♪音楽・フルート

2017年4月10日 (月)

新年度の初演奏は

桜の季節になりました。
 
 
cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom
 
 
春の陽気は嬉しいのに、

花粉も元気に飛び回っているようで、

なんだか目も鼻も喉も調子がイマイチな毎日です。

 

少し前のこと。

 

今年度の初演奏は

滋賀に新しくできたポルシェrvcarショールームのオープニングパーティーでした。

 
 

  
 
 
応援してくださる方も多い地元での演奏の機会、
 
このように音楽で還元できることはありがたいです。
 
 
お店の周りには
 
お車好きの皆さまにはたまらなそうなcarたちが沢山!!
 




 
 
これは、
 
 
昨年のル・マン サーキットを制したのと同じモデルの車体だそうです。
 
 
 
私は車には詳しくありませんが、
 
それでも、
 
フランスにいた頃、このサーキットのシーズンになると、
 
テレビやラジオがサーキット情報で一色になったのをよく覚えています。
 
 
このように、日本でご縁ができるとは不思議なものです happy01
 



 
さて、今月はワタクシ、
 
今週末からはじまる、
 
現代作品の演奏ラッシュのために、
 
まさに、耐久レースに挑むような気分で、準備しています。
 
 
 
 
なんとか元気に乗り切りたいと思いますので、
 
是非是非お出かけくださいませnote
 
 
 
 
◆4月14日(金)19:00〜@東京オペ ラシティ3F 近江楽堂 (東京)
         プレトーク:国塩 哲紀氏(東京都交響楽団 芸術主幹)
 
 
 
◆4月18日(火)19:00〜@川口総合文化センターリリア音楽ホール(東京)
 
 
 
 
◆4月22日(土)15:00〜@神戸学院大学 有瀬キャンパス メモリアルホール(兵庫)
 
 
 


 


2017年3月10日 (金)

いろんなご縁

音楽情報誌「ぶらあぼ」の今月号を見ていたら、
 
去年出演させていただいた
 
 
上の写真でフルート持ってるのはワタクシでございますcat
 
 

Photo

 
このお写真、
 
昨年から何度か、いろんなところで使っていただいているようで
 
普段、写真を撮る習慣がない私としては、ありがたいことでございますcatface   
 
 
 
それにしてもあれから、もう一年、、 
 
時の早さには驚くばかり。。
 
 
 
今年はワタクシ、「東京・春・音楽祭」に出演はいたしませんが、
 
 
ちょうど上京している時期なので、  
 
出かけてみようと思っています♪
 
 
 
 
 
Hiroshikaori  
 
《昨年の「東京・春・音楽祭」ナイト・ミュージアム・コンサート》
 
 
941062_10153489174373359_6942590711
 
《本番前に博物館を満喫happy01 ワタシ、末端冷え性…sweat02
 
 
 
 
若手ギタリストのホープ、ひろしくんとは、
 
今年の6〜7月にかけてフランスで共演させていただきます。
 
 
彼とは、留学時期はちょうどすれ違い、だったのですが、
 
ご縁があって、2015年にストラスブールで初共演をさせていただきました。
 
 
そして、 昨年日本での初共演を経て、 
 
今年はまた、フランスでご縁を♪
 
 
 
久しぶりに話しても、
 
前に会ったのがつい最近だったような感覚がするほど、
 
自然に話せて(でも時間経過と比例して話題は尽きませんが。笑)
 
一緒に音を出しはじめたら、
 
『そうそう、これこれ!』という感じで
 
すぐに音楽がまとまってく感覚、
 
なんだか不思議で、でもとても嬉しいご縁だなぁ、と思います。
 
 
 
今度はどんな再会になるでしょうか?
 
