♪大好き 美術系

2015年6月22日 (月)

いざ渡仏!行ってきま〜す!!

あっという間に、明日から渡仏いたします!

 
27日にストラスブール近郊のGerstheimという町の教会で、 
 
リサイタルをさせていただくことになっています。
 
1381355_909013819139996_52080597560   
 
共演は、現在、ストラスブール音楽院で研鑽を積んでいらっしゃる、小暮浩史さん。
 
既にCDなども出していらっしゃる程の実力派。
 
今回が初共演ですが、フルート&ギターのテッパン作品である、ピアソラやイベールに加え、
 
CPEバッハのハンブルガーソナタ(ギター版)に若林千春作品も。
 
どんなアンサンブルができるのか、楽しみです happy02 happy02
 
現地についてから、本番までガッツリリハーサルpunch
 
バッハとドビュッシーのソロも吹きます。
 
 
 
このコンサートは、会場である教会の中のステンドグラスを制作された、
 
ストラスブール在住の美術家、Sylvie Landerさんと
 
1年前から企画を進めていたもの 。
 
ようやく一年。でもあっという間に一年。
 
 
今年は、ストラスブール大聖堂の1000年記念の大イベントが行われているのですが、
 
その大聖堂の作品展示に、彼女もノミネートされていて、
 
そちらの制作に大忙しだったはずなのに、
 
しっかり、コンサートの準備もしてくださって、本当に感謝です。 
 
11108299_938392159540682_4026248554  
【こちらがその新作。ストラスブール大聖堂の中、時計台の前に飾られているそうです。いらっしゃる方は是非!】
 
 
完全帰国した後に、このようなご縁でつながっていられること、
 
また大好きなストラスブールに行ける事、
 
こんな環境にいさせてもらえることに感謝が絶えません。
 
 
Img_9858_3
   【Sylvieさんのアトリエで】
 
 
彼女とは、数年前にストラスブールで、
 
彼女の作品展示がある美術展に赴き、出会ったご縁で、
その後、
 
展覧会を見に行ったり、アトリエに招いてくださったり、
 
私のコンサートを聞きに来てくれたり…と、
 
言葉の壁を越えて、素敵な出会いをさせていただいた方のお一人です。
 
このチラシも、Gerstheimの教会のバラ窓の下絵をもとに
 
作ってくださったもの。
 
11536076_909013832473328_65350505_2
【コンサート会場のGerstheimの教会】
 
 
このコンサートの告知が、
 
先週、フランスの新聞社DNA誌 (主にストラスブールのあるアルザス地方で刊行されています)に掲載されたそうで、
 
友人から、添付ファイル付きのメールが来ました。
 
外国の新聞に、自分の出るコンサートの記事が載ったなんて
 
とてもとても嬉しくて、記事を見て更にビックリ!
 
私の詐欺写真がでかでかと…sign03
 
11391702_909013722473339_4256075199
 
確かに、フランスの新聞にアジア人の顔を載せたら、
 
目立つし読む人の気もそそるかも!?という考えには納得しますが、
 
顔が大き過ぎてもはやフルートが分からないし…coldsweats01
 
 
 
記事の題名は 「音(notes)」と「(絵をかく)コンテ(contes)」
 
と、さすがはおフランス人のユーモア!
 
脱帽させられるセンスですね。
 
 
こんなふうに、応援していただいて、歓迎していただいて、
 
何より素晴らしい空間でコンサートをさせていただけることに感謝して、
 
行って参りま〜す! 
 
と思いつつ、 
 
一昨日まで取材や打ち合わせで東京にいたので、昨日やっとこ準備を開始。
 
完全帰国以来の海外脱出なので、なんだか妙に落ち着きません…
 
 
しかも今回の滞在中、
 
フランス人の友人宅へのホームステイが約二週間も。。
 
フランスに暮らしていたときよりもどっぷりフランス語生活が体験で来そうな予感の反面、不安もいっぱい。。
 
でも、受け入れてくださる友人達がいる事にも感謝。
 
今しかできないであろう経験、ご縁に感謝して、楽しんできま〜す!
 
