♪音楽・フルート

2017年8月31日 (木)

【放送のお知らせ】 NHK-FM ベストオブクラシック



【放送のお知らせ】



2017年9月7日(木)19:30〜21:10
NHK-FM「ベストオブクラシック」にて、


5月に出演いたしました
ラトヴィア放送合唱団の公演の模様が放送されます!




番組HPはこちら↓






 ◉ベストオブクラシック- ラトヴィア放送合唱団 演奏会 -

・「コヤニスカッツィ」から「ヴェセルズ」
フィリップ・グラス作曲
  (フルート)若林 かをり
  (ソプラノ・サクソフォーン)大石 将紀
  (テナー・サクソフォーン)田中 拓也
  (合唱)ラトビア放送合唱団
  (指揮)カスパルス・プトニンシュ

・「スンマ」 アルヴォ・ペルト作曲
  (合唱)ラトビア放送合唱団
  (指揮)カスパルス・プトニンシュ

・「徹夜祷 作品37」 ラフマニノフ作曲
  (合唱)ラトビア放送合唱団
  (指揮)カスパルス・プトニンシュ

~東京・すみだトリフォニーホール収録~
               (2017年5月22日)




2017年8月30日 (水)

近況など。。。

朝夕の虫の声や、時々吹く涼しい風に

 
秋を感じる季節になりました。



「フランスに行って来ます!」と書いたきりで

更新が滞っておりましたが、
 
無事、帰国しまして

あつい日本の夏を満喫しておりますcat




 

渡仏中は、


忘れてしまったフランス語に苦労しながらも、


周りの方に助けていただきながら、


プロジェクトも、音楽も、プライベートも


毎日たいへん充実した時間を過ごさせていただきました。


 
Sylvielandervitrauxexpositionineika



それぞれのコンサートの模様は、


美術家のSylvie LanderさんのHPでご覧いただけます。








今回の研究員としての派遣、という使命をいただいての渡仏だったので、
 
報告書も、しっかり提出いたしました! 







今回、芸術祭《Nuit de Lumière》でワタクシ、


あの、モーツァルトが演奏したオルガンがある協会としても有名な、


サン・トマ協会(Eglise Saint-Tomas)で演奏をさせていただきました。

 


プロジェクトのコンセプトの関係で、


「浴衣と下駄」という衣装での演奏だったのですが、


素敵なヨーロッパの教会の薔薇窓を拝みながら、

 
浴衣と下駄姿で教会の中に立っている自分の図を

 
客観的に想像すると、なかなか、レアすぎる光景で、、、

 
そんな意味でも、


大変貴重な時間を過ごさせていただきました。
 
後日、芸術祭について書かれた新聞記事に、
 
小さく写真まで載せてくださっていたとのことで、
 
とてもいい思い出になりましたconfident

Nuit_de_lumire


そして、この、貴重な体験の一部が、Youtubeでご覧頂けます。
 



そして、


もう一つの、ゲルツァイムの教会でのコンサートでは、

いつも、お世話になっている、

高田容子さんの衣装で演奏をさせていただきました。
 
 
Img_6071


   容子さんのパリの作品展の時の記事はこちらへ→高田容子さん作品展@Paris



容子さんのご衣装には、





In


 




フランス帰国後は、楽しい楽しい夏休み❣️

のはずだったのですが、

この夏は、いろんなものに当たられる/当たる確率がとても高く。。。sweat02

車の当て逃げに始まり、
 
トイレの故障、水道の水漏れ、電球が切れる
 
横に停まっていた車のドアが突然開いて軽く腕を負傷… などなど、、、


…こーゆーことって、重なるときは重なるんですね。。。
 
 
幸いなことに、モノが被ってくれる災いが多く、
 
家族は健康でいられることに感謝です。  
 
 
さまざまな対応をすべく、 
 
保険会社、車屋さん、水道屋さんなど、いろんな方にお世話になり、


提出すべき書類の準備などをしたりしていたら、


あっという間に過ぎ去りました。。。



精神的にも結構疲れましたが、

でも同時に、

いろんな分野のスペシャリストの皆さんに、感謝を覚える機会になりました。

 


私たちが常日頃、便利に生活できているのは、

たくさんの方々がそれぞれの役割でお仕事をしてくださって、
 
社会が成り立っているからなんだなぁ、

という、当たり前すぎて、普段忘れがちなことに気づかせてもらった気がします。


現実に戻ると、 
 
ほとんど捗っていない今後のコンサートたちの練習。。。。


crying crying crying crying crying 


なんとか、出かけるまでの時間で、

追い込みをかけるべく、頑張ります!!