楽しみです♪  
 
 

2016年12月18日 (日)

日経新聞電子版「ビジュアル音楽堂」

年末までのコンサートや本番のカウントダウン、 

毎日毎日、刺激のある時間を送らせていただいております。
 
さて、
 
この度、ご縁があって、
 
日経新聞電子版の「ビジュアル音楽堂」のコーナーに
 
記事と動画を取り上げていただきました。
Fullsizerender
 
 
自分を客観的に見るのは恥ずかしいすぎて、
 
動画はまだちゃんと見られてませんが…
 
(ちょこっと見ただけで、自分へのダメ出しが満載ですが…coldsweats01
 
 
とても丁寧に取材をしてくださり、
 
素敵な記事にまとめてくださっています。
 
 
 
この企画をオファーしてくださった記者さんに
 
ヨーロッパ在住のご経験がおありになったこともあり、
 
私の経験から感じた事、言わんとする事を
 
よく汲み取ってくださいました。
 
 
お時間がございましたら、
 
ご一読いただけましたら幸いでございます。
 
 
こんな風に、取り上げてくださり
 
応援していただけることに感謝。
 
 
日々精進!でがんばりますので、
 
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 
 

2016年10月 8日 (土)

バタバタの10月です

10月に入り、気がつけばもう一週間。

 

先週は、移動と本番で過ぎ去りましたが、

今週もあっという間の一週間。


遅ればせながら、

先週の回想記を。。。


 
 

pencil  pencil  pencil  pencil


 

弾丸東京行きでは、


 
来年の企画に向けての撮影とリハーサル、


 
そして今月21日のコンサート(⇒詳細はこちら♪)に向けての打ち合せでした。
 

撮影風景を少し。。




 


 

さて、この4人に共通する事は何でしょう!?!?


 
  happy02 happy02 happy02 happy02 happy02  


 
コンサート情報、もうすぐ、ご案内させていただけると思います♪


 
 
久しぶりに寄せていただいたヤマハのアトリエ東京では、

昨年のコンサートの写真を発見しましたlovely

 


ビックアーティストのお写真たちが飾られている中に、

混ぜていただいていることに感謝。


 
 bullettrain  bullettrain  bullettrain  bullettrain  bullettrain


 
そして、あっという間に京都に戻り、


 
Nuit Brancheのリハーサル→本番。 



 



《Berio フォークソングのメンバーで。》

 
そして本番後、ダッシュで和歌山へ。


 
終演時間が押していたので、
 


時計を見てビックリ!


 
地下鉄駅まで本気でダッシュrunrunいたしました。。


 
しかもバスフルートを担ぎながら…sweat01


 
 train  train  train  train
 


なんとか予定の電車で無事移動。
 
そして翌朝。


 
朝から、和歌山城を見ながら、

大きな梅干しと和歌山ラーメンを堪能させていただき、


 

 

コンサート会場へ。

 
 




 


コンサートリハ風景。
 
私の服、遠くから見ると牛みたいに見えますね…coldsweats01
 
写真がないのですが、
 
5年ぶりに共演させていただいた
 
和歌山児童合唱団のみなさまのフレッシュな歌声から
 
元気と笑顔を沢山いただきましたhappy01  
 
 
  happy01  happy01  happy01  happy01  happy01
 
 
 

《終演後も、和歌山ラーメン❤  》
 
 


《グリーンソフト、デビュー! 》
 
 《紀ノ川の夕焼けと、鳥たち。》
 
 
めまぐるしく過ぎ去る毎日ですが、
 
沢山の方と関わらせていただける事、
 
新しい出会いや嬉しい再会ができること、
 
とても幸せな環境にいさせてもらっているな、と思います。
 
お世話になっている皆様に感謝が絶えない毎日です。
 
ありがとうございます。
 
   confident  confident  confident  confident  confident  
 
 
さてさて、今日も午後は、大阪でコンサート。
 
20161008
 
今日はフランス歌曲です。  
 
日本でもフランス歌曲の演奏に携われる事に感謝❤
 
というわけで、行って来まーす!
 