まずは荷造り終わらせなきゃっ…sweat01
 
というか、このタイミングで壊れた洗濯乾燥機、
 
今日ちゃんと治ってくれて旅立てますように…
 
今年は大型家電の壊れ年…年月の経過を思い知らされているようでショックです…wobbly
 
 
Img_9863_2
【Sylvieさんの作品のあるストラスブールの教会で…教会の名前、忘れてしまいました…】
 
 
ちなみに、7月中旬はストラスブールで行われる、
 
世界のサックス奏者が集まるサックス・コングレス“SAX OPEN”にも参加させていただきます。  
 
 
日本からも沢山のサックス奏者がいらっしゃるとのお噂。 
 
ストラスブールでお目にかかれる皆さん、一足お先に現地でお待ちしております♪
 

2015年1月11日 (日)

今年の手帳

 
未だにスケジュール管理は紙派のワタクシ。
 
 
今年の手帳は、大好きな草間彌生さんのカボチャ手帳heart02  
 
 

Img_0052

 
 
個人的にカボチャのフォルムが大好きで、
 
ずっと昔から、お花屋さん等で売っている「おもちゃカボチャ」を部屋のオブジェにしていた私。
 
 
10年前に、ふらっと入った渋谷の画廊で
 
草間さんの「ダンスカボチャ」と偶然出会って以来、
 
カボチャシリーズのファンです。
 
 
このカボチャの手帳とは、
 
去年の夏、何故だか南仏・トゥールーズの雑貨屋さんで出会ったのですが、
 
その時は、荷物が増える+日本のものをフランスで買うのは気が進まなかったので、
 
ぐぐっとガマン。
 
その後、六本木の森ビルの一角で発見。
 
即購入いたしましたsmile
 
 
今年は良い事沢山あるといいな〜。。
 
 

2013年5月26日 (日)

Vitra デザイン ミュージアム

スイス@美術館巡り記事の続きです♪
 
最終日は、バーゼル!
 
バーゼルは、既に何度が記事も書いたように、
 
ストラスブールからお手軽に行けちゃうスイスの町happy01
 
 
美術館もたっっっくさんあって、
 
行きたい所、全部まわるには、
 
まだ何度かは来なきゃならないかなぁ。。。?? 
 
 
  train  train  train
 
さてさて、
 
今回は、バーゼル駅からトラムとバスを乗り継いで、
 
正確にいうと「ドイツ」にある、
 
 
Img_7179

Img_7176_3

 
企画展は、Louis KAHN展が開催中でした。
 
バングラディシュの国会議事堂とか、
 
サンティエゴのソーク研究所とか、
 
模型や、現地のビデオが上映があり、
 
超、楽しそう〜〜lovely
 
死ぬまでに、いくつか本物見られる機会があればいいな。  
 
 
 house  house  house
 
また、
 
こちらのデザイン・ミュージアムの敷地内には、
 
いくつかの不思議な建築があって、
 
解説つきツアー(英語かドイツ語)に参加すれば(希望制/当日でOK)
 
敷地内の建物を見学できます。
 
 
こちら↓はZaha Hadid氏の消防署
 
Img_7190
 
 
どこもかしこも
 
ナ ナ メ の世界。 
 
Img_7195_2
 
Img_7202_2
Img_7204
 
↑こんなところまでナナメです。笑
 
 
Img_7206
↑食堂の天井ももちろんナナメ。
 
灯りはノグチ・イサム氏のデザイン。
 
 
  flair  flair  flair  
 
こちらは、メインの建物 ↓ ↓ ↓
 
企画展もこの中でやってます。
 
 
Frank Gehry氏作。
 
まるで、ピカソとかブラックが描いた
 
キュビズムの絵画が、立体になって飛び出て来たみたい happy02 
 
 
Img_7211
Img_7213
 
こんなのが、現実に作れちゃうなんて、
 
すんごいな〜 
 
  wrench  wrench  wrench 
 
 
そして、そして、
 
我らが日本の、安藤忠雄氏の建築もあります♪ 
 
 
Img_7251
 
Img_7241
 
Img_7236
 
Img_7231
 
↑この灯りも、イサム・ノグチ氏のデザインのもの。
 
ミュージアム・ショップや、ネットでご購入が可能なのだそうです。
 
 
1歩1歩と足を進める毎に 
 
毎回違う景色・姿を見せてくれる、本当に不思議な建物でした。 
 
 
写真では全く全体像が撮れません!!
 