 




2017年6月19日 (月)

フランスに行ってきます!

 
久しぶりにフランスに行ってまいります!
 
 
この度の遠征は、
 
文化庁の新進芸術家海外研修制度の研修員として任命いただき、
 
渡航させていただける事になりました。
 
 
大好きなフランスでコンサートさせていただけるご縁と、
 
行かせてもらえる環境に感謝して、貴重な時間を過ごしてきたいと思います。

 
 
 
18156871_1418220818224478_660073821
 
6月24日(土)は、
 
ストラスブールの協会群で2年に1度行われている芸術祭
 
”NUIT DE LUMIERE”に出演させていただきます。

「陰翳- IN-EI-」というテーマで、フランスと日本の光と陰を音で表現する目論見。
 
 
シルヴィーさんのステンドグラス作品と日本の灯籠のインスタレーションの中で、
 
《さくらさくら》や《うれしいひなまつり》の日本のメロディーとヨーロッパの作品を演奏させていただく予定でございます。
 

私たちのパフォーマンスは、
 
ストラスブールのサントマ協会で21:30〜/23:00〜の2回公演。
 
(23時〜って、さっすが、おフランスって感じですっ!)
 
このサントマ協会には、なんと、モーツァルトが演奏したオルガンがあるんですよ!

お近くの方は是非いらっしゃってください!!

                コンサート詳細はこちら→Nuit de lumiere:  Saint-Tomas de Strasbourg

1493407730
 
もう一つは、
 

7月1日(土)に、フランスのアルザス地方の教会で、

 
ギタリスト小暮浩史くんとデュオリサイタルをさせていただきます。

浩史くんとは、2015年にこの教会でコンサートをご一緒してから、
 
昨年は「東京・春・音楽祭」で、そして、今年はまたストラスブールで…と、
 
年に一回ペースでご一緒させていただいています^ ^
 
リハーサルもかーなり真面目に取り組んじゃう私たちですが、
 
話し出したらおしゃべりも止まらないっ!笑
 
 
今年のメインはダマーズ。
 
久しぶりの再会がとても楽しみです^ ^
 
 
    →コンサート詳細はこちら→Concert en l'église Saint-Denis de Gerstheim
 

コンサート詳細ページの写真、
 
1枚目は前回のGerstheimでのコンサート、
 
2枚目は昨年の「東京・春・音楽祭」の公演前に撮っていただいたものなのですが、
 
わたし、どちらも濃紺のドレス.....(^ ^;
 
今年は違う色着ようと思っています!!
 
 
 
 

2017年6月18日 (日)

フルート・スペシャルレッスンのご案内

来月7月28〜29日に、
 
フルート教室〜フォルテ〜さんで、
 
スペシャルレッスンを開催させていただくことになりました。
 
 
先着順の受付、ということですので、
 
ご希望の方は是非是非お早めにお問い合わせくださいませ。

  詳細はこちらへ→http://basarachaosmos.wixsite.com/kaoriwakabayashi/blank-njeq9

 
 
 
昨年10月に和歌山でコンサートをさせていただいたご縁で、
 
今年の2月から、不定期でスペシャルレッスンをさせていただいております。
 
コンサートの機会、そしてそこから生まれる出会いのご縁に感謝です。
 
 
 
【前回のレッスン風景より】
 
16508013_1229035640514004_813341788
 
 

2017年6月16日 (金)

5月のコンサートたち

またまたお久しぶりの更新となってしまいました。
 
 
1ヶ月遅れですが、
 
5月の公演のご報告です。
 
 
  snail snail snail snail snail
 
 
5月14日は今年も「ルシオール・アート・キッズ・フェスティバル」に参加させていただきました。
 
ラ・フォル・ジュルネの関連企画であるこのイベント、
 
主催である守山市の至る場所で、
 
音楽だけでなく、美術や食とも連携して盛りだくさんの企画が開催されています。
 
ラ・フォル・ジュルネの今年のテーマ「ダンス」をキーワードにプログラムを組みました^ ^

 

