレッスン(千曲市/木の花屋本店)
 
 
◆11月11日(水)19:00京都芸術センター 
チケット取り扱い:
 
 
◆ 11月13日(金)19:00京都芸術センター 
アンサンブル九条山コンサート」
チケット取り扱い:
  メール e.kujoyama@gmail.com
  電話    090-1710-6597
 
◆ 11月15日(日)13:00〜岡山シンフォニーホール 
岡山フィルハーモニー に客演させていただきます。
 

◆ 11月21日(土) びわ湖ホール 大ホール
「メルセデスベンツ 感謝の集い」
 
 
◆11月24日(火)19:00ヤマハ銀座サロン(東京)
 
チケット取り扱い:  

  ヤマハミュージックジャパン アトリエ東京 03-3574-0619

  カオスモス事務局 basara_chaosmos@nifty.com

 2
 
 
◆11月29日(日)14:00@奈良県文化会館
広上 淳一指揮×京響 ベートーベン『第九』コンサート
京都市交響楽団に客演させていただきます。
 
 
 
神戸市室内合奏団に客演させていただきます。
 
 
 
◆12月9日(水)19:00@ザ・シンフォニーホール
広上 淳一指揮×京響 ベートーベン『第九』コンサート
京都市交響楽団に客演させていただきます。
 
 
 
チケット取り扱い:
  しがぎん経済文化センターKEIBUN友の会 (←お得なペアチケットお取り扱いしています。)
 
In_2
 
 
◆12月12日(土)14:00@京都コンサートホール
広上 淳一指揮×京響 ベートーベン『第九』コンサート
京都市交響楽団に客演させていただきます。
 
 
  
◆12月13日(日)14:30@和歌山県民文化会館
広上 淳一指揮×京響 ベートーベン『第九』コンサート
京都市交響楽団に客演させていただきます。
 
 
◆12月24日(木)18:00@リーガロイヤルホテル京都 春秋の間
テレマン室内オーケストラに客演させていただきます。
 
 

2015年10月10日 (土)

10月12日(月・祝)「トリオコンサート」@立木音楽堂

明後日10月12日(月・祝)16:00より、

滋賀の立木音楽堂という、素敵な会場でコンサートをさせていただきます。

10421450_951423531565691_7053986413

チェロ1本のコンサートのためにホールを設計した…

というオーナーさんのこだわりのつまったステキな空間。

音を出させていただくと、ほどよく広がる心地いい響き heart

限定40席という席数も、じっくり間近で、大ホールとはまた違う音を楽しみたい!

という方には最適ではないかしらと思いました。

 

 heart02  heart02  heart02 

 

今回のコンサートは、

フルート、オーボエ、ピアノの編成で、オーボエは大学の大先輩の中根庸介さん。

ピアノは千春さん。

なんと!!

急遽、この公演に、中根さんの師匠で世界的に著名なオーボエ奏者であられる、

ディートヘルム・ヨナスさんがサプライズ出演してくださることになりましたsign03

 

ヨナスさんは夏にも日本にいらっしゃっていて、

その時はご一緒にミホミュージアムに大好きな伊藤若冲展 lovely を観に行ったり、

大好きな和食屋さん「和彩 温」でご飯を食べたり…と楽しく過ごさせていただきました。  

11800336_933643443343700_5893709532  

11796205_933643470010364_2436858390

 

滋賀がとても気に入ってくださった様子で、

今回も、音楽祭と東京芸大のマスタークラス・コンサートの合間を縫って

駆けつけてくださることになりました。

W.F.バッハのデュエット(師弟共演!)と、

E.カーターのソロ作品「内なる声」を演奏してくださいます。

 

まだ、少し、お席がありますので、今からでもご都合つかれる方は 是非!

            diamond トリオ・コンサート〈滋賀公演〉 diamond

    2015年10月12日(月・祝)16時開演(15時半開場)

    @立木音楽堂

    フルート:若林 かをり

    オーボエ:中根 庸介 ☆ゲスト:ディートヘルム・ヨナス

    ピアノ:若林 千春

2015

 club プログラム club

W.F.バッハ: 2本のフルートのための6つのソナタ より 第4番 ヘ長調 (2 Ob.)