 
  wrench  wrench  wrench 
 
こちらは、ヴィトラ・ハウス。Herzog & de Meuron氏。
 
ミュージアムショップ、カフェがあり、
 
ヴィトラの家具が、モデルルームのように展示してあります。 
 
ご購入もできるそうです。
 
 
Img_7184
 
Img_7258
 
Img_7266
 
かわいすぎるけど、全然くつろげそうにないソファー発見smile
 
Img_7257
 
 
 
Img_7260_3
 
↑ ヴィトラ・ハウスからの景色。
 
穏やかに晴れて、気持ちのよい一日でしたhappy01
 
 

2013年5月14日 (火)

スイス@美術巡り【ベルン:パウル・クレー センター】

ベルン-Bern-では、
 
いつか行ってみたいと思っていた
 
 
 
Img_7144_2  
 
Img_7160_2
 
Img_7166_2
 
建築は、関西空港の設計士でもあるレンゾ・ピアノ氏!
 
 
Img_7167_3
 
ちょうど菜の花がキレイ時期でしたbud
 
 bud bud bud
 
なんにも調べず行ったのに、
 
ちょうど、『ジャポニズム〜禅〜』と銘打って
 
パウル・クレーの作品と日本やアジアの作品との関連企画。
 
Img_7152
 
 
 
狩野派の金箔張り屏風をはじめ、
 
浮世絵、若冲曽我蕭白の墨絵など、
 
もんのすごく素晴らしい作品が展示されていたり、
(↑ほとんどがケルンの美術館所蔵)
 
歌舞伎や仏教についても触れられていました。
 
中国の素晴らしい書が飾られている隣に、
 
クレーが意味分からず真似して書いたと思われる、
 
解読不能な『漢字のようなものを書いたもの』が
 
展示されていたのを見たときは、思わず爆笑。smile 
 
クレーさんのステキな人格を垣間みた気がしました。
 
 
 
企画の最後には、
 
逆に、クレー作品から影響を受けて創られたものたち…
 
武満徹の音楽作品の上演や雑誌への投稿文の展示、
 
日本の漫画雑誌に掲載された「クレーな人」というタイトルの
 
連載漫画の原稿が並べられて、
 
その原稿の上には漫画に使われた、クレー作品の本物が展示されていたり…
(↑漫画、日本語のままの掲載だったので、読めてちょっと優越感をかんじてみたり♪) 
 
 
一般的なイメージの
 
「これ、クレーだよね〜heart01」という作品は少なかったですが、
 
アジアのものに魅力を感じて、遊びゴコロを持って創作していたクレー像を知ることができて、
 
また今までと違う印象でクレーを感じられた気がしました。
 
思わず、大好きな日本画系の巨匠たちの作品が見られた事にも感激happy02
 
 
 
Img_7158
↑ 出入り口にて。
 
おそらく何らかの事故でひびが入ってしまったであろうガラスの横に、
 
「作者不明:2012作」の立て札。笑
 
作品に見立ててしまう所がさっすがです!
 
芸術はこうでなければ smile
 
 
 
 
【ベルンの町】
 
ベルンはスイスの首都。ドイツ語圏です。
 
ストラスブールと同じく、河川に囲まれているお土地柄。
 
水がエメラルドグリーンでとっても綺麗!!
 
Img_7168_3
 
ザ・スイス!と言う感じの光景ですね↓
Img_7172_2
 
Img_7175
 
通りすがりに思わず撮ってしまった Blueドッグ↑ smile
 
 
 
追記:
 
そして、この旅の後、ルガーノ授業に行ったら、
 
なんとルガーノのMUSEO D'ARTE美術館でもクレー展開催中shine
 
Img_7271
 
レッスン後にすかさず覗いて参りましたlovely
 
あ〜、シアワセheart02

2013年5月12日 (日)

スイス@美術巡り【ローザンヌ:アールブリュット】

みなさま、大変ご無沙汰しています。

あっimpact(> <)
 
っと気がつけばもう5月も中旬。
 
皆様、楽しいGWを過ごされましたでしょうか?
 