 *****

文部省唱歌/若林千春 編曲「村祭り」

 A.ボロディン 作曲/安田芙充央 編曲「だったん人の踊り」

 B.バルトーク 作曲「アレグロ・バルバロ」

 C.グルック 作曲「精霊の踊り」

 A.ピアソラ 作曲/安田芙充央 編曲「ブエノスアイレスの冬」

 B.エヴァンス 作曲/安田芙充央 編曲「ワルツ・フォー・デビー」

 アンコール:

 F.ローウェ 作曲/安田芙充央 編曲アンコール「踊りあかそう」

 
 
私は今年で3回目の出演でしたが、
 
毎回のように、同級生や懐かしい方との再会のきっかけになっています ^ ^
 
今年は、「フルート習っています。去年も聴きました。」
 
という可愛い小学生?幼稚園生?からお花をもらって感激shine
 
フルート続けてこられて嬉しいなぁ♪と思う瞬間でした。
 

 
 
5月20日には、
 
京都フランス歌曲協会のコンサート「フォーレとケクラン」 で、
 
フォーレ「シシリエンヌ」
 
ケクラン「リリアンのアルバム」第1集全曲
 
を演奏させていただきました。
 
近代フランスの歌曲にはフルートが添えられていることもしばしば。
 
歌とのアンサンブルは、楽器同士のアンサンブルとはまた少し違っていて、
 
でも〈呼吸〉の観点においては、毎回とても勉強になる経験です。
 
 
今年生誕150年を迎えるケクランは、 
 
日本ではあまり知られていない作曲家ではありますが、
 
フルートの作品をとても多く残してくれています。 
 
私は大学時代に、
 
フルート・サックス・ピアノの「ジーンハーローの墓碑銘」という作品で
 
初めてケクランのことを知りました。
 
全3巻にわたる独奏曲のほか、デュオ作品や、「フルート・ソナタ」があります。
 
 
 
 
今回演奏させていただいた、
 
「リリアンのアルバム」は
 
もしかしたら全曲演奏が日本初演かもしれない!!
 
という貴重な機会。
 
 
ケクランが恋した女優「リリアン」に捧げた素敵な小品たち。
 
企画者の近藤秀樹さんの解説とプロジェクターの画像投影も併せてお楽しみいただきました。 
 
 











 
 
そして、もう一つ。
 
5月22日には、
 
世界的にも最高峰の実力のある合唱団
 
ラトヴィア放送合唱団と共演させていただきました。
 
 
フィリップ・グラスの「ヴェセルズ」は、
 
6分間休みなしでデザインのような音形を演奏する修行のような作品。
 
 
サックスのお二人に助けていただきながら、
 
合唱団の皆さんの素敵な歌声の中で、
 
大変貴重な経験をさせていただきました。
 
 
連日ハードなコンサートツアーをされている合唱団の
 
プロ意識…というか、
 
本番までの声のコンディションの持っていき方、
 
「さすが!!」の一言でした。
 
 
 
そして、この日のメインは、
 
素晴らしい作品、ラフマニノフ「徹夜祷」。
 
本番後、客席で堪能させていただきましたが、
 
作品はもちろんのこと、素晴らしい演奏で、
 
1時間余り、
 
時間も忘れて聴き入ってしまいました。
 
こちらのコンサートの模様は、
 
NHKのEテレやNHK-FMラジオで今後放送の予定があるそうです。
 
 
コンサートレヴューも是非ご覧ください。 →メルキュール・デ・ザール
 









 
 
18685411_10210935526478028_21345641  

2017年5月 1日 (月)

フルーティッシモ!vol.4ほか、終演いたしております!

いつもながら、ご報告が遅れがちになっておりますが、

4月の現代作品三昧のコンサートたち、
 
無事終演いたしております。





それぞれのコンサートに足をお運びくださった皆様、


応援くださった皆様、
 

ありがとうございました!!!

 
いただいたご感想など、嬉しく拝読させていただいております。





 
Photo_2



《フルーティッシモ! vol.4》










《アプサラス第6回演奏会》
 








《グリーンフェスティバルの開催地、神戸学院大学》


 bud bud bud bud bud
 
思い返せば、
 
現代作品のハード系の独奏作品を1週間のうちに10曲も取り組んだこと、

初めてだったかもしれません。

 

どの公演も、たくさんの方のお力添えによって、

 
演奏に集中させていただき、取り組ませていただくことができました。

 


「フルーティッシモ!」のような、傍若無人ともいえる企画をさせてもらって
 

応援していただけるというのは、
 
奏者として本当に恵まれた環境にいさせてもらえるな、と、感じます。
 
そして星の数ほどいるフルート奏者の中から、
 
私に演奏の場をいただけることにも感謝。


 