2016年9月20日 (火)

久々の更新デス。近況など…

次回の更新から、ずいぶん時間がたってしまいました。

台風16号の関西直撃の中、書いてます。

この9月は台風も沢山、被害も沢山…また今回も心配です…

 
 typhoon typhoon typhoon typhoon typhoon

 

 

最近、出会う方から

 

「ところで最近ブログは…!?!?」

 

という嬉しいお声を頂くこともポツポツあったり、、

 

こんな、気まぐれなページを見て、気にかけてくださったり、

 

応援してくださる方がいるのだな…と励まされております confident

 

ありがとうございます!!

 

 

   confident confident confident confident confident 

 

 

最近、これまでの活動についてまとめなければならない機会があったのですが、

 

(8月中は主にそちらに四苦八苦していた訳なのですが…)

 

過去のコンサート資料を集めるのに、

 

このブログで綴っていた記録が 大変役に立ちましたflair

 

 

そういう意味でも、

 

ちゃんと、書いて残してかなきゃならないな。と実感したので、

 

またボチボチ、書き留めて行きたいと思います。

 

 

  pencil pencil pencil pencil pencil pencil pencil

 

 

今日は、直近のものについて。  

 

昨日までのシルバーウィーク三連休は、音楽三昧で終わりました。

 

9月17日(土)『ソセイする世界』

Flyer34thumb615xauto482

 ◉ 古庭園大人ライブ VOL.34


"平成・ハーディガーディ"誕生!!

  『ソセイする世界』
 

2016年 9月17日(土) 14:00開演(13:30開場)

 

・出演: 若林千春(指揮・統括)
    塩見亮(平成・ハーディガーディなど) 
    宮本妥子(打楽器など)
    若林かをり(フルートなど) 

 

・プログラム

-S.ライヒ:手拍子の音楽

-M.フェルドマン:デンマークの王(Perc. solo)

-G.サザナビッチ:平成ハーディガーディ奏鳴曲

-S.シャリーノ:フェニキアのイメージ、歓喜の歌(Flute solo)

-F.フィリディ:アナーキスト セランティーニの葬式 

 

心配していたお天気…雨予報100%に打ち勝った晴れパワーも後押ししたのか、

 

沢山のお客様がご来場くださいました!

 

NHKからも取材に来てくださることになり、

 

インタビューなどご協力くださった方、ありがとうございました。

 

(本日 9月20日18:45頃に、「おうみ630」で放送される予定だそうです!)

 

 14433164_1194338283940880_859292619

 《終演後、素敵過ぎる共演者のみなさまと♪》

 

素敵な日本庭園が見渡せる和室で行ったコチラのイベント、

 

蝉やカエルやカラスの鳴き声、

 

外から入って来る蟻ちゃんや虫達も参加してくれました。

 

お客さま方、開けっ放しの蒸し暑い空間の中、

 

新しい音たちに耳と目を傾けて下さいました。

 

 

14317353_1171763909562512_8747673_2

 《リハーサル中》

 

 

今回、いろいろな事が重なって、、、

 

心が折れる一歩手前で迎えた本場当日でしたが、

 

素晴らしすぎる共演者、そしてお客様と場の雰囲気に助けられ、

 

楽しく臨むことができました。

 

 

いつも応援くださる方や

 

懐かしい友人も来てくれて僅かながらお話できたこと、 

 

終演後に、聴きに来ていた若いフルーティストさん達が、

 

演奏について質問してくれたり、興味を持ってくれて嬉しかったです♪

 

14322227_1194353033939405_498435156  

 

サングラスで挑んだ、楽器を一切使わないフィリディ作品は、

 

また12月21日にパワーアップして栗東さきらで公演する予定^ ^

楽しみです♪

 

 

   eyeglass eyeglass eyeglass eyeglass eyeglass

 

 

翌日は、

 

12月4日に開催される『フルートフェスティバルin滋賀』の

 

第二部大合奏に出演されるみなさんとの初顔合わせ。

 

In  

 

打ち合せの後、40分ほどのミニコンサートをさせていただきました。 

実行委員長の松山先生から

 

「全曲現代のフルートソロ作品を是非!!」とのオファーにより、

 

以下の作品をチョイス。

 