S.シャリーノ:牧神 (Afl. Pf)
 
P.ハース: 組曲 op.17 (Ob. Pf)
 
C.Ph.E.バッハ:5つのソナタ a 3 より第三番 イ短調 (Fl. Ob.Pf)
     〈休憩〉
 
S.シャリーノ: 歓喜の歌 (Fl solo)
 
E.カーター : 内なる声(ob.solo)
 
J. M. ダマーズ : フルート・オーボエ・ピアノのためのトリオ
 
 
   ご予約は【カンフェティ】まで!

 

尚、このコンサートは

11月24日(火)19時より、東京公演も開催予定でございます。

ヤマハ銀座コンサートサロンにて。

是非、ご来場くださいませ!!

2015年10月 7日 (水)

そして、弾丸ヨーロッパ紀行。

9月23日の平和堂財団「リサイタルの夕べスペシャル」の高槻公演が終わった後、
 
渡欧しました。
 
12019815_960878630620181_2524584849
 
 
まずは、現代音楽祭“MUSICA" 真っ只中のストラスブールへ。
 
11224414_960878593953518_3992489397
 
12105962_964488656925845_3633360794  
 
MUSICAのコンサートをハシゴで楽しみ、
 
友人のプロジェクトの録音で、古い要塞の中に作られた素敵なスタジオを訪れたり、
 
12108992_964488770259167_4670271701
 
12043187_964488753592502_2531395877
 
先生方や友人たちとの再会に、来年以降のプロジェクトの相談も数件。。
 
それぞれうまくすすむといいなぁ。。smile
 
 
 
そして千春さん合流後、ケルンに移動bus
 
 
 
12046594_963195553721822_3577368251  
 
ケルン駅前にそびえ立つ、ケルン大聖堂は何度見ても圧巻sign03 です。
 
12079695_963195530388491_5840541569
 
12112490_964488626925848_3310300340
カボチャ好きの私にはcamera 必修の市場のカボチャ。
 
ヨーロッパでは、何故か、HOKKAIDOという名前なのですよね。。
 
 
 
12105938_963195490388495_1006468388   
 
12119133_964483923592985_3429667255 
 
今回は、
 
若林千春作品の「TAMAYURA」…俳句・和歌のようなアフォリズムの表現を音楽を通して追求した作品…を核に置いたプログラム。
 
細川俊夫、稲森安太己のフルートソロ作品、
 
シェーンベルクのピアノソロ作品、
 
そして最後は、
 
R.シュトラウスのソナタ(原曲はVnソナタ)
 
を演奏させていただきました。
 
12079699_964483930259651_1916394929
 
終演後は、
 
コンサートにお越し下さった懐かしい方々、
 
コンサート企画してくださった館の方々と、
 
深夜まで、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。
 
12115635_964483950259649_7202466628
《会場にあった、若冲のレプリカ❤おもわずパシャリ》
 
そして、公演の翌日、帰国!
 
11218876_964483966926314_5163342513
〈フランクフルト空港〉 
12141685_964483996926311_9215594973
《名残惜しさのカプチーノ&アルザスワイン》
 
本当は、もっと、ヨーロッパの空気を吸っていたかったですが、 
 
今回は、これがめいいっぱいの滞在時間dash
 
 
お土産買物に行く暇も、ゆっくり観光する暇もありませんでしたが、
 
毎日、音楽と出会いに溢れた、充実しまくった渡欧でした。
 
 
そして、
 
昨日からは、12日の「トリオ・コンサート」のリハーサル。
 
30532_2
 
会場の立木音楽堂は、先日初めて訪れましたが、本当にステキな場所です。
 
10421450_951423531565691_7053986413
 
私のパワースポットの一つになりそうな予感。。
 
時差ぼけに負けず、
 
気合い入れて頑張りま〜す!
 

2015年10月 6日 (火)

ご無沙汰しております。9月の終了公演への御礼!ありがとうございました!

ブログを読んでくださっているみなさま、

 
ながらく、更新できておらずで、申し訳ありません。

本番ラッシュの中、なんとか元気にやっています。

 
事後報告となりますが、更新できていない間のコンサート達。


 
こんな事をやっておりました、ということで、

以下、時系列でまとめてみます。


 
clover  clover clover clover clover clover

◆9月6日(日)11:00〜/15:00〜 (2回公演)

「街かどコンサート」@守山市(滋賀県)


 

11227909_950743534967024_1259853590

 

あいにく雨模様のお天気でしたが、沢山の方がお越し下さいました。

各回いろいろありましたが、それぞれ、懐かしい再会にも恵まれ、幸せな時間でした。

特筆すべきは、スタッフさんが、この企画を盛り上げようと終始良い雰囲気でサポートくださった事。

お客さまの反応次第で、演奏する側も全然アプローチが変わるんだな〜と、改めて実感できたことも収穫でした。

事務局から、後日、集客人数最高記録更新でした!のお知らせをいただけた事も、凄く嬉しかったです!

