« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月31日 (木)

ゆく年くる年。。

今年も残すところあと僅か。

近所のお寺の除夜の鐘を聴きながらの投稿です。

 

今日のお昼は、実家の母や妹と、

こんな絶景スポットでランチ。

Img_2616_3

そして

デザート❤

 

Img_2620_2

 

年々、各々生活の環境が変わったり、

忙しくて帰省できなかったりで、

なかなか全員は揃わないのですが、

ひとときでも、こんな風に過ごせる時間がある事に感謝。

 

  catface catface catface catface catface

 

今年は、

プライベートでは、

親族やお世話になっていた方との悲しいお別れや、

どこにも吐き出しどころがないような、

どうにもならない悔しくて哀しい思いをしなければならない出来事もありましたが、

音楽面では、その哀しさや悔しさと同じくらい、

嬉しいことにも恵まれた一年でした。

 

 snow snow snow snow snow

 

ざっと数えてみると、

年間60回以上、演奏の機会をいただいていた2015年。

それぞれの本番で、出会いや再会に恵まれました。

 

ソロ・室内楽・オーケストラ…

これは、どれも私のやりたいと思っている編成で、

音楽のジャンルも

バロック、クラシック、ジャズ、インプロ(即興)、近現代作品…と

バリエーションに富んだ企画たちに参加させていただきました。

 

今までの笛人生の中でも

現代作品とかクラシックとかジャンルを問わず、

一番たくさんの「新しい作品」に取り組ませていただいた1年でもありました。

  …改めて、自分の譜読みの遅さと初見の出来なさを思い知らされた年でもありました…coldsweats01

 

 clover clover clover clover clover

 

昨年10月末に、日本に完全帰国をしてから1年少し。

 

帰ってきたすぐは、公演予定もポツポツで、

また、自分自身も学生気分が抜けなくて、

「日本でいつまでフルート吹いてられるかな…」

と心底思っていたので、(←これは今でも思っていますが…)

このように、

いろいろな公演にお声がけ頂け、

さまざまな音楽にチャレンジする機会をいただけた事に、

感謝が絶えません。

 

下半期は、オーケストラや室内楽の機会も多く、

やはり、共演者から受ける刺激はかけがえないと実感したので、

来年はもう少し

オーケストラやアンサンブルなどができるチャンスが増えればいいなぁ。。

と願っています。 

 

 pig heart02 pig heart02 pig heart02

 

それぞれのコンサートに足を運んでくださったみなさま、

共演して新しい出会いや刺激をくださったみなさま、

ご支援・応援・ご協力くださったみなさま、

本当にありがとうございました。
 
  confident  confident  confident  confident  
 
 
昨日あたりから、
 
来年2月のトーキョーアンサンナブルファクトリー公演の譜面の一部が続々と届き、
 
楽譜の黒さに恐れおののき、
また、
 
秋冬の面白企画(←いずれまたご案内させていただきますね♪)の企画会議等もあったりして、
 
クリスマス以降らろくろく楽器を吹いてない私に、
 
「正月からは寝てずにさらえよ!」という天の声だと思って、
 
またエンジンをかけ直して、

音楽と向き合いたいと思っています。

 

Img_2626  

 

今夜は、

お節を準備をしながら、

金沢で見つけて買って来たものの

かわい過ぎてずっと開けられなかった此奴を開封、

年越し蕎麦ならぬ、年越しうどんを作りました。

(↑私が蕎麦アレルギーのため。。)

「こざいく」というネーミングが気に入っています。

音楽でも、料理でも、大事ですよね。

 

Img_2624  

また来年もこれからも、

どうぞよろしくお願いいたします!

 

みなさま、

どうぞ良いお年をお迎えくださいませ〜!

2015年12月30日 (水)

近況と、年明けのコンサート@名古屋&大阪

あっという間に2015年も残すところ後1日ちょこっととなりました。

 

みなさま、新しい年を迎える準備をされていらっしゃる頃でしょうか。

 

今年は

クリスマス・イヴに全ての演奏本番を終えたワタクシ、

届いたおばーちゃん野菜などで気分転換に料理を楽しみ、、、 

10277763_1003006516407392_3350922_2

《自家製の塩麹でつくったおでん》

Img_2597_3

《クリスマスの日の前菜。

今年のメインはchickでなくて、イベリコ豚のチーズカツだったのですが、

酔っぱらってて写真撮り忘れましたcoldsweats01

Img_2607_2

《手羽先とネギと鳥肝塩糀炒め》

Img_2572_3

《こちらはお出汁のおでん》

リサイタルの報告書や著作権の書類提出pencil

仲良くしていただいている先輩宅で、

優秀な後輩達と初見大会&忘年会に混ぜていただき。。。

1463465_940889979334079_18148493830

《大活躍の先輩・後輩との初見大会は、刺激になり過ぎました。芸の道は精進あるのみ!を再確認sign01

 

そして、

年明けのコンサートの準備(←もっぱら雑務系)をしつつ、

久々マイペースで 過ごさせてもらってます。

 

 run run run run run

 

今年の仕事納めは、

テレマン室内合奏団での

『ロイヤルクラシックコンサート&ディナー』

 

ベートーヴェンの「運命」

モーツァルトの「フィガロの結婚」序曲

という、

クラシックお好きな方なら誰もが知っているような『超名曲』の演奏でした。

 

結局3週間くらい不調続きだった体調も、

やっと回復してスッキリ気分で臨んだのですが、

実はワタクシ、この名曲達を演奏するのは初挑戦でした。

(作品はもちろん知ってましたけれど。)

 

聴いているのと演奏するのはやっぱりちょっと違うので、

改めてYouTubeとスコアを見ながらお勉強しつつ、

どきどきしながらの本番でございました。

 