- C.ベルトラン:エクトラ より 第一楽章

- 藤倉 大:グラシア〜バスフルートのための〜

- Y.マレシュ:巡行

- 武満 徹:エア

- S.シャリーノ:フェニキアのイメージ

 

それぞれ簡単に特殊奏法の解説を挟んで演奏させていただきました。

 

100名以上のフルーティストさん達の前で、

 

現代音楽ばかりの選曲でコンサートさせていただくのは初めての事だったので、

 

ドキドキしながら大雨の中、会場へ。。。

 

 皆さん静かに、興味深げな雰囲気で小さな音にも耳を傾けて聴いていて下さり、

 

終演後に感想を言いに来て下さったりして、とても嬉しいかったです。

 

ある方が、

 「私は、芸術でこころ打たれるというのは

  一種の催眠術のようなものだと思っているけれど、

  そういう意味で、今聴いたものは、まさに催眠術のようでした。
 
という、極上の褒め言葉とも取れるお言葉をくださいました。

私にとって宝物です。
 
ありがとうございます。
 

14344249_1194354847272557_895337981

 《終演後に訪れたカフェでいただいた薔薇❤》

 

そして、連休三日目は、

ひたすら、今後のコンサートの楽譜作り(発掘、コピーなど)と

10月2日公演のリハーサル。

 

来月以降、沢山の公演があるので、 

ここ一週間が私にとっての勝負!です。

 

音楽に携わらせていただけること、

 

魅力的な方々とご一緒させていただける環境に感謝が絶えない日々です。

 

 

健康第一でがんばりまー

す!
 

2015年12月29日 (火)

「フルーティッシモ!」シリーズ、全4公演終演いたしました!

ご報告が遅れましたが、

「若林かをり フルーティッシモ!」

今年度の全4公演、無事終了いたしております。

 Photo_2 

それぞれの会にご来場いただきましたみなさま、

ご声援・ご支援をくださったみなさま、

ゲスト出演くださりトークをしてくださった先生方、

スタッフとして終演まで支えてくださった皆様、 

ありがとうございました!!!

 

このコンサートシリーズでは、

ステージ上で音を出したのは、私一人でしたが、

そのステージが成り立つように、

本当にたくさん、たくさんのみなさまの

お力添えを賜りました。

 

公演前後に別の本番を抱えつつの4回公演でしたが、

前後のコンサートやリハーサルで共演したの皆様から、

公演の事を気にかけてくださり、

暖かいお言葉をかけていただいたり、励ましていただいたり、

メンタル面でとても支えていただきました。 

 

 confident confident confident confident confident

 

「1つのコンサートを現代作品だけでやる」

というのは、

じつは、私としては初めての取り組みで、

自分にとってのチャレンジでもありました。

 

作品によっては、演奏がとても難しくて、

本番直前になっても、最後まで吹き終えられるか心配だったり、

公演が近づくにつれ、

不安と緊張で、頭痛や吐き気に見舞われ、

逃げ出したくなることも何度もありましたが、

真摯に協力してくださる作曲家の先生方、

スタッフ協力をお申し出てくださった友人や楽器屋さんたち、

そして何より、

当日、とてもいい雰囲気と集中力の場を立ち上げてくださった、

お客様のお陰で全公演乗り切る事ができました。

それぞれの会場のスタッフの方々も、

この奇妙な企画が滞りなく終演に向かうよう、

完全サポート体勢でご協力下さいました。

 

このように、恵まれた環境で、

人生初のリサイタルができたことは、

一生の宝物といっても過言でない経験です。

 

 shine  shine  shine

 

2公演リピートして来てくださった方がいらっしゃったこと、

それぞれの公演にとても遠くからお越し下さった方がいらっしゃったこと、

フルートソロのの可能性ってどないや?と、企画に興味を持ってくださったこと、

私の演奏を聞きたいと思って足を運んできてくださったこと、

こころから感謝いたしております。

ありがとうございました!!!!!