 
本番ごとに、新しい出会いや再会に恵まれ、
 
いつもながらの感想になりますが、

人とのご縁に感謝が絶えない時間を過ごさせていただいております。






《さくら@和歌山大》


今年、特に新年度に入って、

私自身も含めて、家族を取り巻く環境が少し変わってきたので、

時間の使い方を工夫しなきゃなぁ。。。と思いながらの毎日ですが、 

家族をはじめ、関わってくださる方への感謝を忘れずに、

笑顔をわすれずに元気に過ごしたいと思います。



ひとまず
 
今月からは、普通の音もちゃんと出すフルート奏者に戻ります。笑
 
これからも、引き続き応援をよろしくお願いいたします happy01






 




2017年4月10日 (月)

新年度の初演奏は

桜の季節になりました。
 
 
cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom
 
 
春の陽気は嬉しいのに、

花粉も元気に飛び回っているようで、

なんだか目も鼻も喉も調子がイマイチな毎日です。

 

少し前のこと。

 

今年度の初演奏は

滋賀に新しくできたポルシェrvcarショールームのオープニングパーティーでした。

 
 

  
 
 
応援してくださる方も多い地元での演奏の機会、
 
このように音楽で還元できることはありがたいです。
 
 
お店の周りには
 
お車好きの皆さまにはたまらなそうなcarたちが沢山!!
 




 
 
これは、
 
 
昨年のル・マン サーキットを制したのと同じモデルの車体だそうです。
 
 
 
私は車には詳しくありませんが、
 
それでも、
 
フランスにいた頃、このサーキットのシーズンになると、
 
テレビやラジオがサーキット情報で一色になったのをよく覚えています。
 
 
このように、日本でご縁ができるとは不思議なものです happy01
 



 
さて、今月はワタクシ、
 
今週末からはじまる、
 
現代作品の演奏ラッシュのために、
 
まさに、耐久レースに挑むような気分で、準備しています。
 
 
 
 
なんとか元気に乗り切りたいと思いますので、
 
是非是非お出かけくださいませnote
 
 
 
 
◆4月14日(金)19:00〜@東京オペ ラシティ3F 近江楽堂 (東京)
         プレトーク:国塩 哲紀氏(東京都交響楽団 芸術主幹)
 
 
 
◆4月18日(火)19:00〜@川口総合文化センターリリア音楽ホール(東京)
 
 
 
 
◆4月22日(土)15:00〜@神戸学院大学 有瀬キャンパス メモリアルホール(兵庫)
 
 
 


 


2017年3月10日 (金)

いろんなご縁

音楽情報誌「ぶらあぼ」の今月号を見ていたら、
 
去年出演させていただいた
 
 
上の写真でフルート持ってるのはワタクシでございますcat
 
 

Photo

 
このお写真、
 
昨年から何度か、いろんなところで使っていただいているようで
 
普段、写真を撮る習慣がない私としては、ありがたいことでございますcatface   
 
 
 
それにしてもあれから、もう一年、、 
 
時の早さには驚くばかり。。
 
 
 
今年はワタクシ、「東京・春・音楽祭」に出演はいたしませんが、
 
 
ちょうど上京している時期なので、  
 
出かけてみようと思っています♪
 
 
 
 
 
Hiroshikaori  
 
《昨年の「東京・春・音楽祭」ナイト・ミュージアム・コンサート》
 
 
941062_10153489174373359_6942590711
 
《本番前に博物館を満喫happy01 ワタシ、末端冷え性…sweat02
 
 
 
 
若手ギタリストのホープ、ひろしくんとは、
 
今年の6〜7月にかけてフランスで共演させていただきます。
 
 
彼とは、留学時期はちょうどすれ違い、だったのですが、
 
ご縁があって、2015年にストラスブールで初共演をさせていただきました。
 
 
そして、 昨年日本での初共演を経て、 
 
今年はまた、フランスでご縁を♪
 
 
 
久しぶりに話しても、
 
前に会ったのがつい最近だったような感覚がするほど、
 
自然に話せて(でも時間経過と比例して話題は尽きませんが。笑)
 
一緒に音を出しはじめたら、
 
『そうそう、これこれ!』という感じで
 
すぐに音楽がまとまってく感覚、
 
なんだか不思議で、でもとても嬉しいご縁だなぁ、と思います。
 
 
 
今度はどんな再会になるでしょうか?
 