 

clover clover clover

 

◆9月12日(土)フルートレクチャー@木の花屋本店

 
弾丸で立ち寄った武生音楽祭で、マリオ先生から元気をもらって、金沢経由で長野入り。

初の金沢新幹線はとても綺麗shineで快適noteでしたbullettrain

長野での、第二回目のフルートレクチャー。

今回は、「アンサンブルの愉しみ」をテーマに開催しました。

 


11986560_1636573483251601_514481534
 
最後には、いつもお世話になっている、鴇沢先生とのデュオ。


 
12002033_1636573433251606_604400379
 


スリリングでしたが、楽しかったです。

短い時間ながら、ご参加下さった方といろいろお話出来た事も、嬉しかったです♪

 

clover clover clover


戸倉上山田温泉で、疲れをいやして、
 
温泉でお肌がツルツルになって翌日は、

◆9月13日(日)「女声コーラス 科野樹 コンサート」(ゲスト出演)@上山田文化会館(千曲市)


11150786_953791711328873_14543668_2

5年程前に、共演させていただいたこともある、

そして、

長年、千春作品をうたってくださったコーラスの

最後の定期演奏会に、ゲスト出演させていただきました。

長い歴史を築いてこられた、団員のみなさまの想いのこもった歌声に、

思わず胸が熱くなりました。

打ち上げで、ちらっと垣間見える皆様の個性が、チャーミングで素敵でした。

 

clover clover clover

◆9月16日(水)20:00〜21:00
 9月17日(木)20:00〜21:00

 
12046593_843755819072473_5407461792
 

12039651_843755849072470_5678539480

企画の話をいただいた時から、ワクワクしていたこのシェーンベルクのピエロ公演。


指揮なし公演の醍醐味は、共演者の皆さんと、音楽を作っていく過程。

経験豊富な、素晴らしい共演者の皆さまから、沢山刺激をいただきました。

こちらでもやっぱり2回公演の醍醐味を味わいました。

お客さまもですが、プレーヤーのコンディションでも、全然違うものになりますね。
音楽って、ナマモノだわ。
2日連続体験してくださったお客さまからの感想を聞けたのも、面白かったです。

またいつか、再演の機会が巡ってきますように。。
脱線しますが、この翌週、

ワタクシ、 別のコンサートでシェーンベルクの「浄夜」を聴きまして、

その後、先週末のケルン公演でも、シェーンベルクのピアノソロ作品を聴きまして、

この記事を書いている今も、頭の中はシェーンベルク週間でございます。笑

 
 clover clover clover

◆9月23日(水・祝)17:00〜
「平和堂財団主催 リサイタルの夕べ〜スペシャルコンサート」高槻現代劇場

01

 
12003180_959541130753931_7361710732


今や、各所で大活躍している、高校・大学の先輩・同級生・後輩と、

アンサンブルがとても難しい、

リゲティ作曲の木管五重奏曲「6つのバガテル」を演奏させていただきました。


10989419_959541140753930_1365386404
〈Hrnの安土さん、打ち上げまで関西にいられず…写真は木管4重奏になっちゃいました。。。〉


 
音で会話できるメンバーでのリハーサルは、楽しく、

本番も、「守り」でなく、「スリル」を優先させるノリで臨めました。

何より、みんなが持っている沢山の魅力的な引き出しから、

沢山いろいろ学ばせてもらえた事に感謝!


 
普段、主にオーケストラでご活躍の皆さんから

「楽器を響かせること」について、久しぶりに考えさせてもらうきっかけにもなりました。

また、このメンバーでもっといろんな作品をやりたいね。といって別れました。

近いうち、 再会できますように! 


そして、この公演の後に、渡欧していました。
各公演にお越し下さったみなさま、本当にありがとうございました!!!

 
渡欧の報告は次の記事で(^ ^)


 


« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

YouTube

  • ベルトラン:「エクトラ」より第2楽章
  • ベルトラン:「エクトラ」より第3楽章
  • 細川俊夫:垂直の歌
  • シャリーノ:歓喜の歌
  • フォーレ:シチリアーノ(シシリエンヌ)
無料ブログはココログ