 

  shine shine shine shine shine

 

そして…

なんと!!!

この『フルーティッシモ!』の《vol.1》公演を聴きに来てくださった、

音楽評論家 白石美雪さんが、

週間オンステージ新聞 2016年1月1日 新年特別号の

「2015年 音楽ベスト5」のコーナーで、
 
私の事を「優れた新人」として、選んでくださいました!!!!
 
10298687_978300512237735_35433957_2
 
こんな沢山の著名人や有名オケの名前が挙がる中に、私の名前があるなんて…
 
今年最後の…新聞の日付け的には2016年最初の…サプライズです。
 
ありがとうございました!!!
 
          →紙面PDFはコチラ
 
 

2015年10月 7日 (水)

そして、弾丸ヨーロッパ紀行。

9月23日の平和堂財団「リサイタルの夕べスペシャル」の高槻公演が終わった後、
 
渡欧しました。
 
12019815_960878630620181_2524584849
 
 
まずは、現代音楽祭“MUSICA" 真っ只中のストラスブールへ。
 
11224414_960878593953518_3992489397
 
12105962_964488656925845_3633360794  
 
MUSICAのコンサートをハシゴで楽しみ、
 
友人のプロジェクトの録音で、古い要塞の中に作られた素敵なスタジオを訪れたり、
 
12108992_964488770259167_4670271701
 
12043187_964488753592502_2531395877
 
先生方や友人たちとの再会に、来年以降のプロジェクトの相談も数件。。
 
それぞれうまくすすむといいなぁ。。smile
 
 
 
そして千春さん合流後、ケルンに移動bus
 
 
 
12046594_963195553721822_3577368251  
 
ケルン駅前にそびえ立つ、ケルン大聖堂は何度見ても圧巻sign03 です。
 
12079695_963195530388491_5840541569
 
12112490_964488626925848_3310300340
カボチャ好きの私にはcamera 必修の市場のカボチャ。
 
ヨーロッパでは、何故か、HOKKAIDOという名前なのですよね。。
 
 
 
12105938_963195490388495_1006468388   
 
12119133_964483923592985_3429667255 
 
今回は、
 
若林千春作品の「TAMAYURA」…俳句・和歌のようなアフォリズムの表現を音楽を通して追求した作品…を核に置いたプログラム。
 
細川俊夫、稲森安太己のフルートソロ作品、
 
シェーンベルクのピアノソロ作品、
 
そして最後は、
 
R.シュトラウスのソナタ(原曲はVnソナタ)
 
を演奏させていただきました。
 
12079699_964483930259651_1916394929
 
終演後は、
 
コンサートにお越し下さった懐かしい方々、
 
コンサート企画してくださった館の方々と、
 
深夜まで、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。
 
12115635_964483950259649_7202466628
《会場にあった、若冲のレプリカ❤おもわずパシャリ》
 
そして、公演の翌日、帰国!
 
11218876_964483966926314_5163342513
〈フランクフルト空港〉 
12141685_964483996926311_9215594973
《名残惜しさのカプチーノ&アルザスワイン》
 
本当は、もっと、ヨーロッパの空気を吸っていたかったですが、 
 
今回は、これがめいいっぱいの滞在時間dash
 
 
お土産買物に行く暇も、ゆっくり観光する暇もありませんでしたが、
 
毎日、音楽と出会いに溢れた、充実しまくった渡欧でした。
 
 
そして、
 
昨日からは、12日の「トリオ・コンサート」のリハーサル。
 
30532_2
 
会場の立木音楽堂は、先日初めて訪れましたが、本当にステキな場所です。
 
10421450_951423531565691_7053986413
 
私のパワースポットの一つになりそうな予感。。
 
時差ぼけに負けず、
 
気合い入れて頑張りま〜す!
 

2015年10月 6日 (火)

ご無沙汰しております。9月の終了公演への御礼!ありがとうございました!