テレマン室内合奏団の皆さんとは、久しぶりの共演でしたが、

延原さんの熱の籠ったリハーサルからは得るものも多く、

皆さんとても素敵な音楽で、

大学の後輩E君をはじめいろんな方との再会も嬉しく、

終始楽しく演奏させていただきました happy01

 

1935145_1003006433074067_51064527_2  

《コンサート会場ホテルのイルミネーション》

12376048_998363103538400_87803993_2

《京都駅のツリーxmas

 

  clover  clover  clover  clover  

 

そして、

2016年最初のコンサートはコチラ☟

 

1622169_1004927942881916_6998011155  

若林千春 第3弾作品集CD発売記念

『玉響(たまゆら)/ぴあにッシモ』

【名古屋公演】

1月10日(土)14時〜@HITOMIホール(最寄り:千種駅)

【大阪公演】

1月30日(日)16時〜@ヤマハミュージック大阪なんば店(最寄り:四つ橋駅)

《プログラム》

   G.フォーレ 作曲:「シチリアーノ」「ファンタジー op.79」
   若林 千春 作曲
   「玉響...momentariness no.01」    
    「玉響...momentariness no.11」  
     「玉響...momentariness no.07」
      「玉響...momentariness no.13」
       「玉響...momentariness no.03」
      「玉響...momentariness no.14」
     「玉響...momentariness no.08」 
    「玉響...momentariness no.12」
   「玉響...momentariness no.02」
   「迦陵頻伽(かりょうびんが)」
   若林千春編曲:「うれしいひなまつり」
   S.シャリーノ作曲:「歓喜の歌」
   R.シュトラウス作曲:「ソナタ 変ホ長調 op.18」

 

CD発売記念と銘打ちながらも、

フォーレやR.シュトラウス、シャリーノなど、

CDには収録されていない、

フルートのメジャーレパートリーなども交えて、

幕の内お弁当的な演目でお楽しみいただきます。

8月の長野公演に引き続きのゆるゆるペースでの開催ですが、

名古屋や大阪のみなさま、お越しいただけましたら幸いです。

 

※東海地区3県(愛知・岐阜・三重)の方々には、

元旦の毎日新聞イベントページにて、名古屋公演の広告をご覧頂ける予定です。

 

どうぞよろしくお願いいたしますshine

2015年12月29日 (火)

「フルーティッシモ!」シリーズ、全4公演終演いたしました!

ご報告が遅れましたが、

「若林かをり フルーティッシモ!」

今年度の全4公演、無事終了いたしております。

 Photo_2 

それぞれの会にご来場いただきましたみなさま、

ご声援・ご支援をくださったみなさま、

ゲスト出演くださりトークをしてくださった先生方、

スタッフとして終演まで支えてくださった皆様、 

ありがとうございました!!!

 

このコンサートシリーズでは、

ステージ上で音を出したのは、私一人でしたが、

そのステージが成り立つように、

本当にたくさん、たくさんのみなさまの

お力添えを賜りました。

 

公演前後に別の本番を抱えつつの4回公演でしたが、

前後のコンサートやリハーサルで共演したの皆様から、

公演の事を気にかけてくださり、

暖かいお言葉をかけていただいたり、励ましていただいたり、

メンタル面でとても支えていただきました。 

 

 confident confident confident confident confident

 

「1つのコンサートを現代作品だけでやる」

というのは、

じつは、私としては初めての取り組みで、

自分にとってのチャレンジでもありました。

 

作品によっては、演奏がとても難しくて、

本番直前になっても、最後まで吹き終えられるか心配だったり、

公演が近づくにつれ、

不安と緊張で、頭痛や吐き気に見舞われ、

逃げ出したくなることも何度もありましたが、

真摯に協力してくださる作曲家の先生方、

スタッフ協力をお申し出てくださった友人や楽器屋さんたち、

そして何より、

当日、とてもいい雰囲気と集中力の場を立ち上げてくださった、

お客様のお陰で全公演乗り切る事ができました。

それぞれの会場のスタッフの方々も、

この奇妙な企画が滞りなく終演に向かうよう、

完全サポート体勢でご協力下さいました。

 

このように、恵まれた環境で、

人生初のリサイタルができたことは、

一生の宝物といっても過言でない経験です。

 

 shine  shine  shine

 

2公演リピートして来てくださった方がいらっしゃったこと、

それぞれの公演にとても遠くからお越し下さった方がいらっしゃったこと、

フルートソロのの可能性ってどないや?と、企画に興味を持ってくださったこと、

私の演奏を聞きたいと思って足を運んできてくださったこと、

こころから感謝いたしております。

ありがとうございました!!!!!

 

  shine shine shine shine shine

 

そして…

なんと!!!

この『フルーティッシモ!』の《vol.1》公演を聴きに来てくださった、

音楽評論家 白石美雪さんが、

週間オンステージ新聞 2016年1月1日 新年特別号の

「2015年 音楽ベスト5」のコーナーで、
 
私の事を「優れた新人」として、選んでくださいました!!!!
 
10298687_978300512237735_35433957_2
 
こんな沢山の著名人や有名オケの名前が挙がる中に、私の名前があるなんて…
 
今年最後の…新聞の日付け的には2016年最初の…サプライズです。
 
ありがとうございました!!!
 
          →紙面PDFはコチラ
 
 

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

YouTube

  • ベルトラン:「エクトラ」より第2楽章
  • ベルトラン:「エクトラ」より第3楽章
  • 細川俊夫:垂直の歌
  • シャリーノ:歓喜の歌
  • フォーレ:シチリアーノ(シシリエンヌ)
無料ブログはココログ