楽しみです♪  
 
 

2016年12月18日 (日)

日経新聞電子版「ビジュアル音楽堂」

年末までのコンサートや本番のカウントダウン、 

毎日毎日、刺激のある時間を送らせていただいております。
 
さて、
 
この度、ご縁があって、
 
日経新聞電子版の「ビジュアル音楽堂」のコーナーに
 
記事と動画を取り上げていただきました。
Fullsizerender
 
 
自分を客観的に見るのは恥ずかしいすぎて、
 
動画はまだちゃんと見られてませんが…
 
(ちょこっと見ただけで、自分へのダメ出しが満載ですが…coldsweats01
 
 
とても丁寧に取材をしてくださり、
 
素敵な記事にまとめてくださっています。
 
 
 
この企画をオファーしてくださった記者さんに
 
ヨーロッパ在住のご経験がおありになったこともあり、
 
私の経験から感じた事、言わんとする事を
 
よく汲み取ってくださいました。
 
 
お時間がございましたら、
 
ご一読いただけましたら幸いでございます。
 
 
こんな風に、取り上げてくださり
 
応援していただけることに感謝。
 
 
日々精進!でがんばりますので、
 
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 
 

2016年10月 8日 (土)

バタバタの10月です

10月に入り、気がつけばもう一週間。

 

先週は、移動と本番で過ぎ去りましたが、

今週もあっという間の一週間。


遅ればせながら、

先週の回想記を。。。


 
 

pencil  pencil  pencil  pencil


 

弾丸東京行きでは、


 
来年の企画に向けての撮影とリハーサル、


 
そして今月21日のコンサート(⇒詳細はこちら♪)に向けての打ち合せでした。
 

撮影風景を少し。。




 


 

さて、この4人に共通する事は何でしょう!?!?


 
  happy02 happy02 happy02 happy02 happy02  


 
コンサート情報、もうすぐ、ご案内させていただけると思います♪


 
 
久しぶりに寄せていただいたヤマハのアトリエ東京では、

昨年のコンサートの写真を発見しましたlovely

 


ビックアーティストのお写真たちが飾られている中に、

混ぜていただいていることに感謝。


 
 bullettrain  bullettrain  bullettrain  bullettrain  bullettrain


 
そして、あっという間に京都に戻り、


 
Nuit Brancheのリハーサル→本番。 



 



《Berio フォークソングのメンバーで。》

 
そして本番後、ダッシュで和歌山へ。


 
終演時間が押していたので、
 


時計を見てビックリ!


 
地下鉄駅まで本気でダッシュrunrunいたしました。。


 
しかもバスフルートを担ぎながら…sweat01


 
 train  train  train  train
 


なんとか予定の電車で無事移動。
 
そして翌朝。


 
朝から、和歌山城を見ながら、

大きな梅干しと和歌山ラーメンを堪能させていただき、


 

 

コンサート会場へ。

 
 




 


コンサートリハ風景。
 
私の服、遠くから見ると牛みたいに見えますね…coldsweats01
 
写真がないのですが、
 
5年ぶりに共演させていただいた
 
和歌山児童合唱団のみなさまのフレッシュな歌声から
 
元気と笑顔を沢山いただきましたhappy01  
 
 
  happy01  happy01  happy01  happy01  happy01
 
 
 

《終演後も、和歌山ラーメン❤  》
 
 


《グリーンソフト、デビュー! 》
 
 《紀ノ川の夕焼けと、鳥たち。》
 
 
めまぐるしく過ぎ去る毎日ですが、
 
沢山の方と関わらせていただける事、
 
新しい出会いや嬉しい再会ができること、
 
とても幸せな環境にいさせてもらっているな、と思います。
 
お世話になっている皆様に感謝が絶えない毎日です。
 
ありがとうございます。
 
   confident  confident  confident  confident  confident  
 
 
さてさて、今日も午後は、大阪でコンサート。
 
20161008
 
今日はフランス歌曲です。  
 
日本でもフランス歌曲の演奏に携われる事に感謝❤
 
というわけで、行って来まーす!
 

より以前の記事一覧

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

YouTube

  • ベルトラン:「エクトラ」より第2楽章
  • ベルトラン:「エクトラ」より第3楽章
  • 細川俊夫:垂直の歌
  • シャリーノ:歓喜の歌
  • フォーレ:シチリアーノ(シシリエンヌ)
無料ブログはココログ