ブログを読んでくださっているみなさま、

 
ながらく、更新できておらずで、申し訳ありません。

本番ラッシュの中、なんとか元気にやっています。

 
事後報告となりますが、更新できていない間のコンサート達。


 
こんな事をやっておりました、ということで、

以下、時系列でまとめてみます。


 
clover  clover clover clover clover clover

◆9月6日(日)11:00〜/15:00〜 (2回公演)

「街かどコンサート」@守山市(滋賀県)


 

11227909_950743534967024_1259853590

 

あいにく雨模様のお天気でしたが、沢山の方がお越し下さいました。

各回いろいろありましたが、それぞれ、懐かしい再会にも恵まれ、幸せな時間でした。

特筆すべきは、スタッフさんが、この企画を盛り上げようと終始良い雰囲気でサポートくださった事。

お客さまの反応次第で、演奏する側も全然アプローチが変わるんだな〜と、改めて実感できたことも収穫でした。

事務局から、後日、集客人数最高記録更新でした!のお知らせをいただけた事も、凄く嬉しかったです!

 

clover clover clover

 

◆9月12日(土)フルートレクチャー@木の花屋本店

 
弾丸で立ち寄った武生音楽祭で、マリオ先生から元気をもらって、金沢経由で長野入り。

初の金沢新幹線はとても綺麗shineで快適noteでしたbullettrain

長野での、第二回目のフルートレクチャー。

今回は、「アンサンブルの愉しみ」をテーマに開催しました。

 


11986560_1636573483251601_514481534
 
最後には、いつもお世話になっている、鴇沢先生とのデュオ。


 
12002033_1636573433251606_604400379
 


スリリングでしたが、楽しかったです。

短い時間ながら、ご参加下さった方といろいろお話出来た事も、嬉しかったです♪

 

clover clover clover


戸倉上山田温泉で、疲れをいやして、
 
温泉でお肌がツルツルになって翌日は、

◆9月13日(日)「女声コーラス 科野樹 コンサート」(ゲスト出演)@上山田文化会館(千曲市)


11150786_953791711328873_14543668_2

5年程前に、共演させていただいたこともある、

そして、

長年、千春作品をうたってくださったコーラスの

最後の定期演奏会に、ゲスト出演させていただきました。

長い歴史を築いてこられた、団員のみなさまの想いのこもった歌声に、

思わず胸が熱くなりました。

打ち上げで、ちらっと垣間見える皆様の個性が、チャーミングで素敵でした。

 

clover clover clover

◆9月16日(水)20:00〜21:00
 9月17日(木)20:00〜21:00

 
12046593_843755819072473_5407461792
 

12039651_843755849072470_5678539480

企画の話をいただいた時から、ワクワクしていたこのシェーンベルクのピエロ公演。


指揮なし公演の醍醐味は、共演者の皆さんと、音楽を作っていく過程。

経験豊富な、素晴らしい共演者の皆さまから、沢山刺激をいただきました。

こちらでもやっぱり2回公演の醍醐味を味わいました。

お客さまもですが、プレーヤーのコンディションでも、全然違うものになりますね。
音楽って、ナマモノだわ。
2日連続体験してくださったお客さまからの感想を聞けたのも、面白かったです。

またいつか、再演の機会が巡ってきますように。。
脱線しますが、この翌週、

ワタクシ、 別のコンサートでシェーンベルクの「浄夜」を聴きまして、

その後、先週末のケルン公演でも、シェーンベルクのピアノソロ作品を聴きまして、

この記事を書いている今も、頭の中はシェーンベルク週間でございます。笑

 
 clover clover clover

◆9月23日(水・祝)17:00〜
「平和堂財団主催 リサイタルの夕べ〜スペシャルコンサート」高槻現代劇場

01

 
12003180_959541130753931_7361710732


今や、各所で大活躍している、高校・大学の先輩・同級生・後輩と、

アンサンブルがとても難しい、

リゲティ作曲の木管五重奏曲「6つのバガテル」を演奏させていただきました。


10989419_959541140753930_1365386404
〈Hrnの安土さん、打ち上げまで関西にいられず…写真は木管4重奏になっちゃいました。。。〉


 
音で会話できるメンバーでのリハーサルは、楽しく、

本番も、「守り」でなく、「スリル」を優先させるノリで臨めました。

何より、みんなが持っている沢山の魅力的な引き出しから、

沢山いろいろ学ばせてもらえた事に感謝!