フランスも、5月は祝日ラッシュ月。
 
春休みと合わせると、4月からほぼ3週間位お休みのような夢のような状態。。
 
 
私自身はスイスでも授業があったり、本番あったりして、
 
あんまり「あぁ!今、休みだ!!!」気分全開にはならなかったのですが、
 
それでも、週末利用でスイスに出掛けて参りましたcatface
 
 
5月なのに、まだ寒かったので、
 
今回の目的はもっぱら美術館めぐりeye
 
  subway subway subway
 
 
2泊3日の電車trainの旅のルートは、
 
 ストラスブール
    ↓
    train
    ↓
  ローザンヌ(アール・ブリュット美術館
    ↓
    train
    ↓
   ベルン (パウル・クレー センター
    ↓ 
    train
    ↓
    ↓
    train
    ↓
  ストラスブール
 
  subway subway subway
 
まずはストラスブールからバーゼル経由でローザンヌへ。
 
ローザンヌはフランス語圏。
 
美しいレマン湖が見られるはず!!が、今回も雨…rain crying
 
湖自体は見られたんですけど……ちょっと残念…bearing
 
そして、オリンピックの本部があるらしく、オリンピックがらみの施設が沢山。
 
この写真↓ちょっと歪んじゃってますが、このように駅にも五輪マークがありました。
 
Img_7141
 
↑「ローザンヌ」駅ではなく、
「ローザンヌ・キャピタル・オリンピック駅」との表記でございます。
 
 
Img_7139
 
 
ちょうどカーニバルの時期だったらしく、町には屋台が出ていました↓
 
Img_7140  
 
 
さてさて、
 
目的のアール・ブリュット美術館へはバスで10分程。
 
 
こんな面白い方々が迎えてくれたので、
 
ご一緒に記念撮影cameraを♪
 
Img_7132_4
 
Img_7130_2
 
 
 
この『アール・ブリュット Art Brut』は、フランスの芸術家ジャン・デュビュッフェが提唱した芸術の形で、
 
フランス語で「生の芸術」という意味の造語、
 
英語ではアウトサイダー・アートとも言うそうです。
 
 
特別な芸術教育を受けず、技法や既成概念に捕われず、
 
作者の思うままの表現とその方法で創り出されたすんばらしい作品たちが集められてます。
 
日本人の作品も沢山展示されていて、本当に素晴らしいものでございました!!
 
私が時々感じる事を、改めて思い起こさせてくれるきっかけにもなりました。
 
技術を磨く事はもちろんとても大事だけれど、
 
それによって表現する時に行き詰まりを感じてしまうこともある…
 
自分自身で規則や技術や一般的な評価との間でがんじがらめになることって少なくないと思うので…
 
その結果、実際に「表現」として表出してきたものって、
 
どこまでが自分の「本音」なんだろう?…みたいな事なんですが。
 
 
うーん、説明が難しいな…
 
一番最初に音をならした時、フルート吹いた時って、
 
「音楽的」にはもっと自由だったんじゃないかな?と。
 
どこに基準を置くかにもよるわけですが。
 
 
モネが「目が見えなかった人が、一番最初に光を感じたときの感覚」を追求したことや
 
ピカソが「自分の宿敵は子供だ!」と言ったこととも共通すること…でしょうか。。。 
 
 tulip tulip tulip 
 
 
このアール・ブリュット、
 
日本ではワタクシの地元/滋賀県で、力を入れて取り組まれている事でも有名で、
 
近江八幡に美術館があります。
 
 
随分前から行きたいと思っているのに、
 
ワタクシ、まだ行った事が無いので、今度帰った時に行ってみたいですclover
 
Img_7136
 
 
 

2013年4月24日 (水)

昨今、惹かれる展覧会たち

この頃、日本では、とっても魅力的な展覧会がたっくさん…

 
 artゴッホ展 (京都/宮城/広島)
 
 art狩野山楽・山雪 (京都)
 
 art若冲が来てくれました (仙台/岩手/福島)
 
私が日本にいた時には会期前で、
 
私が帰る頃には全て閉会(もしくは行けない)…
 
・・・crying crying crying
 
そんなもんですよね、人生。。
 
行ってきた家族の感想からは、本当にステキな展示だったのが伺い知れて…
 
…くぅっ… 
 
分かっちゃいるけど、ほんっとうに残念… 
 
 
 
個人的に行ってみたいのは、
 
 
昨年から、各地まわってるのに、結局見られぬまま終わってしまいそうweep
 
今後の注目は、
 
 
私は、コレはパリで拝見させていただいたのですが、
 
門外不出と思われし、すばらしく大きな作品です。
 
きっとすごい人なんだろうな。
 
ちなみに、
 
 artフランシス・ベーコン展も良かったそうです。
 
 
 