 
普段、主にオーケストラでご活躍の皆さんから

「楽器を響かせること」について、久しぶりに考えさせてもらうきっかけにもなりました。

また、このメンバーでもっといろんな作品をやりたいね。といって別れました。

近いうち、 再会できますように! 


そして、この公演の後に、渡欧していました。
各公演にお越し下さったみなさま、本当にありがとうございました!!!

 
渡欧の報告は次の記事で(^ ^)


 


2015年8月 6日 (木)

アグノーでのコンサート後、無事帰国してます!

ブログご報告が遅くなりました。

 
フランス滞在の最終日はアグノーでのコンサート♪
 
 
フランスのオケで活躍する皆さんと
 
ガッツリ3日間のリハーサルを経ての本番、
 
とても貴重で、幸せな経験 でした♡♡
 
Img_1563
 
Img_1564_2
 
【上記2枚、クラリネットにご注目! こんな陽気な方々とご一緒できて幸せでした。】
 
 
リハーサル会場だった、
 
ストラスブールフィルの本拠地のP.M.Cは、
 
なんと、ル・コルビジェの建築!♡
 
ストラスブールフィルの定期演奏会もこちらの会場で行われています。 
 
老朽化に伴い、数年前から大規模改修中。
 
Img_1569_3  
そして、
 
本番会場は、
 
アグノーの教会裏の屋外スペースでPA付きのコンサートでした。
 
Img_1580  
 
Img_1594
 
 
 
町をゆっくり散策する時間はなかったものの、 
 
リハ前にエクレアとコーヒー飲んで元気いっぱい!
 
 
共演者に聞いたところ、
 
この教会、ストラスブールが栄える以前は、
 
ヨーロッパに2〜3つしかなかった原典版の経典を持つ、
 
大変由緒正しき教会だったんですって。
 
 
中に入る時間がなかったのがザンネンthunderthunder
 
また訪れる機会がある事を願って。。。
 
 
Img_1603
 
 
そして、
 
コンサート翌朝に、無事日本に向けて出発。
 
 
日本に到着して、9月の「月に憑かれたピエロ」リハに直行。
 
Img_1616  
 
Img_1619
 
ピエロ、音にしてみると、
 
むちゃむちゃ素敵な作品♡
 
9月の本番が楽しみです。
 
コンサートは9月16.17日、ばっちり十五夜シーズンの京都。
 
ご予約は、カフェ・モンタージュまで!
 
各日限定40名様、売り切れ必至の公演ですので、
 
 
お早めのご予約を♪
 
15091617
 
 
日本に戻ってみると、フランスでの時間が夢の中の出来事のようです。
 
でも沢山充電できました。
 
 
帰国後、腰は痛いし歯は痛むし集中して練習できてないし…
 
いろいろ身体にガタも来ていますが…
 
今年の後半戦の本番ラッシュに向けて、準備をしたいと思います。
 
 
 clover  clover  clover  clover  clover
 
ところで、
 
今日は広島の原爆記念日ですが… 
 
フランスで会った、日本に来たいと言ってる友人達、
 
日本に行ったら是非、
 
広島や長崎の原爆資料館に赴きたい/子供を連れて行きたいと思っている。と、
 
多くの人が言ってくれます。 
 
 
怖いけど、同じ過ちを犯さないために知っておくことは大事だ。と。
 
 
だからこそ、
 
昨今の日本の向かおうとしている方向に
 
疑問や不安の声を投げかけて来る友人達が、今回沢山いました。 
 
そんな意味でも、この時期にフランスに行けて、 
 
海外の方々の意見が聞けた事は、私にとって大きな事でした。
 

2015年7月29日 (水)

音の実験空間"ESPACE SONORES" イメージ映像公開!ストラスブールのSHADOKで8月2日まで体験できます。

 
音の実験空間 "Espaces Sonores"。
 
Fullsizerender
 
 
Img_1368_2
 
 
8月2日までの期間限定で、
 
Le SHADOKという建物の中に設けられたこの実験空間。
 
イメージ映像がネットに公開されています。
 
 

Espaces Sonores. Le Shadok from boulevard des productions on Vimeo.

 
 
ワタクシ今回、ひょんな事から
 
コングレス主催者の先生に呼び出されて、
 
このイメージ映像のための被写体として(World Streaming Showへの出演も含めて)
 
撮影に参加させていただきました。
 
 
Img_1370  
 
 
"Espaces Sonores(音の空間)"と題されたこの場所には、
 
「音」が生み出されるさまざまな"仕掛け"が沢山!
 
幕を触ると光と音が生みだされ、その触り方の強弱で光や音が変化したり、
 
キャプチャーが動作に反応して、遠隔操作でシンギングボールを鳴らしたり、
 
額縁に手をかざすと、音が鳴ったり…さまざまな動作に反応して音を出す装置達。
 
 

の写真のシンギングボールの動作説明はコチラ↓

Img_1225
 

 
 
  bell  bell  bell  bell  bell 
 
 
 
イメージ映像の中にはないのですが、
 
手をかざすと静電気とそのノイズ音が発生する装置や、
 
区切られた空間を歩くと、あらかじめ録音された様々な声が上から降ってくる実験空間。
 
 
Img_1326  
 
 
コチラの写真は、
 
スキャナーのような装置の上に、アルファベットを置いてスイッチを入れると、
 
光のラインの線が左から右に(スキャンする時のように)流れて、
 
それに沿って、上に乗っているアルファベットの発音が、
 
さまざまな音高で鳴る装置…
 
 
これはその後、置いた音のイメージをプリントアウトできるようになっていたようなのですが、
 
私が行ったときは既に紙切れで作動せず…ザンネン bearing
 
 
 
 
それにしても、
 
カメラ嫌いのワタクシ、
 
まさかフランスのカメラの前に立つ日がくるとは。。(^ ^;
 
ディレクターさんに、
 
「ほら、そこで今、カメラ目線!はい、目線そのままで笑って〜」
 
というような指示を投げつけられ、
 
にわかアイドル?女優?にでもなった気分でございました。笑
 
 
  slate  slate  slate  slate  slate 
 
 
撮影ウラ話といたしましては、
 
 
1つの装置につき、3〜4回のテイクを撮ったのですが、 
  
さすがは相手が機械仕掛けの装置というだけあって、
 
リハーサルと同じように手をかざしているつもりなのに、
  
いいタイミングで全然いい音が鳴らないっsweat01sweat01
 
 
それでも、カメラは回っているので、
 
たとえ内心焦ってても、とりあえずカメラが止まるまでは笑ってなきゃなんない訳で…
 
女優さんアイドルさん達、カメラの前に立つ人の大変さも にわか体験できたような…catface
 
 
Img_1357
 
 
…って、
 
お客さんの前で1回音を出し始めたら最後、
 
何があっても最後まで吹かなきゃならないという意味で、
 
考えてみれば、演奏も同じなんですけどネ bleah
 
 
出来上がった映像を見てると、
 
いろいろ素敵に編集していただいていて、
 
自分じゃないみたいで不思議ですが、
 
ともかく貴重な経験をさせていただきました。
 
 
 
この装置達、ストラスブールのSHADOKで
 
8月2日まで、入場無料で体験できま〜す!
 
 
 
 

より以前の記事一覧

フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

YouTube

  • ベルトラン:「エクトラ」より第2楽章
  • ベルトラン:「エクトラ」より第3楽章
  • 細川俊夫:垂直の歌
  • シャリーノ:歓喜の歌
  • フォーレ:シチリアーノ(シシリエンヌ)
無料ブログはココログ