ご興味ある方、是非是非足を運んでみて下さい。
 
 
Img_7122_2
 
↑今夜友人宅へ行く途中で見た、雲に囲まれて神秘的なお月様

2013年4月18日 (木)

ベルリンの壁

やっぱり見とかなきゃと、

Ostbahnhofに残されているベルリンの壁も見に行きました。
 
Img_7086_3
 
Img_7085_2
 
ベルリンの壁は、
思っていたより随分薄くて、
 
こんなもの一つで、
 
バラバラにされていた家族がいたこと、
 
喪われた命があったのかと思うと、
 
言葉にならない想いがこみ上げました…
 
 
当たり前と思ってる事が当たり前にできる事、
 
自分や、自分の大切な人達が 普通に元気で生活を送れる事って
 
なんて尊いことなんだろう。。
 
Img_7088_3
 

2013年4月17日 (水)

ベルリン

怒濤?の4日間。

無事にストラスブールに戻って参りました。

久しぶりの一人旅shoe

 

いざ出発!はよかったものの、

平日ダイヤと土日ダイヤを勘違いしていて、

飛行機に間にあわないかも!?という出発早々アタフタの旅wobblyでしたが、

なんとか無事ベルリンに到着airplane

 

演奏があると、ホテルにこもりがちなことが多いんですが、

せっかくのベルリンなので、思い切って外へ。
 

かの有名な、ブランデンブルグ門を見に行ったら、

ちょうど、新月とのステキなコラボshine
 

Img_7013

 

見えますかね?

ちっこい御月様moon3

いい事ありますようにと願掛け。

 

 fullmoon moon1 moon2 moon3 

 

Potsdamer platz近くの、

文化フォーラムの絵画館では、

たっくさんの絵画が見られます。

Img_7015

↑左のオレンジっぽい建物が、あの、ベルリンフィルの本拠地!!

 

Img_7017

絵画館入り口

 

日曜まっ昼間にも関わらず、

お客さんまばらで

絵を独り占めの優越感catface

フェルメールが二点も、人しれずたたずんでます。

Photo_4


1

 

 

気づかずに通り過ぎてしまいそうな陳列でしたが、

目が釘付けになってeye

誰の作品?!と思ったら、フェルメールだった…という…

 

やっぱすごいな〜。。

人を惹き付ける作品力shine

 

 happy02 happy02 happy02

 

他にも、

ドイツ絵画では

デューラー、レンブラント、クラナッハなど、

まとまって見られます。

 

イタリア絵画では

フィリップ・リッピ、ジョットー、ラファエロ、ボッティチェリなど。

カラバッジョの素敵な作品も見られました。

 

そのお隣、

ナショナル・ミュージアムでは、

近現代の作品。

 

絵画館よりは小ぶりな印象でしたが、

でも、今まで知らなかったドイツ人の作品と出会えたり、

何よりは

大好きなマーク・ロスコ作品と出会えたことlovely

Img_7049

 

いやぁ、いつまで見てても飽きませんね。

 

出会う度、いつも

中を覗き見たい誘惑に駆られてしまうフォンタナ作品。

こんな形の作品は初めて見ました。

Img_7046

 

そして、やっぱり今回も、

覗きたくなってしまいました。笑

 

 chick chick chick

 

なんだか最近、こんなに静かに時間を過ごした事が

しばらく無かった気がするので、

久しぶりに充電できました。

やっぱ、必要だなぁ、私にはこんな時間。。。

 

 foot foot foot

 

時間が足りなくて、

近くにある楽器博物館には行けず。

チケット、共通券だったのでちょっと残念でしたが

上記2館でお腹いっぱいdelicious

 

ちなみに翌日の月曜日は博物館系、ほぼ休館…bearing

次回また機会がある事を願って!

 

2012年9月26日 (水)

べるぎー*Belgique*Gent→Brussels

今週、家族が、弾丸旅行に来てくれたので、

ベルギーのGentにある、ファン・エイクの祭壇画を見に行ってきましたfoot


ストラスブールからベルギーは鉄道でも行けますが、

今回は時間もないし、ちょうどストラスブールからブリュッセルまでairplane直行便があったので、それを利用。

飛行時間、実質45分! airplane大阪→東京と同じくらい!?
 

ブリュッセルからGentまでは電車で1時間ほど。

Img_5822

町並みです。。

Img_5815_3


Img_5807_10

Img_5791_6


このお向かいに、ファン・エイクの祭壇画のある教会がありました。

一部修復中でしたが、メインは見られて、しかも、日本語の解説ガイドが無料で借りられました。

 
  train  train  train
 
その後、ブリュッセルへ。

ナンシーを彷彿させるような、黒と金の装飾がまぶしい"グランプラスGrand place"

Img_5834_4

Img_5833_3


華やかなショッピング街shine "ギャルリー"


Img_5849

 
お散歩中にコンセルバトワールにも出会いました。
 
Img_5872_6
 
 

展示の仕方がすごく面白かった、

マグリット美術館 Musée Rene Magritte

Img_5896_2
 

マグリットの絵には、中学生の頃だったかな?1枚のポストカードで出会いました。

暗い海に大きな鳥が飛んでいて、その鳥の中が全部青空。

空想娘には堪らない構図だったんでしょうね、

マグリットの名前も全く知らず、買ってしまったのを覚えてます。
 

そこで、1971年に日本で開催されたマグリット展のポスターが!

Img_5893


40年前なのに、こんなに綺麗なカラーポスター!
 
 
そして、

美術館を出たところからの町の眺め

Img_5898

 
今回は結局行けなかった、

マグリット美術館のすぐそばの楽器博物館

Img_5899_2
 
 


フランドル派の画家の作品が沢山ある、

ベルギー王立美術館 Musées Royaux des Beaux-Arts de Belgiqueでは

David画伯の書いた、あのフランソワ・ドゥビエンヌ氏の肖像がっ!!flair
 

あんなに難しい超絶技巧の作品をいっぱい残してくださって、、、

ご本人、すんごくフルート上手かったんだろうな。。
  
 
縁起担ぎ!?にご一緒に記念撮影camera

Img_5880_15


フルート、うまくなれますように。。


2012年9月10日 (月)

エッシァー展@佐川美術館

チラシを見つけてから、

ず〜っとず〜っと行きたかった

エッシャー展に駆け込みで行ってきました。
 
Img_5691


最終日、

なんと、まさかの3時間待ちwobbly
 

私だけだったら絶対めげてる所だけど、

せっかくおばーちゃんも一緒に来たんだし、、

と言う訳で、入場を決断。
 

最高記録に近いかもな。。待ち時間。

数年前、東京であった『モネ展』は待ったの2時間くらいだったっけな??
 

地元なのに、そして、存在は知っていたのに

今まで一度も行った事がなかった佐川美術館
 

すご〜く綺麗な建築shine

琵琶湖大橋の近くにこんな素敵な場所があったなんてっhappy02

(そして、その美術館で、まさかの3時間待ちを体験するなんてっcoldsweats02

Img_5696


Img_5689

 
この美術館、

企画展の他に、平山郁夫館、佐藤忠良館、樂吉左衛門館の3つの展示があります。

エッシャー展だけで3時間もただ並ぶよりは…と、

全ての館を鑑賞foot  foot  foot
 

平山郁夫先生と言えば、私が大学生だった頃学長を務められていらっしゃったお方。

教育実習に行った時に、手みやげにと先生の作品をほどこした扇子を実習先に持参させていただいたなぁ。。なんて思い出してみたり。

地元の滋賀にこんなに作品があったなんて知りませんでした。。
  
 
なかでも私にとって印象的だったのは、樂吉左衛門館

Img_5692
 


まず、作品の展示に行くまでにこんなに素敵な空間shine
 
Img_5670


Img_5678_2


作品の展示の仕方も、一つ一つの作品が大切にされている感じで、

なにより、空間を含んで全てが素敵でしたconfident
 
 
あんなお茶碗でお抹茶飲んだらさぞかし美味しいやろうな〜。。catface

お茶碗割らないかに気を取られすぎて、飲んだ気しないかな?
 
   

わたくし、個人的に一人の作家さんの作品をじっくり見ていくのって好きなので、

こういう展示いいな〜と思いますcatface


もちろん、エッシャー展も本当に閉館ギリギリに並んで堪能。

すんごい人だかりだったけど。

見てると頭がおかしくなってく感じ、好きです♡笑

より以前の記事一覧

フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

YouTube

  • ベルトラン:「エクトラ」より第2楽章
  • ベルトラン:「エクトラ」より第3楽章
  • 細川俊夫:垂直の歌
  • シャリーノ:歓喜の歌
  • フォーレ:シチリアーノ(シシリエンヌ)
無料ブログはココログ